ウサイン・ボルト、サッカー転向ならドルトムントでプレー。客観的にはプレミアリーグが合っていると思うが…

陸上競技を引退する可能性があるウサイン・ボルト。
2020年の東京オリンピック時でもまだ30歳のため、レースを続けるか辞めるかまだ迷っているようですが、ボルトの代理人はフットボール選手への転向も十分に可能性があると語っているとのこと。

“世界最速の男”ボルトに12クラブがオファー…フットボーラー転向の可能性を代理人が示唆

“世界最速の男”ウサイン・ボルトが、フットボール選手に転向する可能性があることが分かった。

100mと200mの世界新記録を保持し、オリンピックで合計8個の金メダルを獲得した30歳のボルトは、ロンドンで行われる世界陸上を最後に陸上選手としてのキャリアに終止符を打つことを表明。以前からフットボールの大ファンであることを公言していた同選手は、プロフットボーラーとして新たなキャリアをスタートさせる可能性があるようだ。

ボルトの代理人を務めるリッキー・シムス氏は、『デイリースター』で「ウサインは30歳で2020年のオリンピックに向けてレースを続ける可能性はあるが、成し遂げられることは全て成し遂げてしまった。彼には数えきれないほどのチャンスがあり、次のチャプターに進む準備をしている」と陸上界から引退することは決定的だと語った。

続けて「彼はいつもフットボールの話をして、チャンスがあればフットボーラーとしてプレーしたいと言っていた。実際に12のクラブからトライアルに関するオファーが届いている。名前を挙げるつもりはないが、彼は一先ずドルトムントに行く。プーマのCEOがボルシア・ドルトムントの理事を務めていて、彼は我々の友人だ。そこで彼らと一緒に練習するかもしれない」と実際にオファーを受け取ったと言及。

さらに、同氏は「30歳のスプリンターがブンデスリーガやプレミアリーグでプレーできるかって? 現実的には難しいだろう。でも半年から9カ月、彼らとともにトレーニングを積めば、リーグ1やリーグ2でならプレーできると思っている。でも彼がどのぐらい本気で考えているのか私にはわからない。しかしどのような形であれ、フットボールをプレーする彼の姿が見られるかもしれない」とフットボーラーに転向する可能性を示唆している。

よりによってドルトムントというのは、微妙じゃないでしょうか。そういう巧みさが求められるチームよりも、プロレスサッカーと揶揄されるイングランドのプレミアリーグでどこか所属先を探したほうが活躍の可能性はありそうに思えるんですが。

なにせボルトは身長195cmの体重94kgという恵まれた体をしていますから、喩えるなら日本代表の岡崎慎司選手みたいな立ち位置で、しかも身長高くて空中戦も強い、となれば普通に戦力になりそうに思えます。

やるならサイドバックだな

この話題に対する世間の声を拾い集めてみました。

スプリント能力はずば抜けてるから、キックアンドダッシュを未だにやってるプレミアの中堅層なら活躍出来そう。
………………
富山に来てほしい
………………
ドリブルが上手かったr誰も追いつけないでこれ
………………
2回スプリントしたら足つりそう
………………
背が高いからヘディングもいけるか
………………
弱点はスタミナだから使い方はむつかしそう
………………
オランダ代表の足がものすごく早い人とマンツーマンして欲しい
………………
ジョーダンのメジャー挑戦みたいな感じだろ
一つの事を極めた人間は他でもそれなりにやれるさ
………………
ボルト香川オバメヤンの前線ワロタ
………………
めっちゃすごいパサーとかになったら笑えるんだが
………………
やるならサイドバックだな
………………
90分動けんのかよ
………………
転職先候補一覧
サッカー
ボクシング
テレビ番組逃走中のハンター
シルク・ドゥ・ソレイユ食い逃げ
アメフト

子供の頃に遊びで毎日のようにサッカーやってたなら、ボールさばきに関しては上手い人は全然上手いので、恐らくボルトもそういうタイプなんだろうから大丈夫でしょう。野球のバッティングと違ってサッカーはいろんな要素があって上手い下手の差が出るスポーツで、トップ選手の中にもリフティングができない選手とかいますしね。

サイドバックで裏を駆け上がっていく姿とか、見てみたいですねー。迫力あるんだろうなあ、巨体だし。ドルトで香川・オーバメヤンと並んでいる姿も見てみたいですね。

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ 話題


トップへ戻る