「ブログで稼ぐ」方法とは? 種類、やり方、おすすめを全部教えちゃいます。

ネットを使って自宅で一人でできるビジネス・副業には、いろんな種類があります。ユーチューバーもその一つですし、安く仕入れてきたものをメルカリやヤフオクで売って利益を出しているような転売もそうですし、ブログやメルマガを書いてアフィリエイトなどで稼いでいるのももちろんそのうちの一つです。

本当にいろんな稼ぎ方があります。僕はもう10年近くネット絡みのあれこれで収入を得ているので、知識としてはかなり幅広く、そしてそのうちいくつかに関してはかなり深く知っていますし、自分でやっていることもあります。

で、そんな現役の僕が、身近な人に「稼ぎたいなら、やってみたら?」と勧めることがあるのは、『ブログ』です。

なぜブログがいいのかと言うと、“手堅い”からです。手堅い上に得られる収益の上限はほとんど青天井と言っても過言ではないほどの可能性もある、安定感と可能性のバランスが非常に優れている稼ぎ方だからです。

たとえばユーチューバーは、可能性の面ではずば抜けたものがあります。個人でも年収数億円が狙えるものです。でもその代わり安定感が著しく悪いです。10人が挑戦しても1人もまともに稼げないで終わる可能性が大きいほど、夢はあるけれど堅実さに欠けるのがユーチューバーです。

逆にたとえば転売などは、安定性はとても高いです。時代に合わせてフィールドさえ替えていけば50年先も100年先も稼げることは間違いない、ビジネスの原理そのものな稼ぎ方だからです。ただその代わり、地味で大変です。ガンガン収益が伸びていくような“可能性”にはかなり乏しい稼ぎ方なので、とにかく地道に根気よく数を捌いていくしかありません。

その点ブログは、「根気よく数を…」という面では似ている部分もあるのですが、ブログの場合は今の頑張りが将来にもポジティブな影響をもたらすので“複利”の効果を享受できます。ずっと前に書いた記事がその後長い期間収益をもたらし続けてくれることもあります。

そういう当たり記事がなくても、過去に書いてきた記事の蓄積が現在のブログの血となり肉となって広告収益をもたらしてくれるわけなので、時間が経てば経つほど、記事が増えれば増えるほど、1円を稼ぐための労力は少なくて済むようになります。ある程度ブログが育てば、放ったらかしでも月数万円程度は何ヶ月も何年ももたらし続けてくれます。

「ブログで稼ぐ」にも種類がある

ブログで稼ぐと一口に言っても、収入の得方にはいくつか種類があります。

ブログで稼ぐ人の収入源とは

大まかに主だった収益の得方を分けると、次の3つの収入源があります。

  1. アフィリエイト
  2. アドセンス広告
  3. 自分のオリジナル商品の販売

3番目の「自分のオリジナル商品の販売」についてはとりあえずここでは割愛します。

アフィリエイトで稼ぐとは

アフィリエイトとは、商品を紹介して、自分の紹介経由で売上が発生したら「紹介料」がもらえる仕組みです。リアルビジネスで言うところの代理店みたいな形の稼ぎ方です。ブログでアフィリエイトする人がほとんどですが、メルマガでアフィリエイトする人も大勢います(どんどん減っていますが)。

たとえばあなたが今見ているこのブログでも、一部の記事にはアフィリエイト広告を貼っています。なのでその記事(広告)経由で商品が売れれば、僕に紹介料としていくらかの報酬が入ってきます。

アフィリエイトできるものは、今では実に多種多様です。Amazon や楽天や iTunes Store にある商品(アプリや音楽も)は全てアフィリエイトできますし、化粧品や健康食品、クレジットカードや消費者金融、格安スマホや自宅の光回線の加入、その他にもネット上にある自動車買い取りの無料見積もりとか、そういうのもアフィリエイトの対象になっています(自分の記事経由でユーザーが無料見積もりをすれば、紹介料として1件1,000円〜程度の報酬がもらえる)。

