メルカリの『ゆうゆうメルカリ便』はコンビニ発送すると配達が遅いので注意。通常なら翌日配達→4,5日かかってしまう

ゆうゆうメルカリ便

メルカリで売れた商品の送り方の一つに『ゆうゆうメルカリ便』という、日本郵便で送る選択肢が今月から加わりました。

私はメルカリで小物をたくさん出品しているので、特に『A4サイズ・厚さ3cmまで』なら全国一律175円で送れるのが嬉しくて、頻繁にこの『ゆうゆうメルカリ便』での発送を利用しています。

で、このゆうゆうメルカリ便ではローソンからの発送もできるので、近所にローソンがある私はローソンからの発送を何度かしました。

ところが、どうやらこの「ローソンでの発送」だと、配達までにかなり通常よりも長い時間がかかってしまうようです。今のところ5回か6回『ゆうゆうメルカリ便でローソン発送』をしましたが、概ね配達までに4日か5日はかかっている印象です。

「ゆうゆう・らくらくメルカリ便」それぞれの配達日数の違い

ゆうゆうメルカリ便もらくらくメルカリ便も、配送業者はそれぞれ日本郵便とヤマト運輸で、その両者の荷物の配達速度にはさほど明確な違いがありません。

でも、ゆうゆうメルカリ便で「ローソンから発送」すると、翌日には届いていいはずの距離でも配達までに4日程度はかかってしまうようです。

長野から東京は通常「翌日午後」に届くけど…

今は輸送システムが進化しているのか、長野県から東京都内に送った荷物でも翌日には届くのが普通です。これは日本郵便でもヤマト運輸でもそうです。

でもローソンから発送してしまうとその時だけ明らかに配達に時間がかかるので、恐らくコンビニ各店舗を回る集荷がとても時間かかるんでしょうね。

届くのが遅いだけで「低評価」をつけられる可能性が十分あるので注意

配達が遅い発送方法を選んでしまうことのデメリットは、意外と大きいです。

たとえばメルカリを使っていれば、荷物が届いて取引が終わったらそこでお互いのことを「評価」しますが、この評価で低評価をつけられてしまう可能性もあります。配達が遅いだけで。

発送通知がウソなんじゃないかと疑われる

実際に他の人のレビュー欄で何度か目にしたことがありますが、配達が遅かっただけでこんなコメントの低評価を受けてしまうことがあります。

「1日で届くはずの距離なのにすぐに届かなかった」
「発送通知は早かったけど、届くのは遅かった。発送する前に発送通知していたんですか?」

普通にネットショッピングしていれば、Amazonにしろ楽天にしろ、業者がコンビニから発送することなんてまず無いです。だから『発送されたらすぐ届く』のが当たり前になっていて、コンビニ発送による数日の誤差がとても長く感じられてしまうようです。

まだ発送してないのにウソの発送通知を出してるのかも、なんて疑われるのは気分良くないし、そもそもまともに取引しているのに低評価を付けられるのもいい迷惑です。

配達が遅いだけで購入者の満足度は下がる

また、配達が遅いというだけで商品購入者の満足度はかなり大きく下がってしまいます。これも配達が遅いことのデメリットとして大きいです。

買い物というのは大抵、買ったその瞬間が一番気持ちが盛り上がっていて、そこから時間とともに徐々に気持ちが盛り下がっていきます。

購入者は支払いが済んだ瞬間から、「早く届かないかな♪」「まだかな、まだかな」と、ワクワクしているものです。それが翌日に届かなくて、翌々日になっても届かなくて、…なんてことになれば、そのワクワク感はどんどん冷めていってしまいます。

別に出品者はそんな購入者のワクワク感にまで責任を持つ必要はないですが、でもワクワク感や満足度が下がればそれは

・低評価を付けられやすくなる
・リピーターになってもらえる可能性が下がる

などの出品者側のデメリットもあります。

複数出品していると混乱の元になる

また、メルカリでいくつも出品していて同時進行でいろんな取引をしていると、配達に4日もかかるのは非常にうざったく感じられてきます。その意味でも配達が遅いことにはデメリットがあります。

どの商品は発送済みで、どの商品は今配送中で、どの商品は受取りレビュー待ちなのか。別にしっかり管理していないと何か問題があるというわけでもないんですが、単純に、混乱してきます。

だからどうした? と思う人もいるかもしれませんが、混乱はミスを生む元です。Aで感じている混乱によって、関係ないはずのBで単純ミスをしてしまう、なんてこともあるのが人間ってものです。できるだけ常に単純明快に分かりやすい状態にしておきたいものです。

とにかく『コンビニ発送』はできるだけ止めよう

以上のことから、とにかく荷物のコンビニ発送は可能な限り避けたほうがいいと思います。

『らくらくメルカリ便』でも『ゆうゆうメルカリ便』でも、郵便局かヤマト運輸の配送拠点のどちらか近い方を使えばいいけれど、一番近くて便利だからとコンビニから発送するのだけはなるべく止めた方がいいと思います。

小物を送る場合は『ゆうゆうメルカリ便』が安い

私の場合、出品している物の多くが「A4サイズ、厚さ3cm以下」で済む小物で、この場合だと『ゆうゆうメルカリ便』を使えば全国一律175円で送れるので助かっています。

でもその場合、必ず次のどちらかをするように今はしています。

・大型トラックが出入りする大きな郵便局に持ち込む
・配達に5日ぐらいかかると商品説明欄に明記する

大きな郵便局に持ち込むことが面倒じゃない場合、それがベストだと思うのでそうしています。でもそれが面倒な場合、「コンビニ発送するので配達に5日ほど時間がかかります」と明記するようにしています。

恐らく、配達に時間がかかることを明記してしまうと売れ行きが悪くなります。実際、個人的な感覚では、これを書くようにしてから売れるペースが落ちた(同じ商品の出品)ように感じられています。

それでも、不満を感じられて低評価レビューをされるぐらいなら、多少売れづらくなる方がまだマシかなと思っています。実はこれまでに1件「低評価」を付けられてしまったので、それがウザくてそれだけは避けたいという気持ちが強いです。

おわり

なにはともあれ、とにかく一番良いのは「大きい郵便局(ゆうゆうメルカリ便)」や「ヤマト運輸(らくらくメルカリ便)」に持ち込むことです。

ヤマト運輸なんか私の環境では近所の小さな配送拠点に持ち込むだけで長野→東京が24時間経たずに届きますので、こちらとしても気持ちいいし、買った側もきっと届くのが早くて喜んでいると思います。

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ メルカリ


トップへ戻る