北九州でヒアリ200匹を確認 全て働きアリだというが、そもそも女王アリは罠にかからないのでは?

北九州港でヒアリ200匹 女王アリ、卵なし

 北九州市は2日、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」約200匹を北九州港で確認したと発表した。全て働きアリで死んでいた。女王アリや卵は発見されず、繁殖の可能性は低いという。環境省によると、これまでにヒアリが見つかったのは11都府県で19例とされる。

 港内のコンテナ集積場所で9月15日にヒアリ7匹を確認したため、市と環境省で周辺に仕掛けたわな10個全てで計約200匹を捕らえた。市では発見場所の周囲を改めて点検するとともに、わなや殺虫用の餌を設置した。

 今回の確認は9月15日の18例目に数えられる。

アリなんて小さい昆虫が200匹も確認されたとなれば、確認された以上に多くの個体がその辺を彷徨いていても不思議じゃなさそうなんですけど、どうなんでしょう。

今回のニュースでは「女王アリや卵は発見されず」ということで「繁殖の可能性は低い」としていますが、そもそも本当にそんな推測ができるものなのかちょっと疑問を感じてしまいます。

というのもヒアリを捕らえるための方法は「仕掛けたわな」です。女王アリって、自分で餌を探しに行ったりしないですよね。ならその仕掛けで捕らえることができるのはそもそも初めから働きアリのみなんじゃないでしょうか?

今年に入ってからのヒアリのニュース量の増加具合いを見ていると、逆になぜ今まで騒がれるようなことがなかったのか不思議です。南米からなんてもうとっくの昔からコーヒーとかいろんなもの輸入してて貿易が盛んだろうに。

あと、コンテナに引っ付いて入ってきてしまうということは、トラックはそのコンテナにキャビン(運転席)を連結させて日本全国に陸送するんだから、もう港町以外のどこかの地域でヒアリが生息していたっておかしくなさそうでもあります。

女王アリがどういう生態をしているのか全然知らないので繁殖にまで至るようなことになるのか分かりませんが、もし何かの間違いでたとえばヒアリの卵がどこかに引っ付いていたりしたら危険そうです。

今後なにか、有効で効率の良い手立ては見つかるでしょうか。

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ 話題


トップへ戻る