トレンドブログは検索エンジン対策ブログ! Googleからの信頼を勝ち取れるかどうかが全て。

トレンドブログは大量のアクセス数を稼ぐことが命題です。

で、通常、大量のアクセスを稼ごうと思えば検索エンジン対策を頑張ることになります。SNSなどでのバズを狙うのもいいけれども、バズを狙って生み出すのはすごく難しいし、検索エンジン対策以上に不確定要素が多くて大変です。

日常的な大量アクセスの源泉は、やはりどうしても検索エンジンになります。そしてその検索エンジン市場はGoogleに握られています。なのでGoogleが検索アルゴリズムについてどう考えているかを想像することは必要不可欠なことになります。

Googleを意識して記事を書く

よく、検索エンジン対策に力を注ぐことは悪いことかのように語られたりします。邪な考え方のように捉えられていたりします。

でもどうでしょう。現実には、結局のところ“勝ったものが正義”です。

どんなに読者にとって役に立つ記事を書いていったって、それで稼げなければ話になりません。そして「私は稼げてますよ」という人は、必ずGoogle対策、検索エンジン対策をしています。どんなに口では理想的なことを語っていたとしても。

タイトルにはタイトルタグを使い、見出しには見出しタグを使い、記事を公開したらGoogleに記事URLを送信し、……。ちゃんと読者以外のことも考えて運営しています。

なので、初心者がよく知らないうちから「役に立つ記事さえ書いていれば結果は後からついてくる」みたいなことを言う人の話を鵜呑みにしてはいけません。「このぐらいは当たり前のこと」と思っているその前提がまったく違うので。

ブログの在り方そのものも多少はGoogleの好みを意識する

ブログの在り方そのものについても同じです。

たとえば読者からしてみたらブログ主とコンタクトを取りたければ普通はコメント欄に何か書き込みます。なのでコンタクトフォーム(メールフォーム等)は読者のことを考えていたら不要だという答えが出ます。

でも、Googleはどう考えているか? を考えれば、少し話が違ってきます。無駄に思えるコンタクトフォームも用意した方がいいでしょう。ユーザーがサイト運営者と連絡を取るための手段を用意していることは、ほんのわずかとはいえ加点材料になる可能性があります。

更新頻度についてもそうです。ユーザーからしたら正直、どうでもいい情報の記事を大量に更新されても、本当に良い情報の記事が埋もれるだけで邪魔くさい、という面があります。

しかしGoogleがどう考えているかの視点に立てば、たまにしか更新しない“濃い記事”だけの更新では足りません。実際、たまにしか更新しないブログで十分なアクセス数を稼ぐことはかなり難しいでしょう。また仮にそれが実現できたようなブログであれば、そのブログは同時に日々どうでもいい記事も更新していった方が、より多くのアクセスを稼げるようになるはずです。

本当に有益な記事だけが簡潔にまとまっているブログの方が、実際のところユーザーにとっては親切です。でもだからといって本当にそんなブログやサイトを作ったら、検索エンジンに評価されずにアクセスは稼げません。

まとめ

自分がユーザーだったらどんなブログが嬉しいか? を考えるのは大事なことですが、初めからその視点で考えるとなかなか現実世界のルール(Googleの考え方や今現在のアルゴリズム)との折り合いが難しくなってしまいます。

逆に、自分がGoogleだったらどんなブログが信頼できるか? の視点に立って、その中で浮かんでくる「ユーザーの満足」という指標を検討してみるのが良いです。

ピュアにユーザー満足だけを考えてしまうと、綺麗事を言う不純なやつらに騙されるような格好になってしまいます。「不純な心で綺麗事を見る」か、もしくは「純粋な心で現実を見る」か。そのどちらかにしないと検索流入を増やすための対策として適切な施策は見えてきません。

トップへ戻る