英単語を覚える!単語カード代わりのスマホアプリならおすすめはコレ。【厳選】

英語の勉強を始めてみました。で、単語を覚えるために単語カード(暗記カード)の代わりになるアプリを探してみました。

アプリのストアで「英単語」などと検索して出てきたまともそうなアプリを片っ端からダウンロードして、実際に使ってみて、英単語を覚える上でどのアプリが一番良いかを比較検討してみました。

英単語学習アプリ

当初は「どれを使うか迷うかな?」と想像していたのですが、全部を試してみた結果、すんなりと、私の英語学習のお供として単語カード代わりに使うアプリは決まりました。それほど圧倒的に優れているアプリがありました。

それはこちら『スタディサプリ 英単語』▼

スタディサプリ 英単語

スタディサプリ 英単語
無料
posted with アプリーチ

もうこれを使ってみた瞬間、残りの他のアプリを試してみるのは無駄だろうと確信できるぐらいに圧倒的に優れていました。(それでもこうして記事にして紹介することを考えていたので全部のアプリを試してはみましたが)

この『スタディサプリ 英単語』アプリがどういうものでどこが優れているかとかの紹介は後でします。

で、このアプリ以外にも、こういう目的での使い方だったらこれが良いよ。このアプリも悪くはないんだけどね。といったものもいくつかあったので、それも一緒に、先にさらっと軽くここで紹介してみようと思います。(5アプリ)

ここで紹介していないアプリは全部、使ってみて「はい、却下。」という感じだったと思ってもらっていいです。

英単語を「音で覚える」ならこれもアリ

ほとんど音ゲーをしているかのような感覚で英単語の発音を覚えていけるちょっと変わったアプリです。

英語ゲームHAMARU 中学英単語〜大学受験!TOEIC学習

英語ゲームHAMARU 中学英単語〜大学受験!TOEIC学習
開発元:MITSUYUKI SUZUKI
無料
posted with アプリーチ

この『英語ゲームHAMARU』の基本的な構造は、よくある「英単語が表示される→下の4つの選択肢の中から正解の日本語訳を選ぶ」という形です。が、音ゲー風のアプリデザインなのでついのめり込んで何度も繰り返し学習ができるようになっています。

高得点を取るためには出題される英単語を見て判断していては遅いので、音で発音を聞いて、選択肢から正解を素早く選んでいく必要があります。なのでこれをやり込んでいると自然と単語の正確な発音を耳で覚えることができそうです。

単語帳・単語カードを自作するならこれがベスト

学校の教科書だったり、DUO3.0だったり、という自分のメインの教材があって、その教材に出てくる単語を単語カード化して使いたいという目的の場合にベストなのは『単語帳メーカー』です。

単語帳メーカー(Flashcard Maker App)

単語帳メーカー(Flashcard Maker App)
開発元:ar.inc
無料
posted with アプリーチ

似たようなアプリは他にもありますが、自作の単語カードを作成するならこれ一択でしょう。

最大のポイントは「PCで作成した単語帳のデータをスマホアプリに入れられる」という点です。こちらのPC用のページから単語帳の作成が簡単にできるようになっています。
リンク 単語帳メーカーWEB – 単語帳やフラッシュカードを簡単に作成できるWEBツール

単語帳のデータを全部スマホから入力していくのはあまりに非効率です。日本語訳も単語1つにつき1語だけでは不十分なことがほとんどだし、覚えづらい単語には用例もつけたいし。となると単語カード作成はパソコンからの作業でないと厳しいものがあると思います。

単語カードを自作したい場合はこのアプリを使ってみてください。

その他、悪くはないと思うアプリ

英単語を覚えるという目的のためのアプリとして、まあこれも悪くはないんだけど…。というぐらいの感じのアプリは2つありました。

たたかう英単語「たた単」ゲームで大学受験英語やTOEIC対策!

たたかう英単語「たた単」ゲームで大学受験英語やTOEIC対策!
開発元:Sakabou Inc.
無料
posted with アプリーチ
レアジョブ瞬間英単語 | 1秒で答えTOEICテスト600点

レアジョブ瞬間英単語 | 1秒で答えTOEICテスト600点
開発元:RareJob Inc.
無料
posted with アプリーチ

『たたかう英単語』は、「こういうのが好きだという人も多そうだね」という感じ。ただ本気で勉強を頑張らないといけないレベルの英語学習には向いていないです。勉強の苦手な学生向けかな。

『瞬間英単語』は、英語学習の副教材ならぬ“副アプリ”として、例えば「例文を読んでスラスラ意味が理解できるか?」のテストをする目的でとか。そういう用途なら、本命アプリの内容が見慣れてきてしまった時にこれも使ったらいいかもしれません。

リスニング力向上のために

ちょっと単語学習とは話が違ってしまいますが、これはリスニング力の向上に役立ちそうだと思ったアプリがありました。

きこえ〜ご 生きた英語を楽しくリスニング!