アドセンス広告で稼ぐとは

もう一方のアドセンス(AdSense)とは、Googleのサービスの一つで、誰もがネット上で日常的に目にしている広告のほとんどがそれです。

たとえばYouTube動画を観ていて表示される広告もすべてアドセンス広告です。この記事の少し上の方に表示されていた広告もそうです。

アドセンス広告は、アフィリエイトの“紹介料”とは仕組みが違って、“1クリック○円”という形のクリック課金型の広告になっています。この点がアフィリエイトとの決定的な違いで、なのでアドセンスで稼ぐ場合は何か商品を紹介する必要がありません。

YouTube動画が再生回数が大事なのと同じように、ブログでもただただとにかくアクセスを集めて、そうすれば広告クリックは大体何割かの割合でする人がいるものなので、それによって収益が発生します。

紹介する商品やサービスを探したり選んだりする必要がなく、広告表示させるためのコードを書いておくだけで良いので、基本的に一度広告コードを書いてしまえば、後は広告について何か手間取られることはありません。自動でそのブログや訪問者に最適と思われる広告を表示するよう、Googleがシステムを組んでくれています。

収入源の違いによって、ブログの書き方にも違いが出る

商品を紹介するアフィリエイトと、広告がクリックされるだけで広告収入が得られるアドセンスでは、その収益の得方の違いからブログの書き方にも違いが出てきます。

アフィリエイトで稼ごうと思うのであれば、たとえば仮に化粧品を紹介して稼いでいこうと思えば、そのブログは化粧品や美容について書くブログになるでしょう。「私はこれを使っています」みたいな記事から、「今日はこれをレビューします」みたいな記事、それからこの記事みたいな総合案内的な内容の記事であったり。そういう、自分のブログ経由で化粧品が売れるように工夫しながら記事を書いていきます。

一方、アドセンスで稼ごうと思うのであれば、記事の書き方が少し違ってきます。商品のレビュー記事でもアクセスが稼げないわけではありませんが、あまり大量のアクセス数は期待できません。もし化粧品のレビュー記事を書くのであっても、超有名な、テレビCMをバンバン打ってるような一部の化粧品に限るか、相当な数のレビュー記事を長期間に渡って更新し続け、“チリも積もれば…”の考え方で収益を積み上げていくことになるでしょう。

一般的には、大量のアクセスを稼ごうと思えば、多くの人が注目している話題について記事を書きます。自分の好きなことだけを書き続けて「お小遣いがちょっと増えればいい」という人も多いですが、毎月それなりにまとまった額の収益を得ようと思えば、自分の関心事ではなく、世間の関心に合わせて記事を書いていく必要があります。(稼げるようになるまでに数年かかってもよければ、趣味を突き詰めたブログで稼げたりもします)

アフィリエイター、ブロガー、トレンドブロガー

記事の書き方別に分けると、アフィリエイト目的の記事ばかり書いていくブログはアフィリエイトブログと呼び、それを書いていく人はアフィリエイターと呼ばれたりしています。また、アドセンスでの広告収入に的を絞って、とにかくアクセスの稼げそうな話題のネタについての記事を書いていくブログはトレンドブログと言い、それを書く人のことはトレンドブロガーと呼んだりします。

そのどちらにも偏っていない、ごく一般的な普通のブログは、普通のブログであり、書いている人はブロガーと呼んだりします。一般的なブログでは、収入源としてアフィリエイトもアドセンスも両方使っているのが普通です(このブログがちょうどそのスタイル)。

トレンドブログとは何か?

アフィリエイトブログとトレンドブログと、普通のブログ。大きく分けるとこの3種類のブログの書き方がありますが、その中で僕が人にお勧めできると思うのは「トレンドブログ」です。

なぜトレンドブログなのか?については後述するので、先に「トレンドブログというのは大体こんな感じのブログ」というのをもう少し解説してみます。

“今アツい話題”について記事を書いていく

広告収入で稼ぐトレンドブログは、テレビ番組の視聴率や雑誌の販売部数などと同じように、ページが閲覧された回数 = ページビュー(PV,アクセス数)が命です。

なので、たとえばテレビ番組でも視聴率を稼げるのはバラエティ番組なのと同じように、ブログにおいても、爆発的なアクセス数の期待できる旬な、悪く言えば「どうでもいいような話題」、良く言えば「多くの人が喜んで読んでくれるような記事」を書いていきます。

具体的な例を一つ挙げれば、たとえばあなたが今テレビを観ているとして、その番組に「初めて見る可愛い子」が出演していたとします。何してる子なんだろう? いくつなんだろう? 有名な子なのかな? 写真とかもっと見てみたい……。

そう思えば、その子の名前でネット検索しますよね。…その検索の需要に応える記事を書くのが、トレンドブログです。

アクセスを稼げば、それが広告収入に直結する

上の例の場合、もしあなたが事前に出演者情報を調べてその子のことを記事に書いておき、そして他の人が誰もその子についての記事を書いていないというラッキーも重なったりしたら、どうなるか?

