記事ネタのメモは自分のGmailに送っておくと便利。メール自動振り分け設定の方法

ふとした瞬間に思い付いたブログの記事ネタは、スマホから自分のGmail宛てにメールを送ることでメモしておくのが便利でおすすめです。

その際、普通に受信ボックスにメールを置いておくとどんどん未読の記事ネタメールばかり溜まっていってしまい邪魔くさくなるので、専用フォルダ(ラベル)を作成して、記事ネタメールはそこに自動振り分けされるように設定しておくと使い勝手が良いです。

自動振り分けしておけば、Gmailの普段使いの際には何も意識することなくいられます。まったく邪魔にならないです。

記事ネタメールを自動振り分け設定する方法

記事ネタをメモしたメールをスマホから自分のGmailに送るには、そのまま普通に送ってしまうと普通に未読記事の一覧に記事ネタメールも表示されてしまい邪魔になるので、Gmailでラベルを付けるための何らかのルールを決めます。

Gmailのこういう機能を使ったことがない人は何を言ってるのかいまいち分かりづらいかもしれませんが、その場合は以下に紹介する僕の方法をそのまま真似てもらったらいいと思います。

メール振り分けのルールは「記事タイトル」で設定するのがおすすめ

Gmailで受信メールを自動振り分けするには、何らかのルールを決めます。このルールのことを「フィルタ」と呼びます。

振り分けするフィルタの種類には、主に次のものがあります。

  1. 「From」……送り主のアドレス
  2. 「件名」……メールの件名
  3. 「含む」……メールの件名に特定の文字列が含まれている場合
  4. 「含まない」……メールの件名に特定の文字列が含まれていない場合

これらの中からどれか1つの要件を指定してフィルタリングしてもいいし、複数組み合わせてフィルタリングすることもできます。

で、僕は前は「From」で自動振り分けをしていたんですが、記事ネタメールのフィルタに「From」の指定は向かないということに気付いたので、今は「件名」でフィルタリングするようにしています。(とっさに思い付いたネタを普段と違うアドレスから送ってしまうことが多かった)

記事ネタメールは件名を「記事ネタ」にする

Gmailでの設定方法は簡単で、箇条書きにすると次の手順になります。

  • まず1つ件名「記事ネタ」のメールを送っておく
  • 受信したメールを開いて、「その他」というメールを操作する項目から「メールの自動振り分け設定」を選択
  • 示される手順通りにフィルタ設定をすれば完了

おわり

記事ネタって、ネタを思い付いた瞬間は「これいいかも!」って思っても、後になって見返してみたら微妙だったりすることも多いです。

でも、微妙だと思ったからって本当にそのネタをボツにしてしまって良いのかどうか…。迷うこともあります。そんな時でもこのネタ保存方法だと、特に困りません。そのメールを削除してしまわなければいいだけなので。

この辺が他のネタ保存方法だとなかなか上手くやれないところだったりもします(微妙なネタばかり溜まっていって視認性が悪くなる)が、Gmailに残しておけば、たとえば既読のメールは「過去に書こうか検討したけど微妙と判断してまだ書いていないネタ」だと分かったりと、使い勝手が良いです。

書いたネタのメールは削除してしまえばいいだけなので、手書きメモやToDoリストやメモ帳アプリなどと比べて総合的にとても便利です。


以上です、
ではまた

トップへ戻る