【2017夏】モバイルバッテリーは今ならどれが買いなのか、売れ筋ランキングから人気のものを比較してみた

スマホ(iPhone)と iPad mini に使うモバイルバッテリーが欲しいと思ったので、今現在Amazon上でよく売れている売れ筋ランキングを参考に人気上位のモバイルバッテリーを比較してみることにしました。

今は容量がどれも「大容量」と言えるものばかりで、価格もどれも低価格で、さらに言うと当たりハズレの個体差もどの製品にももれなくあるようで、結局どれを選ぼうか結構迷わされます。

なので各モバイルバッテリーごと目に留まったレビューも少し抜き出しながら並べて、ついでにちょいちょい僕の個人的に思ったことなども書き加えながらまとめてみましたので、モバイルバッテリー選びに迷っている人は参考にしてみてください。

1.Anker PowerCore 10000 A1263011

世界最小&最軽量: 10000mAh以上のモバイルバッテリーでは、世界最小&最軽量(※2016年1月末時点)。
クレジットカードとほぼ同じ大きさで、卵3つ分ほどの重さしかありません(約180g)。
コンパクトで大容量: iPad Airに約1回、Galaxy S6に約2回半、iPhone 6sに約4回、その他ほとんどのスマートフォンに複数回の充電が可能。Apple MacBook (12インチ, 2015)も約4~5時間で満充電可能
すべての機器に対し、最大2.4Aで急速充電が可能。
外装は汚れや指紋もつきにくい高級感のあるマット仕上げ。
サージ保護機能とショート防止機能によりお客様とお使いの機器の双方の安全が保たれます。

売れ筋ランキング1位のモバイルバッテリー。これは見慣れた製品だなという印象。
それだけ長いこと支持を得ていることの証ですね。

実用面を重視するなら基本的にはこういう安心して使えるものを買っておけば間違いがないと思うので、何かちょっと変わったものが使いたいとかいう気持ちがなければこれを買っておけば良いのではないでしょうか。(僕はちょっと変わったのが欲しいタイプ…)

目に留まったレビュー

たくさんのレビューの内容を吟味し購入。持っているスマホの充電容量が小さいのと、他にもいろいろモバイル機器を使っているため、充電池は様々買ってきましたが、この小ささ軽さで(おそらく)スペック通りの大容量、急速充電にも対応というのは、価格帯からして申し分ありません。量販店の店頭や、うっかり何かの宣伝を見て他のものを買い、無駄に高く、スペック通りでなかったなど失敗してきた経験上も、これは良い買い物でした。耐用回数や頑丈さはどうかわかりませんが、それが問題になったらまた買いなおせばいいくらいの値段ということで◎です。

事前にレビューを読んで、iPhoneのアダプターがフル充電にならない事を知っていたので、期待以上の商品でした。
これから購入する方でiPhoneの方はアダプターが1Aですので、フル充電にはならない事を知っておいて下さい。2AのUSBアダプターなら間違いなくフル充電されます。
また、2Aのアダプターより多少時間がかかりますが、ダイソーの四角いUSBアダプターでもフル充電になりました。充電しながら使うとスマホのバッテリーがすぐに傷むので、充電中はなるべく使わない様にして、だいたいiPhone5sが4回程度フル充電されました。

1Aの充電ケーブル(iPhoneに付いてくるやつ)だと弱くてフル充電できないっぽいですね。iPadで使ってるやつなら良いのかな…?
100均のUSBケーブルでも大丈夫だとのことなのでもしiPhone純正USBケーブルでの充電に不満を感じた場合は100均で2Aのを買ったほうがいいかもしれませんね。

個人的には、多くの人に使われててレビューも大量についてて安心して買える商品だけど、逆に面白味に欠けてしまうなあと感じてしまうところがあります。なんか普通すぎてつまらないな、と。他に何か特徴的でユニークかつ性能的にも問題のなさそうなものが見つからなかったら、その時は安パイなこの充電器にしてみようかと思います。