その子やその番組の影響力による違いは大きいものの、最低でもその記事だけで30万円から、場合によっては100万円や200万円、(ラッキーが重なれば)それ以上稼げても何ら不思議じゃありません。

下世話な芸能ネタのブログ記事一つで、時にサラリーマンの月収以上の広告収入が得られたりします。ライバル記事が多かったり、何だかんだと現実にはそう“当たり”を連発できるものではありませんが、それでもたとえば毎日更新していく中で「1記事平均5,000円、たまに出る当たり記事で10万円」ぐらいの感じで稼いでいっても、月に30万円やそれ以上の収益を得ることは容易いことです。

トレンドブログがお勧めな理由

サラリーマンの副業、主婦の小遣い稼ぎ、それからブログ初心者でブログの可能性を感じている人。そんな人には僕はトレンドブログをお勧めします。

外に働きに出ているわけでもないのに、どこかでパート・アルバイトをしているわけでもないのに、月に10万円〜のブログ収入があったりしたら、素敵じゃないですか?

ただ完全に無知な状態で見よう見まねでブログを始めてみても、9割以上の人がまともに稼ぐことができずに終わっているでしょう。恐らくそれが現実です。さすがにユーチューバーに比べたら成功可能性ははるかに高いけれど、そうはいっても無知なままでただがむしゃらに書き続けても上手くいきません。

特に、アフィリエイト市場なんかは今では小学館などの誰もが知る大企業ですら参入するほどの市場になっています。月数千円程度の小遣いなら稼げても、まとまった額を安定的に稼ぐのは初心者には無理があります。かといって普通に自分の興味関心に基いて普通のブログを書いていっても、大抵の場合は「何かブログの設定とかが間違ってるのかな?」と思うほどにさっぱりアクセスが来なかったりします。

なので、アフィリエイトブログや普通の個人ブログでまともに稼ぐのは、副業感覚ではかなり厳しいものがあります。しかしその点、トレンドブログであれば誰にでも稼げる可能性があります。

【魅力1】成果が出るのが早い

まず何よりトレンドブログの良い点は、成果が出るのが比較的早いという点にあります。

アフィリエイトでは、「初めの1年間は淡々と記事を書き続けて、そのブログの方向性が当たりだったか外れだったか(労力が報われるかどうか)は1年ぐらい経ってからでないと分からない」なんてのが普通です。稀に半年ぐらいで結果が出ることもありますが、それはラッキー要素が重なったような例でしかなく、基本的にはもっと長いスパンで事業戦略を考えていかなければなりません。

副業でやるブログで、1年間頑張り続けなきゃ“結果”が分からないなんて、どうでしょう。そんなことを継続できる人はそもそも元から副収入なんか必要としていなかったんじゃないか? と疑いたくなる話です。

その点、トレンドブログは比較的早い段階でアクセスが来るようになります。基本的に旬な話題について記事を書いていくので、同じキーワードやネタについて書かれた記事があまり多くないところを狙います。そのため検索結果画面に自分のブログ記事が表示されるようになるまでにあまり時間がかからないのです。

たとえば、Panasonicが明日突然「P-Phone」なるものをリリースしたとします。そうした時、「P-Phone」というキーワードに対する検索需要は爆発的に増えるのは分かるかと思います。ではその時、いち早く自分がその P-Phone について記事を書いていたら、どうなるか?

