AirPodsを半年使って気付いた、買って満足できる人、できない人。その違いについて

AirPodsを発売当初に速攻で買って、それからずっと使い続けています。平日はほぼ毎日使っています。

…実はこの“平日は”というのがミソで、AirPodsを買って満足できる人と、逆に買っても使い勝手が悪く感じて無駄になってしまう人の違いは、イヤホンの使い方・使う場面の違いにありそうです。

私自身、このAirPodsの発売に興奮して喜んで予約購入したものの、購入直後は「うわ、音量調整がSiriなの超うぜぇ…」「外す度に音楽止まるとかなにこれうぜぇ」って感じでかなりガッカリして、使用頻度が低くこれは買ったのはミスだったかと思ったりもしていました。

しかし、こと私の場合、自宅仕事ということもあってその後AirPodsの良さが利点として段々際立つようになってきて、今となっては平日はほぼ毎日ヘビーに使うほどになりました。

そんなヘビーユーザーな私ですが、身近な友人知人にこのAirPodsを勧めることはほぼありません。何かイヤホンが欲しいと相談されても普通に他のものを勧めています。

なぜかというとそれは、大抵の人のイヤホンの使い方を考えるとAirPodsの欠点が目立ちすぎて利点が小さすぎるからです。

具体的には、一言で言うと
『AirPodsは自宅でイヤホンを使う人だけにオススメ』
です。

それ以外の、普通外で使うことがほとんどだと思いますが、そういう一般的なイヤホンの使い方の場合はAirPodsは不便さが際立ってしまいオススメできません。

AirPodsは自宅でイヤホンを使う人だけにオススメ

私は自宅で普段、仕事や勉強に集中するために結構な長い時間イヤホンを使っています。

下の記事で紹介した瞑想用アプリの音をずーっと流して、自宅にいて聞こえてくる邪魔な環境音をできるだけ排除するようにしています。

勉強や仕事の集中力を高めるために「瞑想用のスマホアプリ」を活用。これオススメです。
仕事や勉強は集中力が大事。 特に勉強なんか、どれだけ集中できているか次第で同じ1時間の勉強もその意味が全然違ってきます。というかもう、...

こんな使い方をする人間にとっては、AirPodsはピッタリです。着けていることを忘れるぐらいの軽い装着感とコードレス仕様が、高いイヤホン買っただけあったなと満足させてくれています。

でもじゃあそんな満足しているAirPodsを、私は外に持ち出すかと聞かれれば、答えはノーです。なぜなら、外ではあまりに不便だからです。

AirPodsをおすすめできないイヤホンの使い方

AirPodsは外で使う分にはかなり不便です。コードの途中に付いたボリュームボタンで音量調整する便利さに慣れている人なら、AirPodsはなんて不便なものなんだろうと驚くと思います。

元々私は「音声認識」というのがもてはやされているのがアホらしく感じて仕方ないのですが、音量調整をSiriで操作するAirPodsを使い始めてその考えは確信に変わりました。

音声認識は不便。

とにかく不便です。ボタンをちょっと押せば一瞬で事足りる音量変更も、音声認識だとまず「音声を認識できる状態」にするために操作して、わざわざ決まった言葉を発して、しかも音量を2段階、3段階と上げたり下げたりしながら調節するとなったら何度もその面倒な動作を繰り返して。

1つ音量を上げるだけでも不便だし、ましてや一気に大きくボリュームを上げたり、ちょうどいい音量を探して調整したり、なんてことをしようと思ったらめちゃくちゃ面倒でとてもやる気になりません。

ふとした瞬間、すぐに操作できない

たとえば外でイヤホンを使っていると、ちょっと音量を下げて周りの音がよく聞こえるようにしておきたい場面、なんてのもちょいちょいあると思います。

そんな時、AirPodsではいちいちスマホ本体のボリュームボタンを押す必要があります。現実的にはSiriなんか起動してられないので。

つまり、コードの途中にあるボタンで操作できる従来のイヤホンに比べて、スマホを取り出さなきゃならない分だけAirPodsの方が不便なんです。

音声認識を使う場面はまず無い

というかそもそも、イヤホンの操作を声を出して行うことが平気な場面って、一体いつあるんでしょうか?

自宅以外で、一人でぼそぼそ音声で指示を出していて、ヤバい人にならない場面なんてそうないと思います。車の運転中も、音声で指示を出すのは危険です。実際のところ、手探りで物理ボタンを押すのよりはるかに注意が散漫になります。

音声認識機能なんて、まず使いません。というか使える場面があまりに限られているし、そんな場面ではそもそも音声で操作するよりスマホのボタンで操作した方が圧倒的に早くて便利です。

自宅で使う分には、欠点より利点が上回る

唯一、自宅で使う時だけ、AirPodsの良さが光ります。

音量調整は手元のスマホでやればいい。曲送りとかもスマホでやった方がはるかに便利。となると自宅で使用している時ならスマホはいつもその辺にあるのでそんなに苦になりません。

駅で歩いている時にポケットやバッグからスマホを出すこととかと比べて、自宅で机の上やソファーの端っこに置いてあるスマホをいじるのはそんなに煩わしい動作にはなりません。

そんなデメリットがさしたるデメリットにならない上に、AirPodsのメリットであるコードが無いという仕様は、かなりのメリットになります。自宅で使っていると本当にイヤホンをしていることを忘れそうになったりします。

トイレぐらいなら着けたまま行ってもBluetooth通信が途切れることもありません。…家の広さにもよるだろうけど。

私の場合、Huluで映画を観る時もAirPodsで音声を聞いたりしていますが、音質自体は定評があるイヤホンですし、そういう使い方をしている時は本当にAirPodsを買って良かったと実感しています。

ただ人に勧めるかどうかという話になると、どうしてもBluetoothイヤホンがいいなら他に半額以下で選択肢はあるわけだし、ましてや外で使うのがメインだとなればiPhone純正のコード付きイヤホンの方が圧倒的に使い勝手がいいと断言できます。

おわり

結構ディスってる感じの書き方になってしまったかもしれませんが、言いたいのはただ「イヤホンを使う場面が外出中に多いなら、コード付きの方が良いと思うよ」というだけです。また「もし無線であることに魅力を感じるなら、もっと安いのあるからその中から良さそうなの選んだら?」と。

「イヤホン一つに1万円」と「2万円」で、あまり差を感じないようなら、Apple純正の音質の良さを考えてAirPodsも良いと思います。というか値段が高く感じないなら素直にAirPodsにしておいた方がいいかも。同じ無線なら。

そんな感じです。
これから買おうかどうしようか迷っている人に何か参考になれば。

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ iPhone, スマホ関連


トップへ戻る