日焼け目的で高校野球観戦。日の当たる席はサウナみたいだから服選びに注意

高校野球の地方大会、私は去年初めて行って、今年も行って来たんですが、地元の学校や母校の応援をしながら野球観戦できて、しかも日焼けもできるし、いいイベントだなあと感じています。

普通にしていると海に行くまで真っ白なままなので、日焼けできる機会があることが嬉しいです。

ただ、今年も野球観戦&日焼け目的に高校野球の地方大会を地元の球場に観に行ったのですが、これは失敗だったなあということがあったので、これから初めて高校野球の地方大会を観に行ってみようかと考えている人はちょっと参考にしてみてください。

まず高校野球の地方大会を観に行ったことがない人向けに基本的な情報と、現場の雰囲気的な部分の話し。それから私と同じように半分日焼け目的な人が注意すべきポイントを、まとめてみたのでどうぞ。

観戦チケットの料金やシステム、雰囲気について

私は地元の一つの野球場にしか行ったことがないので、球場の違いによる変化とか、それから全国的に有名な野球強豪校の観戦となると少し勝手が違う部分があるかもしれません。一応以下、長野県の地方大会を何度か観戦している一個人の個人的な経験にもとづいていることをご理解のうえ、参考にしてください。

地方大会の観戦チケット料金

観戦チケットは大人500円でした。子どもは別料金でしたが、いくらか忘れてしまいました。半額ぐらいだったかな。

球場に着くと、まるで出入り自由かのような開放的な感じになっているので初めチケット要らないのかと思ったのですが、私の行った球場は入り口から10メートルぐらい横のところにチケット販売窓口があり、それに気付いたのでそこでチケット購入しました。チケット販売は恐らく女子高生です。可愛らしかったです。

1塁側と3塁側の区別は恐らくない

あとになって考えたので初め何も気にしていなかったのですが、恐らく1塁側スタンドとか3塁側スタンドとかの区別はないと思います。

観客のたくさん入る強豪校の試合だとまた違ってきたりするのでしょうか。その辺は分からないので一応チケット購入窓口に書かれている文字はサッと目を通したいですね。

座席は自由。ただし一部は学生専用になっています

座席は自由ですが、試合している学校の生徒たちが応援する専用の席が1階席の少し奥の方(外野方向)にあるので、そこの手前までの範囲内でどこか座れる場所を探します。

ちなみに座席は内野席のみが基本だと思います。地方大会では。よほどの観客動員がある試合でないと外野は開放しないんだと思います。(球場によっては外野で観れるところもあるかもしれないですが)

野球部が強い学校とそうでない学校では観客数が50倍ぐらい違う

私は今までまだ、強い学校の試合といっても、県内では強い方という程度の学校の試合しか観たことがありません。が、それでも、野球部が強くない学校の試合の時と比べたら観客数には目測で50倍から100倍ぐらいの違いがあるように見えました。

弱い学校の試合の時は、1階席にしか座れず、それでも「全員が日陰になる席に座り切れる」ぐらいの人数しか観客がいませんでした。しかし県内では強い方の学校の応援の時は、同じ球場で2階席も開放されており、しかもその2階席も結構な人数の観客で埋まっていました。

とはいえ2階席が開放されている分、座席には余裕があって、たとえば隣と一席開けて座ったりしていられるので、観客数が多い試合の方が快適と言えば快適かもしれません。この辺は完全に球場の規模や日程なども絡んでいろいろ変化してくるところなので一概には言えないと思います。

日陰の席がいい人は早めに確保する必要あり

普通の晴れの日なら、球場の1階席の3分の2は日に当たります。なので日陰の席は1階席の3分の1ぐらいです。しかもある程度のスペースは学生専用になっているので、実質的に日陰席はそんなに多くありません。

で、基本的に日陰席から先に埋まっていくので、どうしても日陰席がいいという人は少し早めに行って席を確保した方が安心です。特に強い学校の試合なら日陰席はすぐ埋まってしまいます。