2.cheero Power Plus 3 13400mAh CHE-059-WH

[内蔵バッテリー/容量] リチウムイオンバッテリー/13400mAh 3.6V (48.24Wh)
[本体サイズ/重量] 92 × 80 × 23 mm/245 g
[本体充電時間/推奨使用回数] 約 8 時間(2A USBアダプター使用時)/約500回
[入力/出力] DC 5V 2A / DC 5V 3.4A(合計) Auto-IC機能搭載

人気のモバイルバッテリーで、かつ白いのがいい、という場合はこちらが有力候補になりそうです。

目に留まったレビュー

13400mAhの充電容量なのに驚くほど小型のモバイル充電器です。
半年前に購入した他社の商品は同じ容量でおよそ倍ぐらいの大きさがあったので技術の進歩を感じさせるモバイル充電器でした。
20000mAh以上の高容量の充電器も沢山ありますが、重量が500g程あり少々重たいので持ち歩くのであればこのcheeroの商品の方がよりベストで使い勝手が良いと思います。
本当に小さくて軽いのでとても使いやすいです。

一年ほど使用してみての雑感と行きたいところですが、他の方がこの製品の素晴らしさは沢山書かれていますので、ここはあえて残念な部分を挙げてみたいと思います。
さてバッテリー本体自体には特に問題は感じません。残念な部分というのは付属ケーブルの品質です。
2.0Aオーバーのような大電流をUSBケーブルで流すようになったのはかなり最近のことですので、そのクラスの大電流を流すのに適した設計になっていないケーブルというのが世には大量に存在するわけです。そういったケーブルを使用するとせっかくの高出力をケーブルがスポイルしてしまうという事態が起こります。
残念なことに付属のケーブルは大電流を流すのに適した物ではないようで、高出力対応のケーブルと比較すると明らかに流れる電流量が減少します。メーカーが同梱している言わば純正品とも思えるケーブルを使用している限り、このバッテリーの性能を引き出すことは出来ないという事態が起こってしまっているわけです。コストダウンのしわ寄せがケーブルに行ってしまったんでしょうね。
バッテリー本体は良い物ですので高出力対応のマイクロUSBケーブル一本で解決する問題ではありますが、せっかくの良い品にケチを付ける形になってしまっているのが残念でなりません。

元気に調子よく使ってましたが、7ヶ月で充電できなくなりました。
ちょっと寿命が短いのでは?

寿命の短さについてのレビューがいくつか目立ちました。
発売も2014年とのことなので、もう3年近くは経つことになるし、そう考えるともしかしたらもう他の新しい物でもっと良いものもありそうな予感。

ちなみに発売当初は内蔵の受電地も日本製が使われていたらしいですが、今では「日本製」の文字が無くなっているので、恐らく日本製でないものが使われているもよう。その点に言及しているレビューもちらほらあり。

それでもレビュー内容は総合的には高評価なので、新しいものとの価格差などを考慮して、もし新しい物がまだ高すぎるようであればこれを選ぶのもアリかもしれませんね。

3.Anker PowerCore Speed 10000 QC A1266011

世界最軽量: QCを搭載した10000mAh以上のモバイルバッテリーでは、世界最小サイズ(※2016年9月末時点)。
コンパクトで大容量:ポケットにも入るほどコンパクトながら、iPhone 7を3回以上、Galaxy s6を2回以上充電できます。
パッケージ内容:PowerCore Speed 10000 QC、トラベルポーチ、Micro-USBケーブル、取扱説明書、18ヶ月保証、カスタマーサポート

現在売り上げランキング1位のものの後継機ですね。同じ大容量でありながら価格差はわずかなので、もし1位のものを良いと感じる(デザインとか好み)ならせっかくだからこちらを選んでおきたいものです。