そんなことになれば、仮に今日始めたブログであっても今日からガンガンとアクセスが来るでしょう。普通は、そんなことは考えられません。初めのうちは自分の書いた記事のタイトルをそのままコピペして検索かけても、自分の記事が検索結果画面に出てこないぐらい、そのぐらいにGoogleの「信頼しているサイトたちへの優遇」が強いので、生まれたてのブログがいきなり検索経由でアクセスを稼げるなんてことは通常起こりません。

P-Phone ほどの“オイシい”キーワードはなかなか出てくるものじゃありません。でもそれに近い“新しいキーワード”を狙って記事を書き続けていれば、アフィリエイターが聞けば驚くような早さで結果が出てきます。

【魅力2】商品を売らなくていい、紹介しなくていい

また、トレンドブログは記事さえ書いていけばいい、というのも魅力の一つです。アフィリエイターのように「何かいいアフィリエイト案件はないかな?」「紹介できるような商品ないかな?」「ライバルたちはこの商品の紹介をどうやってやってるんだろう?」等々の、広告に関する面倒がトレンドブログの場合は一切ありません。ただ広告コードをブログの所定の場所にコピペしておけば、後はGoogle(AdSense)が最適な広告を表示するようプログラムであれこれしてくれます。

そもそも、人に紹介したくなるような素敵な商品って、そんなにあるもんじゃないと思います。「アフィリエイト目的で書かれた記事なんか信用できない」と言ってアフィリエイターを嫌悪している人も世の中には結構いますが、正直僕も自分以外のアフィリエイターやアフィリエイト記事を無暗に信じることはまずありません。

特に自分と同じアフィリエイト案件について記事を書いている他人のブログを見ていると、故意なのか無意識なのか分からないけれど「絶対に無視できないデメリット」とか、そういう部分について触れていない記事なんかもよく目にします。

でも現実問題、ユーザーが購入や契約を躊躇してしまうほどのデメリットであればそれには触れない方が、アフィリ報酬は稼げるのかもしれません。ユーザーから「お前の記事を信用して買ったのに、ふざけんな!」と苦情を言われても、そんなもの相手にする必要がありません。デメリットに触れなかったことは嘘をついたこととは違うので、何も問題なく「お問い合わせは販売元にお願いします」で終了です。

と、少し話が横にそれてしまいましたが、とにかく「広告や紹介するものについて頭を悩ませなくていい」というのはかなりのメリットです。特に限られた時間の中で新しい記事を更新していくことにできるだけ労力を割きたい人にとっては、記事を書くことだけに集中できるというのは案外ものすごい利点です。(アフィリ案件探しは結構疲れます)

【魅力3】大手や企業が参入しづらいから個人にチャンスがある

また、トレンドブログは“くだらない記事”と見られがちな記事を書いていくということもあり、大手やブロガーあがりの企業(儲けて法人成りした人)が参入して来づらい傾向にあるというのも良い点です。

そもそもが「今までに世に無かった新しいキーワード(話題や人物名など)」について記事を書いていくという点で、資本力に物を言わせてクラウドソーシングや派遣やアルバイトたちに大量の記事を書かせているような媒体とは真正面からはぶつかりません。

多少被る部分はありますが、基本的には日本全体で同時にヨーイドン!で「新しい検索需要に応えられる新しい記事」を書いていくものです。記事ネタは大部分が「常に新しい」ので、こちらは個人であることのデメリットがないのです。

逆に言えば、さすがにトレンドブログの領域を大企業が食いにくることはないでしょうし、また人を雇ったり人にトレンド記事を書いてもらうというのは難しいものがあります。発注する方は「検索需要に応えられる良質な記事」を求めますが、受注する(書く)方は「規定の文字数を書き上げるために書く」ので、どうしてもアクセスをバンバン稼げるような良い記事が出来上がってはきません。

なので、言うなればトレンドブログにおいては「個人が最強」だと思います。それも、外でアルバイトをすれば雇い主企業の提示する時給しかもらえませんが、自分で管理するブログで自分で記事を書いて自分で直接Google(AdSense)から報酬をもらうというのは、頑張れる人、努力家、マメな人、単純に“仕事ができる人”などにとっては本当に素敵な話です。

極稀に、本当に壊滅的に文章を書くのが下手な人もいます。本当に、これ自分では普通に読めるの? と不思議に思うぐらいに文章を書くことに向いていない人もいます。でもそういう人であれば、逆にたとえばプログラミングをやらせたらすごい能力を発揮したりだとか、何かしら向いているものが他にあると思うので、そういう場合はトレンドブログに固執する必要はないと思います。