一人客も結構多い印象

一人で観に来ている観客も結構多そうな印象です。特に地元のおじさんなんかは一人の人が多いです。

プロの試合に比べたら開放されている観客席のスペースが狭いので、座るところの選択肢は狭まりますが、一人で行ってもあまり余計なことを気にすることなくいられると思います。

食べ物・飲み物の売店について

球場によっても違うのかもしれませんが、私が行く球場では入り口のところに1箇所だけ、売店が出ています。飲み物と簡単な食べ物が売られています。でも買ってる人はかなり少ない印象です。

恐らく、飲食物の持ち込みは問題ないはず。私は持ち込んでいますが、特に気になったことはありませんし、もちろん持ち込み禁止などの文字を目にしたことはありません。


以上が地方大会のシステム面、雰囲気的な面についてです。以下、「日焼けもしたい」という考えでふらっと観戦に行く人向けの情報になります。

高校野球の地方大会は日焼けするのにちょうどいい

高校野球の地方大会って、時期的にも、日焼けするのにちょうどいいです。そろそろ白い肌のままだとちょっと恥ずかしいな、なんて感じる頃、をちょっと過ぎた頃(笑)、に地方大会が始まるので、私は半分日焼け目的で観戦に行きます。同じように日焼けしようとしてる若者〜中年男性はスタンドでちらほら目につきます。

ただ、この記事を書いているまさに今日、いつものように日焼け目的で観戦しに行ったら、「これは失敗だったなあ」ということがあったので、その点について紹介します。

Tシャツは汗が目立たない素材のものを着ていくべし!

今回「失敗したな」と感じたのは、着ていったTシャツについてでした。普通に普段着ているグレーの綿100%のTシャツを着ていってしまったのですが、汗で背中一面がびっしょりになってしまい、恥ずかしい思いをしました。

日なたの席は、言うなれば『日差しがあるサウナ』みたいな状態になります。30分も経てば汗はずっとダラダラ流れ出ているような状態になります。

みんながそんな状態なら別に恥ずかしくもないんですが、客数の少ない試合の場合は9割以上の観客が日陰席にいて、ごく一部の日焼けしたい観客だけがポツリポツリと日なた席にいる、みたいな状態になります。そんな中で汗でびっしょり濡れたTシャツ姿は目立つので、恥ずかしいです。

なので半分日焼け目的の観戦の場合、汗の目立たない素材のTシャツとか、そういうのを着ていくのが良いです。女の子も、スカートのお尻の部分が汗で濡れていないか気にしている子がいました。

男女ともに、そして上下ともに、汗の目立たない素材や色の服を選んで着ていった方がいいです。

日焼けする人が持っていくといい物

日焼け目的での観戦の場合、厚手のタオルも持っていた方がいいです。観戦中に汗ダラダラなのは良くても、帰る時とか、トイレ行く時とか、サウナから出てきたみたいなダラダラの状態のまま歩いているのは見た目に変なので、タオルがあった方がいいです。

それから、やっぱり飲み物もあった方がいいと思います。私の場合は日焼けのお供としてビタミンCを摂取するためにオレンジジュースを持って行きます。

と、日差しが眩しく感じるタイプの人はサングラスもあった方がいいと思います。眩しい人にとっては日なた席での観戦は結構眩しいので、目を保護するという意味でも持っていった方がいいです。

逆に持っていかない方がいいもの

逆に、半分日焼け目的で観戦に行く場合、これは持っていかない方がいいと思うものがあります。それは『腕時計』です。

なんせ汗かきますから、日焼けしますから、腕時計は汗で気持ち悪く感じるし蒸れるし邪魔くさいです。

まとめ

野球って、のんびり観ていられていいですよね。サッカーもよく観に行くけど、観戦するだけなら野球の方が好きです。あの観戦している時の雰囲気が好きです。

しかも高校野球の場合は応援に女子高生たちの可愛らしい声や姿があるから、なおさらいいです(笑)

熱中症には気をつけつつ、日焼けしつつ、これからも高校野球を楽しませてもらおうと思います。

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ 生活その他


トップへ戻る