FXDDのMT4は急な動きに弱いのかも。XMのMT4と比べ、急変動時のチャートの動きが鈍いor止まることもしばしば

2週間ぐらい前に『MT4をXMのからFXDDのに変更!』という主旨の記事を更新しました。

しかし使っているうちにどうも、FXDDのMT4はサーバーが弱いのか? 詳しいことは分かりませんがチャートのデータ、価格推移のデータに所々微妙な部分があることに気づきました。

わずかな誤差ぐらい「まあいいか」と思えるんですが、一度は「直近の高値がXMとFXDDで違う」というテクニカル分析する上では由々しき問題も発見してしまい、これはちょっと気をつけないといけないなと思わされました。

(結論を先に言うと、結局チャートは従来使っていたXMのMT4に戻しました。)

FXDDのチャートでは瞬発的な動きは“無かったこと”になってしまう

問題の箇所のチャートをスクリーンショットした画像を見てもらうのが話が早いかと思うので、下図を見比べてください。ちょっと矢印の位置が今見るとおかしくて一瞬では分かりづらいかもしれませんが、下に伸びてるヒゲがある方がWindowsマシンで動かしているXMのMT4チャート、下ヒゲがカットされてしまっているチャートがMacで動かしているFXDDのMT4チャートです。

XMのMT4
FXDDのMT4

下ヒゲが伸びているのと伸びていないのとでは、チャートの流れの雰囲気に違いが感じられないでしょうか?

上のチャートでは、一気に上昇した動きの後に一度ガッと下に戻して、でもそれは一瞬のことでまたすぐ半分ぐらい上げていって、でもやっぱりそのまま上げては行けずに結局じわじわ下げてきて。

下のチャートだとそれが、一気に上昇した後、特に混乱もなく、すぐに着々と下げ戻してきました、という感じです。

一度ガッと下げた時にそのタイミングを狙って大量の買い注文が入っているからこそまたすぐに上げているわけです。この動きを確認できれば、そんな“第2波”もあったのにそれでもすぐに下げてきた流れから「よほど下げ圧力が強いんだろう」ということが想定できます。

1度挑戦してダメだったのと2度挑戦してダメだったのとでは「上値」の意味が少し違ってきます。

直近高値が違っていたことも

スクリーンショットを撮っていなかったので(いつだか忘れたので)画像で示すことはできないのですが、一度チャートをデスクトップでもノートPCでも同じドル円を表示していた時に「おいおい、直近の高値がXMとFXDDで違うじゃねーかw」という事態にも遭遇しました。

ファンダメンタルズ分析を主軸に置いていればあまり影響はないのかも分かりませんが、大抵のテクニカル分析派にとってはこういうズレは痛いですよね。

もちろん世界中にそういう、自分の見ているチャートとは少し違ったチャートを見ている人たちが常に少なくない割合でいるわけで、そう考えるとその程度のことでガタガタ言うのもかっこ悪いような気もしてはしまいますが、そうは言ってもやっぱり、できるだけ大多数の人が見ているであろうチャート図を携えて為替相場の大海原に臨みたいものです。

どのチャートが信頼できるか?

2つのチャートで直近高値が違う場合、どちらを信頼できるか正確なことはその2つのチャートを見ているだけでは何も分かりません。まあでも蓋然性が高いという意味では「ヒゲがより伸びている方のチャート」の方がリアルな動きを追えていると判断して良さそうに思えますが。

そしてまた、私は基本的に取引自体はDMM FXで行っていて、そちらにも1分足チャートを表示させているんですが、そのチャートと照らし合わせてみてもやっぱりXMのMT4の方が細かい値動きが合致しています。

となると、よりリアルな値動きを反映しているのはXMとFXDDで比較すればやっぱりXMである可能性が高そうです。そしてそういうチャートの方が、世界的に見て“標準”である可能性が高いのではないかとも思います。

で、チャートのテクニカル分析を主軸に相場を読んでトレードしている人間としては、できるだけ“標準”に近いものを対象に分析していきたいものです。


再びXMのMT4を使ってみることに

ということで、数週間前に「FXDDのMT4いいよ!」と言っていたくせに、早速またXMのMT4に戻しました。

とはいっても、そもそもずっと使っていたXMから他の証券会社のMT4に浮気したのには原因があって、その主たるものは『インジケーターが入れられない!』という致命的な理由でした。なのでこの問題を解決できなければ戻りたくても戻れません。

とそこに、『XMのMT4にインジケーター入れられない』と書いていた記事のコメントに、解決策を示してくれるコメントをいただきました。

教わった通りにやると、…ばっちり。インジケーターを入れることができました。

XMのMac版MT4にインジケーターを入れる方法【最新版に対応】
MT4にインジケーターを入れたいのに「え?フォルダどこにあるの??」となる問題が解決できました。

しかも数時間使っていたら気付いたんですが、以前のもう何年も前にXMからダウンロードしたMac向けMT4に比べ、最新のMac向けMT4は部分的にとはいえ改良がなされていました。

例えばチャート上にメモをするインジケーターがあって使っているのですが、以前は日本語が文字化けしてしまうため英語かローマ字読みで入力してメモを残していました。

でもこれが現在、日本語入力も可能になっていました。

XMの日本語化が進んでいた

大変お世話になってます HT FX (MT4・MT5で快適トレード) MT4 付箋風のメモプログラム

日本人ユーザーとしてはとても嬉しい改良です。

おわり

FXDDの日本語化の完成度とXMのサーバーの信頼度が合わさったら最高なのに、なかなかそういう完璧なものは出てきてくれないものですね。

いやまあ自分がメインマシンをMacにしているからいけないんだろという話でもあるんですが。

以上です、
ではまた

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ FXの話, MT4/取引ツールについて
使っている海外FX業者↓
使っている海外FX業者↓


トップへ戻る