きこえ〜ご 生きた英語を楽しくリスニング!
開発元:Reducate
無料
posted with アプリーチ

この『きこえ〜ご』は、学生のテストや入試対策としては非効率なのでおすすめできませんが、実用的な英語のリスニング力を高めたい場合には便利そうです。海外のテレビCMの映像を教材代わりにして解説されていたりします。

今は英語の音声垂れ流しのいろんなコンテンツが世の中に溢れているので、リスニングなんか例えば海外のニュース番組の英語配信ポッドキャストとかでもいくらでも鍛えられそうに思えるかもしれません。

でも慣用句とかちょっとしたニュアンスの違いの問題とか。そういう部分はやっぱり解説がないとなかなかそうと理解できずに過ぎていってしまうものだと思います。

………………
さて、以上で本命以外のアプリの紹介は終わりです。大量にアプリダウンロードをしましたが、ここで紹介していないアプリはすべて即削除でした。

以下、今回一番良いと思ったアプリ『スタディサプリ 英単語』の紹介になります。

別に使い方も難しいわけじゃないし、細かい説明なんか不要ではあるんですが、具体的にこういう部分が良いという点に言及しつつサクッと紹介してみます。

『スタディサプリ 英単語』の特徴や良いところ

上図がアプリを開いた時の画像。
『チャレンジモード』をタップすると小テストみたいなものが受けられ、その結果を全国の人たちと比較して自分がどの程度のレベルにあるのかぼんやりと知ることもできます。

チャレンジモード

上図がチャレンジモードの画面ですが、よくある4択式の問題です。
が、このアプリの良いところのまず1つ目として、4択問題に「わからない」という回答項目があります。これが素晴らしいです。

単語を覚えたくてアプリを使っているのに、この選択肢がないと、知らない単語でも適当にどこかの選択肢を選ばなきゃならなくなり、それが偶然正解してしまった時など厄介です。

その点これはちゃんと「わからない」があるので、選択式の形式の欠点を補えています。
チャレンジモードのテストが終わると、次の画面で出題された単語を確認することができます。

各単語の右端列に「苦手」という項目のチェック欄があります。ここにチェックを入れるとその単語は苦手な単語として後で単語学習の際に表示されるようになります。

ここでもこのアプリの素晴らしい点があって、これは正解した単語でもこの“苦手”のチェックを入れることができます。「4択の選択問題では正解できたけど、ちゃんと覚えてるとは言い難い」という状態の単語もよくあると思います。そういう単語には“苦手”のチェックを入れておくことで、後で繰り返し学習ができます。

標準トレーニング

アプリのホームで『標準トレーニング』をタップすると、このアプリの最もオーソドックスな単語学習ができます。

Sectionごとの区切りと、そのSection内でもいくつかの段階に区切られています。


まずは『確認テスト』で、知らない単語・覚えていない単語をあぶり出します。テストの形式は先のチャレンジモードのと同じです。


確認テスト終了後の画面。

上図のように、正解したけど記憶が怪しい単語は全部チェックしておいた方が良いかもしれません。

確認テストが終わったら次は『単語カードで学習』をしてみます。

先の確認テストで出てきた単語について改めて、その単語を覚えているかどうか、知っているかどうかを選別していきます。「知らない」をタップすると下図のように日本語訳と「例文を見る」というボタンが現れて例文もすぐに見ることができます。

「知っている」をタップすると次に「自信なし」「自信あり」という選択肢が出てきます。

という流れで単語を一つ一つ覚えているか確認していき、全部を「知っている」「自信あり」にするまでずっと繰り返し何周も確認し続けることもできます。

発音を同時に聞けるのが良い

「確認テスト」にしろ「単語カードで学習」にしろ、単語の表示と同時に音声も流れます。これが些細なことだけど素晴らしく良いことだと思います。

私は大人になってから、それもずいぶん歳をくってから英語学習を始めてみようと思い立ったので、若者のような溢れんばかりの気力でもってガムシャラに勉強するのは無理だと考え、どうしたらできるだけ効率よく英語学習ができるかをまず調べました。

その中でなるほどと納得したことの一つに、何十カ国語も話す多言語話者の方の著書に「単語の記憶は意味よりも、発音の仕方を覚えるのが先」というのがありました。ざっくり言うと、「読み方分からない単語を覚えようとするなんて無謀。超絶非効率。」ということです。

なので今回単語カード代わりのアプリを探す上で、発音記号か発音音声が一緒に表示されたり流れたりする形式になっていることは必須条件と思って選んでいました。

その点でこのアプリは、いつも単語の表示とともに発音音声が流れるので、単語の“音”を覚えるのにとても良いなと感じました。

苦手克服道場

ホーム画面から進む「苦手克服道場」では、先にチャレンジモードや標準トレーニング内の確認テストで“苦手”にチェックを入れた単語たちを集中的に覚えていくことができます。

この苦手克服道場の「苦手単語一覧」が、アナログの単語帳(単語カード・暗記カード)の代わりとして使えます。

単語カード代わりの「苦手単語一覧」が良い

この部分もこのアプリの作りの良さが光っています。

初めの画面はこんな感じで

上の?マークをタップすると英単語が表示されます。


この画面の時点で発音記号が表示されているのがまず素敵です。
そして下段の?マークをタップすると日本語訳が表示されます。

で、ここもまた素晴らしいところで、「例文を見る」からその単語を使った例文をすぐ見ることができ、その例文も?マークをタップして表示させる形になっています。

初めから日本語訳が表示されているものに比べたらこの形の方がはるかに英文を読む力がつきそうです。

ライティングの学習も

学生の英語学習にとっては単語を正確に書けること、ライティングも重要かもしれません。その点についてもホーム画面から「Writing」という項目があるので、一応学習できます。ただライティングに関してはペンを持って紙に書いた方が効率が良さそう(覚えが良さそう)にも思えますが。

おわり

長くなりましたが、以上で『スタディサプリ 英単語』の紹介もこの記事も終わりです。

ちなみに『スタディサプリ 英単語』は、同じ開発元の出している人気アプリ『StudyPlus』という、学習記録アプリとも連携できます。大人気アプリです。

Studyplus

Studyplus
開発元:Studyplus Inc.
無料
posted with アプリーチ

学習時間を記録として積み上げていくのはやる気の維持にも効果的なので、同時に使ってみてはと思います。

以上です、
ではまた

スタディサプリ 英単語

スタディサプリ 英単語
無料
posted with アプリーチ

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ 生活その他, スマホ関連


トップへ戻る