【大根サラダ】シンプルだけど飽きない美味しさ

大根サラダ

大根をちゃちゃっと千切りにするだけで美味しく食べられる大根サラダの作り方。味付けのバリエーションを2パターン紹介します。

夕食のおかずの一品に、また晩酌のお供に。

  • 大根(輪切りで5,6cmぐらい)
  • ドレッシング(和風ごましょうゆがベスト)
  • 塩(大さじ一杯程度)

ベースとしてまず上記が全て必須で、そのうえで味付けに次の2パターンのどちらかを気分で選びます。

  1. かつお節(大根を平たく盛り付けた時に全体にまぶせる量)
  2. マヨネーズ(500円玉の円×厚み1cmぐらいの量)

普通は(少し多めの)かつお節を使うものだと思いますが、今回たまたまかつお節の存在を忘れて「何かこれ足りなくね?」ってことでマヨネーズを混ぜてみたところこれがめちゃ美味くて。ということで大根サラダの味わいのレパートリーが偶然1つ増えました。

作り方の手順

シンプルなので手順もシンプル。

  1. まず大根の皮を剥いて
  2. 自分の好みのサイズに千切りにします
  3. 切った大根をボールに入れて塩で揉みます(1分かそこらで大丈夫)
  4. 大根についた塩を水で流します(ザルにでも移して流水ぶしゃー)
  5. ボールの塩気を洗い流し、水を溜め、そこに大根を入れて水に浸します(1分かそこらで十分)
  6. 再度ザルに移して、しっかり水気を切り、皿に盛り付けます

で、かつお節を使う場合はこの時、皿に少し広げて盛り付けておきます。

  1. かつお節を大根の上全体にまぶします(少し多めなぐらいがちょうどいい)
  2. かつお節の上からドレッシングを、これも少し多めかな?ぐらいにかけます(かつお節の上からかけることで風味が広がっていい感じになる)
  3. これで混ぜつつ食べればOK

マヨネーズの場合は

  1. 大根に直接ドレッシングをかけます
  2. マヨネーズも適当に上からかけて、全体を混ぜます
  3. OK

メモ

記事冒頭の写真は何だかマヨネーズの位置がお上品ですが、あれはかつお節の存在を忘れて「試しにマヨネーズを…」と思っての試みだったからです。普通に上からかけて問題ないです。かつお節もマヨネーズも両方使っても良いかもしれません。

大根の千切りは、皮むき器でガッガッとスライス状にしてから包丁で細かくしていけばいくらか時短になります。でも味わいとしては全部包丁で切るぐらいの厚みというか“棒”感があった方が美味しいような気もします。

トップへ戻る