ごく一般的な、普通に文章を書くことぐらいはできる大多数の人であれば、能力的な面では何も問題ないです。むしろ問題なのは、たとえば「淡々と続けることができるか?」とか、そういう部分になってくるかと思います。

【魅力4】当たり外れが少なく、誰でもコツさえ掴めば確実に稼げる

こんなに続けざまにトレンドブログの良い点を挙げていくと徐々に言ってることが胡散臭くなってきやしないかと気になりますが、…この項目を含めてあと3点だけ、こういう魅力があるんだということを列記しておきます。

当たりハズレが少なく、誰でもコツさえ掴めば確実に稼げる。こんなこと言うと言い過ぎ感あるかもしれませんが、僕の正直な気持ちとしては本当に「誰でも稼げるだろうな」と思っています。

まず旬なネタに対して記事を書きまくっていれば、それだけで多少の広告収入が入ってこないわけがありません。まともにタイトルや記事本文を書いて更新していれば。そのぐらいにトレンドブログには手堅さがあります。

ただその広告収入が500円や3,000円で終わってしまう人と、2万円、8万円、15万円、30万円と伸ばしていける人の差は、トレンド記事の書き方のコツのようなものを身に付けることができているかどうかにかかってきます。

せっかく頑張って記事を書き続けても、記事ネタの選び方やその他諸々、いくつかのポイントを外していれば、その労力は骨折り損になってしまう可能性が高いです。仮にまぐれ当たりが出せても、その当たりを継続的に出していくことはできず、終いには「トレンドブログなんて稼げない」と言ってブログから離れていくのがオチです。

コツさえ掴めば、難しいことはありません。毎記事“当てる”ことは不可能(ライバル記事がいくつもあるのが普通なので)ですが、当たりの精度を高めたり、それから後々まで長いこと微量のアクセスを集め続けてくれるような“資産”になる記事は蓄積していくことができます。

【魅力5】アクセスの稼げているブログは資産になる

アクセスの稼げるブログやドメインは、紛れもなく「資産」でしょう。一般人がある日突然ブログ記事を書きたくなってアメブロに記事をアップしたって、そこからは1円も収益が生まれません。しかしアクセスの流れが既にある程度できているブログに同じ記事をアップすれば、その記事はいくらかの収益をもたらしてくれます。

誰の目にも触れることのできないブログには資産価値はありませんが、毎日数千〜数万、数十万とアクセスがあるブログというのは、そこを土台にして今日も明日も半年後も一年後もお金を生み出すことができます。

素敵ですよね。早くブログ始めたくなってきました? 笑

確かに、どこかにパート・アルバイトに出るよりは、ブログというのはアクセスが稼げるようになるまで“時給”は散々です。でも一旦ある程度アクセスの流れができてしまえば、パート・アルバイトに働きに出るなんて“蓄積”や“複利”による利益のない「なんてもったいない働き方なんだろう…」という気になってきます。

ずっと“使い捨て”の労力を投じ続けるなんてもったいないです。別にブログでなくてもいいから、何かしら「今日の労力が今日限りの使い捨てになってしまわない働き方」に自分の労力を投じた方がいいと思います。そういうことをしている人だけが、時間の経過や経験の蓄積によってどんどん豊かになっていけるのですから。

【魅力6】トレンドブログを通して学んだことは、他のあらゆることに活きてくる

トレンドブログをお勧めする理由の最後は、精神的な面の話です。人間性の話です。

トレンドブログというのは、ちょっと知っている人からすれば「くだらない芸能ネタの記事を書くブログでしょ」という感じかもしれません。明らかに、ブロガーの中でもどこか下に見られている部分があります。あまり稼げる事実を知られていなかった頃のユーチューバーと同じ感じかもしれません。生み出すコンテンツは周囲から「何の役にも立たないくだらないもの」という評価をされているかと思います。

でもどうでしょう。現実には、世間には少なくない規模の需要が、“くだらないもの”にあります。

“立派な記事”は、それはそれで立派です。でも、その記事を仮に収益目的で書いているのであれば、それを書いている人はずいぶんと独り善がりな人です。誰にも読まれない記事を書いて「芸能ネタの記事なんてくだらねえ」って、そんなことを言って生きていけるのは学者か宗教家ぐらいのものではないでしょうか。

