グラデーションをかけて透明に(透過)する方法【Pixelmator】

上の画像のように、画像の中の一部分だけにグラデーションをかけて、徐々に消えていくような加工をする方法の解説。

「マスク」というのを使います。

元画像はこちら。

Pixelmator

この画像を、冒頭の画像のように加工する手順を解説します。

グラデーションをかけて透過する方法

1.人物だけをコピーし、切り抜く

まずは透過させたい対象部分だけを切り抜き、別レイヤーとしてコピペします。

元画像をPixelmatorで開いて、「クイック選択ツール」で人物部分を範囲選択していきます。

Pixelmator
Pixelmator

範囲選択ができた状態で、その部分を「コピー」。

Pixelmator

次にすぐそのままコピーしたものを「ペースト」。

Pixelmator

これで切り抜いた部分だけの画像が別レイヤーとして存在する状態に。

Pixelmator

▲一旦、レイヤーを非表示にしておきます。

(2.元画像をちょっと加工)

切り抜いたものを別の画像にはめ込んで使う分にはここの作業が不要ですが、今回は元画像の中で人物だけグラデーションかけて透過させてみようと思うので、ちょっと一旦Pixelmatorから離れて別のアプリを使います。

『Snapheal』というアプリを使って、人物を切り抜いた部分を自然な感じに穴埋めします。
まず選択部分を Delete して消去。
mac OS App Snapheal – Fix your photos. – MacPhun LLC

Pixelmator

その画像をpng形式で書き出して保存し、Snaphealを起動させて編集します。

Pixelmator
Pixelmator

人物部分を切り抜いた画像がSnaphealで自然な感じに仕上がりました。

Pixelmator

3.マスクを追加してグラデーションをかける

自然な感じになった人物ナシ画像を先程のPixelmatorのキャンバスに表示させ、元の画像は非表示(消してもいい)に。▼レイヤーはこんな感じ。

Pixelmator

人物部分の画像レイヤーを表示させて、そのレイヤーに「マスクを追加」します。

Pixelmator

するとこんな状態になります。

Pixelmator

そしたらツールから「グラデーションツール」を選択し、

Pixelmator

グラデーションの初期設定はどうなってたか忘れちゃいましたが、一応念のためここではグラデーションの設定のところでオーソドックスなグラデーションを選択し、

Pixelmator

マスクにグラデーションをかけます。

Pixelmator

このグラデーションをかける時の操作は何度もやり直せるので、いろいろ角度や距離など試してみてベストなグラデーションのかかり方を見つけてみてください。

おわり

以上の操作で完成したのがこちら。

Pixelmator

ちょっと途中で他のアプリなんか使って寄り道しちゃったので無駄にややこしい記事になってしまいましたが、他の画像にはめ込むような用途では Snapheal のところの手順は不要なので、マスクとグラデーションの使い方だけでも参考にしてもらえたらと思います。

mac OS App Pixelmator – Pixelmator Team
mac OS App Snapheal – Fix your photos. – MacPhun LLC

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ Pixelmator


トップへ戻る