目に留まったレビュー

GALAXY Note3(SC-01F)ユーザーです。

このモバイルバッテリーを使用した時
0:00 バッテリー残量5%で充電開始
0:42 65%
0:52 75%
0:57 80%
1:47 100%

ドコモの純正充電器を使用した時
0:00 バッテリー残量5%で充電開始
0:44 65%
0:54 75%
0:59 80%
1:44 100%

でした。
充電速度はコンセントを使う時とモバイルバッテリーを使う時でそんなに差がないと思います。

使っているモバイルバッテリーがへたってきたので買い換えました。
いままで使っていた3000mhのものがおもちゃに思えるぐらい高性能です。
大容量・急速充電。文句なしの星5つです。

パナソニックのセルじゃなくなった
残念ながら韓国企業LGのセルに変わってました
爆発が怖いのでもう二度と買いません

どうも当たり外れが激しそうな印象です。レビューでは「まったく熱くならない」と褒めている人もいれば、逆に「発火しそうなほど熱くなった」という人もいて、また電圧をチェックした人のレビューでは「(こんなに電圧が高いと)何か問題があるんじゃないかと疑いたくなる」なんて書き込みも。
中身がパナからLGに変更されてしまったというのも、電気を扱う製品としてはちょっと気になる点ではあります。

当たりを引ければ良い製品のようですが、購入後はまず自分に届いた製品が当たりなのか外れなのかをチェック(充電器に充電してる時とスマホに充電している時の両方で熱などの問題がないか確認)した方が良いかもしれません。

4.「バージョンアップ」Poweradd Pilot 2GS

こちら販売終了したようです。
10000mAhの容量、充分なパワーをお使いのデバイスに提供できます。
iPhone6 4回、Xperia Z3 Compact 2.5回、Galaxy S6 2.5回
入力2A、出力2.4A
高品質なバッテリーセルとチップを搭載し、過充電、過放電、加熱時、短絡時は自動停止される安全回路設計により、安全を確保します。

商品説明欄の日本語がところどころ微妙な感じなのは不安にさせますが、ただデザイン的にはこれより上位人気のものよりも良いので、デザインで選ぶか、安心で選ぶか、迷わされます。

と、これは上位3製品に比べて価格も半額ぐらいです。…んん、逆に心配になるんだけど、どうなんだろう。
レビューがすでに約2,000件もついてるのでレビューを確認してみたほうがいいですね。

目に留まったレビュー

配送予定日はかなり過ぎても届かず、在庫不足だの、製品に不具合があるだの、最後には台風で臨時休業との連絡。えー台風ってどこですか?(笑)
こんな業者は初めてです。

トップカスタマーレビューには、悪い評価ばかりが並んでいたのでちょっと心配しましたが、
悪い情報は2016年に集中しているようであり、2017からは改善された様子なので購入を決めました。
結果は
商品配送は翌日発送で通常の日数で届きました。
商品性能にも問題ありませんでした。

商品の到着は早く、デザインも上々。最初の充電はきっちり4つ点灯まで行き、スマホへの充電もできましたが、ほぼ使用して2度目の充電以降、ランプが1つしか点灯しません。もう開封済みだし、どうしたものかと思案中です。

どうやら「ちゃんと商品が届き」「その商品はちゃんと新品未開封品で」「個体差の面でも当たりの製品だった」場合は、星5を付けたくなる良い商品のようです。
しかし購入ボタンを押すのが怖くなるぐらいに星1の「モノが届かない!」「キャンセルすらできない」「問い合わせに反応がない」というレビューもいくつも見受けられます。

旅行などの予定があって決まった日時までに届いてくれないと買う意味がないという場合は、とりあえずこういうところの物を選択するのは止めておいた方が良さそうですね。
普段使い用に、デザインの気に入ったものが使いたいというのであれば、当たりを引けることを願って買ってみるのもアリだと思います。

5.(改善版)Poweradd Pilot X7 20000mAh

自動検知技術の搭載により、接続されたデバイスの電流を自動に検知し、各機器に適した電流を送り、2.1Aの出力電流に到達でき、1Aの出力と比べて2倍のスピードで機器を充電できます(最大の入力を実現するために、5V/2Aまたはより高出力の電源アダプターを利用することをお勧めいたします)。
LG製の高品質なA+ リチウムイオン電池の採用により、各種保護機能がつき、過充電/過放電/発熱時/ショートの場合、自動充電停止になります。バッテリーとデバイスの安全を保障します。
20000mAhの超大容量により、iPhone6に8回の充電、Samsung S6 に5回以上の充電、iPad Air 2に2回くらい充電できます。
商品仕様:「容量」20000mAh;「入力」DC5V/2A;「出力」DC5V/1A DC5V/2.1A;「サイズ」15.5cmx8cmx2.28cm。

