バイトするならトレンドブログ! トレンドブログはネット時代のアルバイト

トレンドブログって、この「ネット社会」と言われる時代におけるアルバイトのような稼ぎ方だなあと思います。

特別なスキルも何も必要なく、ただ与えられた「やるべきこと」をやりさえすればそれなりの対価をもらえる。

違うのは、最低限の保証があるか無いかの違いぐらい。でもこの保証ってのは、真面目に頑張れる人にとっては「いくら頑張っても見合った対価をもらえない」ことの原因にしかならないので、そう考えると、バイトであろうと働く以上はちゃんと働くようなまともな人にとっては、雇用されるバイトよりはるかに良いバイトと言えます。

できるだけサボって最低賃金レベルの時給を稼ぎたい人には向かないけど、頑張るからその分いっぱい稼がせてほしいという人は、外に出てバイトするより自宅でトレンドブログを書いた方がいいです。

少なくとも、確実に稼げる

「バイトは必ず給料をもらえるけど、トレンドブログは絶対に稼げるとは言えないよね?」

普通は、そんな風に考えると思います。

でもどうでしょう。そもそも、ネット上にこれだけ無数の個人ブログがあるのに、それでもまだ「稼げるかなんて分からない」と思い続けることは妥当な考え方なのでしょうか?

僕は稼げることが分かっているから言うけれど、そうでなくても、稼げることを実感したことがなくても、現実を見れば稼げるのであろうことは状況証拠的に明らかなことではないでしょうか。

まさかみんな、小遣い稼ぎにもならないブログ更新作業を「誰かの役に立つのが嬉しい」とか、そんなボランティア精神だけでやっているとか、そんなことは普通に考えてあり得ないことなのは大人なら誰だって分かるはずです。

まるで「何を検索しても誰かが情報を書いててくれている」かのような今の状況は、それ相応の対価が得られるから成立しているものです。

そもそも、大企業に勤めている高給取りな人が書くブログとか、滅多に見ません。そりゃそうです。家に帰ってブログを書くより、会社で残業でもした方が稼げるんですから。

もし世の中のブログが、聖職者や高給取りな人たちによってほとんど書かれているなら「この人たちはボランティア精神でブログを書いてくれてるんだろう」と考えるのも分かりますが、実際にはそんな状況ではありません。

ほとんどの人が、小遣い〜もっと大きな収入というニンジンが目の前にぶら下がっているからこそ、面倒くさくても仕事から帰って眠い目をこすりながらブログを更新しているんです。

稼げない人がいるのも事実

確実に稼げるとは言っても、それはあくまで「稼げるような書き方をしていれば」の話です。

コンビニバイトでも、小遣いが欲しいからと急に近所のコンビニに行って勝手にレジ打ちしたり店内清掃したりしても、バイト代はもらえません。所定の手続きをして雇用契約を結んでから指定された時間に指示された業務をこなして、それではじめてバイト代がもらえます。

それと同じようなもので、ブログだって、稼げるからといって無知なままネット上に駄文を書き散らしても、そんな駄文で広告収入を得ることはほぼ不可能です。

レジの操作を覚えるのと同等程度の、最低限の覚えるべきことはあるし、店長の言うことを聞かなきゃバイトが務まらないのと同じ程度の、このぐらいは守らないと広告収入は発生しないという「常識」程度の守るべき事柄があります。

稼げるブログの書き方を人から教わるのは、店長から働き方を教わるようなものです。レジ操作の方法、床やトイレの掃除の仕方、商品の陳列方法や品出しの手順…。

そのぐらいのことは高校生のアルバイトだって初めに習うものです。バイト先が違えばもっと複雑で多岐にわたることを覚えなきゃ始まりません。

高校生の小遣い稼ぎでもそんなです。ましてや世間相手にWeb上で小遣いを稼ごうと思ったら、そりゃ多少なりとも覚えることはあるし、身につけなきゃならないコツのようなものだってあります。クリックしてるだけでお金が稼げたりだとか、つまらない日記を書いてるだけで広告収入が入ってくるだとか、そんなうまい話はありませんし、そんなことを期待するような甘い考え方をしていてはネット上の変な話に騙されるだけです。

トレンドブログのスキルは「Web上でバイトするスキル」

いくらバイトとはいえ、誰も何も教えてくれなかったらコンビニのレジだって打てないし、マックのハンバーガーだって作れません。

どんなバイトであれ、初めは誰か先輩にやり方を教わる必要があるものです。見よう見まねでできないこともないけれど、そんなことしていたら戦力になるまでに何倍もの無駄な時間がかかってしまいます。

そして一度教わって覚えてしまえば、コンビニバイトなら大体全国どこの店舗に行ってもおおよそのことは分かります。一度スタバでの働き方を教われば、都合があって他店舗に移っても大体の勝手は分かります。

トレンドブログも同じです。

初めから見よう見まねで稼げるブログを書いていこうと思ったら、教わるのに比べて何倍もの勉強時間が必要になってきます。誰かに教わるだけでその勉強時間はぐっと短く効率的にすることができます。

そして一度トレンドブログの書き方を覚えてしまえば、トレンドブログの"稼ぎ場"はWeb上ですから、そのスキルは普通のバイトのチェーン店や系列店の店舗数なんかとは比べ物にならない汎用性があります。「どの店舗に行っても働ける」なんてスキルとは次元が違います。

ネットに繋がるパソコンさえあれば、いつでもどこでも働けます。こんな、いかにもネット時代らしい稼ぎ方ができる時代に、わざわざ決まった時間に決まった場所で人間関係にストレスを感じながらバイトするなんて、あまりに不毛です。

ダウンタウンの松っちゃんのCMをもじって言えば、

『バイトするならトレンドブログ』

です。

人の目を気にしなくていいのもかなりの利点

最後に、トレンドブログというある種のバイトは、普通のバイトと違って人に会わなくて済むのが利点の一つとして大きいと思います。

さすがにいい大人が「もうちょっとだけ小遣い増やしたいから」と言って仕事帰りにどこかでバイトをするなんて、普通できないと思います。体力的にもキツいのはもちろん、そもそも恥ずかしくて無理だという人がほとんどだと。

その点、自宅で一人で黙々と作業すればいいだけのトレンドブログは、稼ぐこと以外の余計なことに一切煩わせられないで済みます。何も余計なことを気にしたり心配したりする必要がないし、どれだけがっついていようと、逆に手を抜いていようと、それもその結果は自分に跳ね返ってくるだけで、自分以外の誰かの目を気にすることがありません。

なんて素晴らしいんでしょう。…と思います。普通、どんなバイトだって「もっと稼ぎたいからシフトを増やしてくれ」といっても、それには限界があります。雇用側にも雇用側としての都合があります。

でもネット上には、どんなに書いても書ききれないだけの話題が次から次へと出てきますし、自分もその一人として無制限に書いていけます。


「副業」と言うとちょっと大げさに聞こえる面があるけれど、バイト感覚で何かしたいのであればトレンドブログは最適です。

トップへ戻る