アイコスの据え置き型「卓上充電器」がお気に入り。チャージャーは外出時専用になりました

アイコスのホルダー(吸うやつ)を軽くセットするだけで充電できる卓上充電器(スタンドチャージャー)を買ってみました。

使ってみたらアイコスの本来のあのチャージャーよりも自宅で使う分にははるかに便利に感じて、お気に入りのグッズになりました。

↑買ってみたのはこれ。価格的には今のところ約2,000円ぐらいが相場のようです。

これ、特にデスクワークが主な人はわざわざ買う価値あると思うし、あとアイコスユーザーなあの人へのプレゼントとしても恐らく本気で喜んでもらえる可能性大な気がしますので、参考までに使ってみた感想をまとめてみます。

アイコスホルダーのスタンドチャージャーを使ってみた感想

アイコスの卓上充電器
アイコスホルダーの据え置き型充電器

物としては簡単な作りのものなんですが、純正のアイコスチャージャーのような蓋がないことが意外と利便性を感じさせる要因になっているのかもしれません。そんな気がします。

軽くてなんだかいかにも中国製という感じのものではあるんですが、充電するだけの機能なんだから逆に無駄を削ぎ落とせばどうしてもこうなるよね、という必要十分な製品だとも言えそうで、嫌煙家からはたとえば「すぐ壊れそう」とか「中国製っぽいね」とかとケチつけられそうな感じですが愛煙家としてはこの仰々しくない軽い製品であることにメリットを感じます。

電源はUSBなのでデスクワークのお供として使うのであればパソコンに接続すればいいし、自宅のどこか決まった場所に置いておくような使い方であれば従来の充電コードの先端部分をコンセントに挿してこれを繋げばいいでしょう。

私は基本的に自宅のパソコンが自分が起きている間は常時起動させたままなのでパソコンにつないで使っています。そして自宅でのホルダーの充電は全部このチャージャーでまかなうようになっています。なので自然と、今まで使っていた純正のチャージャーは外出時専用になりました。

デスクワークのアイコスユーザーならきっと満足する

デスクワークな人ならきっと、これは誰もが何となく「ああ確かに便利だわ」と感じるんじゃないかなという気がします。

おもちゃみたいな商品と言うと言い過ぎかもしれませんが正直これはあってもなくてもいいものであることは確かです。「そんなもの要らなくね?」と言いそうな友人の顔も浮かんできます。

でも逆に言いたい。「もしこれが100円で売ってたら、試しに買ってみたくなるでしょ?」と。

もしこの問いにイエスと答えるなら、その場合はきっと使いだしたら当初想像していたよりも気に入るはず。なぜなら使い出してみたら予想以上に「ああこれは楽ちんだな」「なにげにこれ良いな」という感覚が大きいので。

…なぜこんなに力説してまで推してるのか自分でもよく分からないのですがw とりあえずこれ、面白半分のつもりだったけど意外と買って良かったなという満足感がありました。

意外とあの「蓋を開けてホルダーをセットして蓋を閉めて、どこかに置いて」という純正チャージャーでホルダーを充電する毎回の動作が面倒なものだったんだと気付かされました。

この卓上充電器は意外と細かな設計が良い感じで、片手でセットも取り出しも簡単で、何かたとえば「両手を使ってカチッとホルダーをセットしなきゃいけない」みたいな扱いづらさがありません。見た目以上に構造の設計がクオリティ高いです。

ただネックなのは“軽さ”でしょうか。これは利点でもあり欠点でもあります。というのもあまりに軽いのでちょっとした力が加わることで簡単に倒れそうになります。コードがちょっと引っかかったり、引っ張られたり、したら軽くすっ飛んでしまいそうな感じです。

まあでも意外とデスク上でそんな激しい動きって普段ないものだし、デスクの端っこに置いておくから何かと干渉することも特になく、今のところ実際に倒したことはありませんが。

おわり

願わくば、iPadやiPhoneをまとめて置いておける↓こういうのにこのアイコスの充電端子も付いたものが出てくれたら最高なんですが。

このタバコに対するもの凄い圧力の逆風が吹いている時代にそんなことを願うのは間違いかもしれませんね。

以上です、
ではまた

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ 生活その他


トップへ戻る