フィリピンの麻薬汚染、想像以上だった…。市長が警察と銃撃戦、娘の副市長は麻薬組織トップと交友関係

フィリピンの麻薬汚染は想像以上だったようです…。

家宅捜索中に銃撃戦、比で市長ら死亡…薬物疑い

 比警察は30日、違法薬物取引に関わった疑いで、同国南部ミンダナオ島オザミス市のレイナルド・パロヒノグ市長宅などを捜索した。

 その際、市長の警備担当者が発砲して警官隊と銃撃戦となり、市長とその妻など少なくとも15人が死亡した。現場からは、約1キロの覚醒剤などのほか、多数の武器が見つかったという。

 ドゥテルテ大統領は、「麻薬戦争」を看板政策に掲げている。副市長である市長の娘は同国最大級の麻薬組織トップと交友があり、市長一家は違法薬物取引に関わるリストに載せられていた。娘の副市長は30日、捜索に伴って逮捕された。

警察側の死者が報道に出てきていないのが気になりますね。市長や妻が死亡したとなればそれなりに建物の内部での銃撃戦だっただろうに、警察側に人的被害はなく済むなんてことあるんでしょうか?

もしかして、銃撃戦になったという体にして報道しているだけで、実は少し違ったりして? 警察側は散々証拠を集めて悪事が間違いないことを確信した上で、危険だから端から撃ち殺すつもりで乗り込んだとか?

ここまでぶっ飛んだ話になると何が真実かちょっと推測すら難しい…。

リアル『ゴッドファーザー』の世界だった

怖いわ

………………

フィリピンすごい国だった

………………

警備担当者ってのもマフィアなんじゃないのか

………………

市長一家が薬物取引か・・・

………………

市長が売人と言うか、売人が市長に成ったのかな?

………………

悪徳市長と銃撃戦とか西部劇かよ

………………

映画みたいだな

………………

フィリピン腐りきってたのか

………………

これだものドゥテルテの支持率70%も納得だわ

………………

もう現実が映画こえてるなw

………………

そらドゥテルテ断固支持ですわwwwwwwwwww

………………

ドテルテさんは周主席とも仲良いからな。
あと10年は持つだろ

………………

処刑だのなんだのというパンチの効いた言葉に乗せられてドゥテルテを批判してたバカども
少しは考えなおせよ

………………

さすが福岡市、川崎市の姉妹都市だな

………………

まじでゴットファーザーの世界だな

ドゥテルテ大統領のあまりに過激に見える麻薬取り締まり政策、日本では「さすがにやり過ぎでは」といった見方もされていました。でもこんなニュース聞けば、そんな甘っちょろいこと言ってられない状況なのが分かりますね。

市長の娘が麻薬組織トップと交友関係にあるとか、30年ぐらい前の映画じゃなきゃ採用されないぐらいズブズブな設定ですね。もし息子がいたら息子は麻薬組織の幹部にでもなっていたんでしょうか笑

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ 話題


トップへ戻る