トレンド記事をサクサク書き上げるコツは“作業化”。楽で早い、苦痛の少ない記事の書き方

トレンドブログは「記事を書くのが苦痛」という人が多いです。自分の関心のある対象について記事を書くなら比較的ラクなものですが、本音ではまったく関心のない芸能ネタについて記事を書くとなると、やっぱり苦痛に感じられてしまうものです。

そんな場合は、記事書きをできるだけ作業的にすること、が効果的です。自分の興味関心や情熱を原動力とするのではなく、収益に対するモチベーションを単純作業に落とし込む、ようなイメージです。

記事書きを作業化する

記事を書こうとしているキーワード(人物名など)に対しての自分の中から湧き上がってくる興味関心のエネルギーを頼りに記事を書こうと思うと、検索需要に応える記事を書くのは難しくなってきてしまいます。

もちろん徹底的に自分の関心のあるものについて記事を書きまくればそれはそれで時間とともに多少はアクセスを稼げるブログにはなっていくでしょう。でもそんなでは爆発的なアクセス数は期待できないだろうし、となればトレンドブログとしてはショボいブログ、弱いブログと言えます。

強い、すごいトレンドブログは、徹底的に世間の検索需要に応える記事を書きまくっていきます。書き手自身の興味関心なんてものはそこに介在させません。だから記事数やブログ運営期間に関係なく、圧倒的なPVを稼ぐことができるのです。

でも誰にとっても、興味ない話題についてブログ記事を書くというのはなかなかの苦痛なことなのも確かです。

なのでその場合は、トレンド記事を書く行為をできるだけ作業化して、喩えるならパズルをするかのように黙々と余計なことを考えずにやっていける状態に近づけるのが良いです。

記事書きをパズル化させる

記事書きをパズルのようにする。そのために、具体的にはこうします。

  • 初めに記事タイトルと見出しを全て決めてしまう
  • だらだら書き続けないようにタイマーで時間を区切る

これをするだけで記事を書くのは大分ラクになります。

初めにタイトルと見出しを決めてしまう

多くの人が、記事ネタとしてのキーワードに対して、「ネット上にどんな情報が転がっているか?」を探してから記事を書いています。でもそれをすると、記事を書くことが苦痛になってきてしまいます。

なぜなら、情報があればあったで、「今さら自分が記事を書いてもアクセスは期待できなそう」という気がしてきますし、情報が無ければ無かったで「このキーワードも情報なしか。もうネタを探すのも疲れたな…」となってしまいがちだからです。

ではどうしたらいいか。それは、初めに記事タイトルも見出しも全部決めてしまって、それから情報を探し、情報があればサクッとまとめて、無ければ無いで自分の「思うこと」「考えたこと」を書いていけばいいのです。

それで十分、トレンド記事としてはコンテンツになります。

時間を区切ることの重要性

また、記事を書く時はストップウォッチを使って時間を計測して記録を残したり、またはタイマーをセットして1記事書くのに時間をかけ過ぎないようにした方がいいです。

1記事書くのに時間がかかり過ぎる人ほど、ブログを継続できない傾向にあります。肩に力が入りすぎていると、その記事が空振りだったり、そんなことが何度か続くと、それだけでブログに対する気持ちを維持することが難しくなってしまうからです。

わざと手を抜くのも一つの手

1記事書くのに時間がかかり過ぎる人は、意識的に、あえて少し手を抜いて記事を書くことをしてみるのもアリです。

僕も元々1記事に時間をかけ過ぎてしまうタイプだったのですが、あえて手を抜くことを試しにしてみたところ効果を実感できたので、時間がかかり過ぎて困っている人や疲れてしまう人は試してみてください。

おわり

タイマーは、Webアプリでこういうのがあります。

リンク タイマー Webアプリ

ちなみに僕の場合はトレンド記事を書き上げる目安は「通常30分」「最大で1時間」ぐらいを考えています。でもなかなか難しいというか、なんだかんだ言って30分以内に1記事書き上げるのは至難の業だったりもするのが現実です。

この辺の時間のかかり方については記事の書き方(内容の濃さとか)の違いによっても基準が違ってくるので一概には言えない部分ですが、ただあまりに平均的に時間がかかり過ぎているようだとブログそのものが続かなくなっちゃう危険性が高まるのでその辺だけは気をつけたいものです。

あまりに濃い記事ばかりで記事を書くのが疲れてしまうようなら、内容を分割して2記事にするとか、そういう工夫もアリです。


以上です、
ではまた

トップへ戻る