Windowsキーボードをmacで使うための「かな⇄英数」切替の設定方法

パソコンはMacでも、キーボードはWindows用のものを使っている人も多いと思います。僕も数ヶ月前からWindows向けのMicrosoftのキーボードを使うようになって、これがめちゃんこ入力しやすくてもうMacオリジナルのキーボードには戻れないなと確信しているところです。

ただ少しだけネックなのは、WindowsとMacではキーの役割が一部で違う点。プログラミングする人であれば頻繁に ⌘(Command)Option を使うだろうからキーそのものの配置の違いも気になるのかもしれませんが、僕の場合はそんなにショートカットキーを頻繁に使うわけでもないので「WindowsキーボードとMacキーボードの対応表」みたいなのを覚えてしまえば、むしろ新しいキーボードの配列に慣れてしまった方が楽ちんです。

なのでMacでWindowsキーボードを使う際にどうしてもカスタマイズしておきたいのはただ一点だけ。『かな入力と英数入力の切り替え』をするためのキーです。具体的には下の図のように、WindowsキーボードでもMacのキーボードと同じように中央 スペース の両隣のキーで「英数入力」や「かな入力」に切り替えられる設定だけはしておきたいものです。


ということで、他のプログラマーさんたちの書いた記事ではあれこれいくつものキーの役割を置き換えたりして一般ユーザーにとっては逆に使いづらいカスタマイズになりがちなので、一般ユーザーにとって最も使いやすい(覚えやすい)最低限のキーの置き換えだけをする方法を解説しようと思います。

WindowsキーボードでMacのかな・英数入力切り替えをスムーズに

Mac の OS が最新の Sierra であることを前提に。Sierra以前のバージョンの時には『Karabiner』というフリーソフトが使えたのですが、Sierraになってからはそれは使えなくなってしまいました。そのため今は暫定的なバージョンとして『Karabiner-Elements』というのが配布されています。のでこれを使います。別に怪しいソフトではないので大丈夫です。

『Karabiner-Elements』はこちらのリンク先のページからダウンロードできます。
リンク GitHub – tekezo/Karabiner-Elements: The next generation Karabiner for macOS Sierra

開いた先のページは一見何が書かれているのかよく分からない感じかと思いますが、少しスクロールしてページ中ほどの下図のところをクリックするとダウンロードできます。

ダウンロードできたらそれをクリックしてファイルを開きます。すると次のようなファイルが展開されるので、右のやつをクリックします(インストーラーを起動させる)。

インストールが完了すると、Macに次の2つのアプリアイコンが追加されます。

Karabiner-Elements での設定

アプリで「KEY」と書かれた方のアイコンをクリックして Karabiner-Elements を起動させ、設定を行います。

▲まず上のタブで「Debices」を選択して今接続されているキーボードがちゃんと選択された状態になっているか確認しておきます。

次にタブ「Simple Modifications」を選択して、キーの設定をしていきます。

▲この画像をそのまま真似ればこの記事でやりたかった状態になります。

おわり

他の人の説明記事ではこのキーの設定を5つとかそれ以上、多い人はいろいろ置き換えていますが、正直一般ユーザーにとってはあまり大量の置き換えは逆に使いづらいだけだと思うので、これだけに絞った方が覚えることが少なくて良いんじゃないかなと思います。

もし _(アンダーバー)が打てない!とか が入力できない!ということがある場合、それはここで設定するんじゃなく、キーボードの識別を何度か繰り返せば恐らく正常に認識して入力できるようになると思います。僕の場合そうだったので。…絶対とは言えませんが。。。

MacでWindowsキーボードを使っていると「@」や「_(アンダーバー)」が入力できない? そんな時は識別を繰り返してみよう


以上です、
ではまた

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ Mac関係


トップへ戻る