こちらも、商品名に(改善版)なんて入っているぐらいだから海外業者の販売なんでしょう。まあ、物が良ければいいですが、、。

目に留まったレビュー

他のみなさん書かれている通り商品が届きません。
変な日本語の言い訳メールがきたのみ。

商品到着予定日が7月30日となっていてそもそも遅すぎる。
しかし我慢して待っていたが、いざ届いたら完全に別の物が届いた。
購入したものは容量20000mAhのものだが、届いたものは10000mAhの物。
形も色も違うし完全に別物である。これで騙せるとでも思ったのだろうか。

過去色々なモバイルバッテリーを使ってきましたが、遂にここまで来たかといった所です。
2A高速充電で寝ている間にも満タンになっていますし、1A、2A出力ともにちゃんと出ております。
僅か430g程度の質量に2万mAhもの電力を蓄えられます。
昔から色々なモバブー使っている身としては驚異的な進化ですね。

モバブーと言えばpanasonicやエネループが一世を風靡した時から考えれば、容量も、重量も値段も全て良くなっています。数年前はたった1万mAhで500gもあり、値段も1万円もしましたから。
上を見ればまだ容量が大きく軽い製品(RAVpower 2万2千mAh等)はありますが、これほど安くは無いです。
このバッテリーを重いだとか大きいだとか言っている方々は失礼だと思いますね。容量を考えて下さい。
この値段でこの性能の物を出せる企業努力、素晴らしいと思いますよ。

「商品が届かない!」「違うものが送られてきた」系のレビューの多くは、どうやら昨年のポケモンGOが流行ってモバイルバッテリーの需要が急増した時期に購入した人たちが大半のようです。なのでとりあえずハナから詐欺ろうとしている業者というわけではないっぽいのですが、、まあそうは言っても日本の業者の対応との違いに不信感を感じてしまうのは当然ですね。

ちゃんとモノが届いた人のレビューによれば、製品自体は良いもののようです。容量的には今のところずば抜けて1番の大容量ですので、その辺で需要があるんでしょう。
う〜ん、悩ましい。

6.Anker PowerCore 13000

iPhone 6sに約5回、Galaxy S6に3回、iPad Air 2に1回の充電が可能。Apple MacBook (12インチ, 2015)も約4~5時間で満充電可能です(PowerIQ非対応)。
最大3Aのフルスピード充電を可能にします(各ポート毎に最大2.4A)。2つのUSBポートを備え、2台同時充電も可能です。
安心・安全:Ankerのマルチプロテクトシステムにより、長期間安心してお使いいただけます。
パッケージ内容: Anker PowerCore 13000 モバイルバッテリー、Micro USBケーブル、トラベルポーチ、取扱説明書、18ヶ月保証、カスタマーサービス

このランキングの1位の製品と3位の製品の、さらに容量が3,000mAh増えたバージョンです。

目に留まったレビュー

この商品の良い点はほかの方々がすでに述べられているので、私は購入に際して一考するべきことを2点ほど。
まずサイズについてです。この製品は面積(98mm×80mm)はポケットサイズでコンパクトですが、その分少し厚み(22mm)があります。これはリュックの中などのマチのないポケットだと入らないことがありますので、どのように持ち歩くのか、どこに収納するのかは考えておいた方がいと思います。
2点目は『power core 10000』(以下10000)との比較です。この2つの製品の大きな違いは容量(13,000mAhか10,000mAh)とポート数(2つか1つ)、そして値段です。
ここで注目すべきは、実際に充電可能な容量です。これらのようなモバイルバッテリーでは表示容量の約6割が実際充電可能の言われておりますので、それらを比較すると7,800mAhと6,000mAhで、差は『1,800mAh』しかありません。これは近年のスマホを一回フル充電できない程度の容量です。加えて、本製品の価格は10000と比べて約1.5倍(2016/9)です。
以上のことから、本製品は10000と比べて容量が多いということよりも『2ポートである』という点を購入の決め手とするべきだと考えます。