市場経済の中で生きている我々一般人は、需要を無視することはできません。というか需要のないものを生み出すことこそが無駄であり、人によっては娯楽とも言うでしょう。その点、トレンドブログというのは徹底的に需要家目線で物事を見ます。ネタ探しも、記事内容の構成も、何もかもが想定される需要に基づいて考えられています。

これは、普通に勤め人としてしか働いたことのない人にとっては、感覚的に馴染むまでに少し時間がかかります。というか半年ぐらい経っても「つい先日までの自分はまだ全然需要家目線に立ててなかったな」と気付かされることがあります。1年経っても、また新たな発見があったりします。

なのでたとえば、大企業が出す「売れなそうな新商品」とか、すごく目利きができるようになります。「売れる」ものについては競合他社のライバル商品などを調べてみないと何とも言えないので難しいですが、ああこれはまず売れないだろうなというものは商品概要を聞けば判断できるようになってきます。こういう感性が本業の方で活きる人なんかはトレンドブログで鍛えてみるのは大いに価値があると思います。

またそういう“徹底した需要家目線”は、普段の人間関係にも学びを与えてくれます。たとえば、この人は何でこんなことを言うんだろう? とか、あの人の気を引きたいけどどうしたらいいだろうか? とか、そういう部分でもトレンドブログで培われた“眼”が活きてきます。

アクセスの稼げなかった昔の記事とかを見返してみると、そんなつもりは一切なかったのに「なんて自分は独り善がりな人間だったんだろう」と驚かされます。人間関係において気を使いすぎて疲れてしまうタイプの僕ですらそうです。トレンドブログで稼ぐことを諦めたような人たちなんかはもっとそうなんじゃないでしょうか。

「相手の求めているもの」を察知する力が養われるので、恋愛(異性との付き合い)も上手くなるし、キャバクラでも行けば喜ばれるぐらいのおしゃべり上手になれたりもします。この辺はさすがに個人差があると思いますが…笑、それでもそうやって“徹底した需要家目線”で鍛えられていくと、相手からの需要を想像しながらも、でも気疲れするようなことにはなりません。よく分からないものに振り回されるのとは違いますから。

記事ネタを探して、記事を書き、その記事がどんな結果をもたらすか。その一連のサイクルがとても早いのがトレンドブログの良いところの一つで、であるからこそ「学びのサイクルも圧倒的に早い」ので、人間性や人間的魅力の向上というオマケも付いてきます。

トレンドブログの始め方や具体的な記事の書き方

さて、トレンドブログの魅力についてそこそこの文量を書いてきてしまったので、そろそろ記事を分割した方が良い気がしてきました。

ということで、肝心の「トレンドブログの始め方」や「記事の書き方」については別記事で更新し次第以下にページへのリンクを張っていくようにします。

ブログの始め方について

ブログの構築の仕方、サーバーやらドメインやらの取得などについての技術的な話は、記事を更新し次第ここに記事リンクを掲載します。

初心者からしたら“サーバー”とか“ドメイン”なんて単語が出てくるだけで「難しそう…」と思ってしまうかもしれませんが、今はとても簡単になっているので安心してください。

ちなみにブログを運営していくのにかかる諸費用は、月額換算すると月1,080円とかそのレベルです。実際には年単位での契約になりますが、この程度の出費を惜しんで動き出さない、新しいものに手を出さない、というのは……まあ人それぞれの考え方があるからアレですが、あまりよろしくない判断なんじゃないかなという気が個人的にはします。

トレンドブログの記事の書き方

ブログの構築が完成したら、次は記事の書き方についての勉強です。ここを疎かにしているとせっかく投じた労力があまり価値を生んでくれないので、僕も丁寧に解説記事を書いていきます。また書いたらここに記事へのリンクを張るので読んでみてください。

まとめ

結構ボリュームのある記事になってしまいましたが、ブログで稼ぐということ、それからトレンドブログの魅力について、少しでも言わんとすることが伝わっていれば幸いです。

今後新しい記事で、トレンドブログの上手くいく方法論についてガンガン書いていくつもりです。これからブログを始めてみようかと思っている人も、過去に挑戦して挫折した経験がある人も、目からウロコが落ちるであろう話なんかも全部書いていこうと思うので、楽しみにしていてください。


以上です、
ではまた

トップへ戻る