【出品】メルカリで値下げせずに即決してもらう(グレーな)テクニック。値下げ交渉されたらチャンス!

「○○○円にお値下げできませんか?」

メルカリで出品していると、コメントから値下げ交渉を受けることが頻繁にあります。というか値下げしませんとでも書いておかない限りほぼ100%ぐらいの勢いで値下げ交渉されます。

かといって、それを見越して高めに値段設定していると、そもそも多くの人に注目してもらうことが難しくなってしまう可能性があります。できるだけ多くの見込み客さんに自分の出品したものを見てもらうことも重要だし、でもちょっと値下げ交渉に応じられる余裕を持っておくといざ売る時にサクッと売れるだろうし。

値付けっていうのは難しいものです。

…ですが、

最近一つ、値下げ交渉された時にその値下げ交渉に応じることなく元値のままサクッと購入してもらうコツのようなものを発見しました。

微妙にグレーな方法ではあるんですが、状況次第では効果的です。実際に(私の個人的な経験の範囲内での話ですが)成功しています。

値下げ要求してきた人にそのままの値段で買ってもらう方法

値下げ要求のコメントを残してくる人というのは、その商品が気になっています。その「気になっている」のレベルがどの程度かは未知数なので何とも言えない部分ですが、もし「けっこう気になっている」ようなら、その人の欲しい(買いたい)という“欲”を逆手に取ることで、値下げせずに即決してもらうことができます。

欲のある人をコントロールするのは簡単

具体的にどうするかといえば、「○○円に値下げしてもらえませんか?」とコメントが来たら、そのコメントに対して値下げには応じられない旨のコメントを返しつつ、直後にその自分の商品に対して自分で「イイね」をつけます。

するとその値下げ交渉してきた人はどうなるか?

もちろんすべての場合で同じ反応をするわけじゃないのは当然ですが、何割かの本当に欲しいと思っている人はこうなります。

「やばい、いいねが付いた!オレ以外にも買おうか迷ってる人がいる」
「これ買っておかないと次これと同じぐらいで買えるチャンスなんていつ来るか分からないな」
「できればもうちょっと安く買いたいけど、いいや、欲しいから買っちゃえ!」

学生は友人に協力してもらうとさらに効果的

これ、もし協力してくれる友人とかいたら、なおさら効果的にやれると思います。ゼロだったイイねがいきなり3や4に増えていたら値下げ交渉コメントをした人は絶対に焦りますから。

逆に言えば、それだけイイねが付いていかにもすぐ誰かに買われてしまいそうなのに、それでもまだ買わないのだとしたら、そもそも買う気が薄いか、または本当に値引きしてもらえないと買えない事情があるのか。

いずれにしても、それでも買わないような人なら相手にする必要もないと判断していいでしょう。

高額商品では難しい

そもそもの値段が高いものの場合、効果は限定的なものになると思います。

高価なものの場合、買う気がほとんどないのに「試しに…」と値下げ交渉してみる人も多く、またイイねの数だけ貯まってなかなか実際には誰も買わないという状況もよくありがちです。

おわり

自分がこういう手を使われたら困るというか自分でもやっぱり普通に焦ってしまうんだろうなと思います。「うわ、買っとかないと買われちゃう」って、本当に欲しいものならそう思うのが自然なことなので。

でも、メルカリみたいに値引き交渉が常態化してしまっているサービス上では、無駄に安売りするよりこういう自己防衛手段のオプションも持っていた方がいいともまた思います。

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ メルカリ


トップへ戻る