【メルカリ・カウル】本はどう送るのが一番安い? 基本的には『ゆうゆうメルカリ便』のゆうパケットがベスト

メルカリや、姉妹アプリのカウルで本(書籍)を出品する時、発送方法は何が良いのか?

あれこれ比較してみて、最終的に

  • 基本、『ゆうゆうメルカリ便』(ゆうパケット)
  • 厚い本は『らくらくメルカリ便』で「宅急便コンパクト」を利用

という結論に至りました。

以下、具体的に違いや制限について情報を整理しておきます。

本はほとんどの場合『ゆうゆうメルカリ便』でいい

『ゆうゆうメルカリ便』では、サイズがA4までで厚さ3cm以内、重さ1kg以内なら日本郵便の「ゆうパケット」というサービスが使えます。

これはメルカリ経由だと全国一律175円(税込)で送ることができるので、小物を送るのには重宝します。『らくらくメルカリ便』には無い、日本郵便ならではのサービスです。

で、普通によく出回っている本のほとんどはこの「厚さ3cm以内」に収まるので、そういう本であれば『ゆうゆうメルカリ便』で発送すれば最安値で送ることができます。

梱包は最小限に。プチプチは使わず、封筒で。

ただこの「厚さ3cm」というのは、本をプチプチで包んで梱包してしまうと、結構厳しい厚みになります。

たとえば下の画像。本そのものの厚みは 2.3cmぐらいの“ちょっと厚めの本”といった感じですが、

この本をプチプチで包んでしまうと、

厚みは、手で押してギリギリ 3cmに収まるか、どうか、ぐらいになってしまいます。

これだと郵便局でも受付の人次第で捉え方が変わってしまうかもしれません。結構怪しい感じです。

なので本の発送は私の場合、以下のように「封筒に入れて包むだけ」にするようにします。

普通の本のサイズなら使う封筒は「角形3号」。コンビニでも大抵は売ってるサイズです。

本を入れて、余った部分をなるべく綺麗に折り畳んで、ガムテープできっちりとめる。

見た目は微妙ですが、封筒の折り方やテープを少し可愛い感じのものにすれば、そんなに酷い印象にはならないと思います。私は面倒なのでいつもガムテープですが笑

こんなでも十分綺麗な状態のまま送れるので、たとえばAmazonで中古の本を買うと業者でもこの梱包で送ってくることがあります。

厚さ3cmを超える分厚い本を送る場合は『らくらくメルカリ便』

ゆうパケット(ゆうゆうメルカリ便)で送れない分厚い本の場合は、ヤマト運輸の「宅急便コンパクト」を使います。これは『らくらくメルカリ便』になります。

こういう分厚い本。

普通に先ほどの薄い本と同じように封筒に入れて郵便局やヤマト運輸に持ち込んでしまと、「60サイズの荷物」として扱われ送料が600円かかってしまいます。

なので事前にヤマト運輸の集配所(や、取扱いのある一部コンビニ)で宅急便コンパクト用の箱を買って(税込65円)、それに入れてこちらは『らくらくメルカリ便』で発送します。

上の画像が宅急便コンパクト用の箱です。これと、もっとずっと薄い箱と2種類があります。薄い方は特に使う機会がないので間違えないように大きい方の箱を購入しましょう。

これに先ほどの分厚い本を入れるとこんな感じになります。

結構隙間が空いてしまうので、適当に新聞紙など詰めておいた方がいいです。なるべくなら、本そのものをプチプチか封筒で包んで、その上でこの箱に入れて、隙間を何かで埋めて、…ぐらいした方が安心です。(封筒で包まないと、擦れて汚れてしまう可能性ありそうです)

宅急便コンパクトはメルカリと提携している『らくらくメルカリ便』の場合送料が全国一律380円です。箱の65円と合わせてこちらだと合計445円かかります。

送料分の経費とメルカリの手数料1割を考えると、分厚い本は最低でも500円を超えないと利益が出てこない計算になります。

おわり

服とかの柔らかいものと違って、本って固いし傷もつきやすいし、何気に扱いづらいです。

あまりに安売りしなきゃ売れない本の場合、素直にブックオフにでも持ち込んで無料ででも引き取ってもらった方が楽だったりするかもしれませんね。

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ メルカリ


トップへ戻る