もし2台のモバイル機器を同時に充電する事がないのであれば、1.5倍のお金を払って1,800mAh程度の容量を増やすのは、コストパフォーマンスが悪いと感じます。

3000円せずに13000mAhで安定した使い心地。スマホ用に持ち歩くには十分な性能だと感じました!!
洋服のポケットにはギリギリ入りませんでした。(メンズの洋服なら入るかも知れませんがレディース物はほぼ無理でした)
iPad等と同時に2台の充電をする場合は少しスピードが落ちる感覚あり。(それでもPanasonic製のバッテリーよりもフル充電は倍近く早い)
家電量販店で10000mAhある物を買おうと思うと1万位しますし
(しかも大きさ重さ共に、この商品よりもデカい)
携帯するにはこの大きさ、重さは重宝します。

買って2ヶ月たったけど突然充電がでなくなりました4〜5回くらいしか使っていません。
人気の高い商品だったのでとても残念です。

2つ同時に充電できることにメリットを感じる場合、これが良さそうですね。それと比較的安心して使っていられるメーカーのものでできるだけ大容量のものを、という場合も今のところ売れ筋ランキング上位の中から選ぶならこれになりそうです。

ただこういう製品にありがちな「発熱あり」「使用中に異臭が発生して壊れた」等のレビューもやはりあるので、個体差は結構あることを理解しておきたいところです。
(安心しきってバッグの中に入れながら充電しておいたりすると危険な場合もあるので、あまりそういうことはしない方が良さそう)

7.Anker PowerCore 20100

iPhone 6に7回以上、Galaxy S6に約5回、iPad miniに約2回の充電が可能です。またApple MacBook (12インチ, 2015)も約4~5時間で満充電可能です(PowerIQ非対応)。本体を安全かつ高速するために、2A出力のアダプタをご利用下さい(多くの充電器の出力は1Aです)。
フルスピード充電技術:Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostにより、超高速充電を実現。各ポート2.4A、合計で4.8A出力が可能です(入力:5V / 2A)。
缶ジュース1個分(350g)ほどの重さしかありません。

おっとここで登場しました、Anker で20,000mAhを超える大容量の製品。容量が大きい分だけ価格も他に比べて少し高くなっているので、その点でこの順位なんでしょうが、でも個人的にはデザインもスクエア型というかカード型より、こういうシュッとした細長めな形の方がスタイリッシュで好きです。

…僕はこれでいいかな??この後もっと心に響くものがなければこれが第一候補になりそうです。

目に留まったレビュー

ちょっと重いが、出先でスマホを二台充電しても、タブレットを充電しても全然大丈夫。海外旅行中でもこれがあれば電源で困る気がしません。
充電が半分になることすらないレベルです。
その後数ヶ月使用しているのですが何となく思うのは、このバッテリーからスマホとタブレットに同時に充電する事が多いのですが、ダブルで充電してもすごく早いです。コンセントから直接充電するより早いような気さえします。
しかし、このバッテリーに充電して復旧するのに大変時間が掛かります。一晩置いておかなければなりません。
いざと言う時大変頼りになるますが、がんばってもらった後、元気を取り戻してもらう為には大変長い休息が必要なバッテリーです。このバッテリーへの急速充電が出来れば申し分ないのですが。。

iPhone単体だと、6時間もバッテリーが持たないので、コチラのモバイルバッテリーを購入して、本当に助かりました。
11時間程度の登山でも、まだまだバッテリーの残りはあったので、2〜3日行程が掛かる槍ヶ岳でも使用しても大丈夫そうです。

持ってみて思ったのは、思ったより軽くて小さいことです。予想外に小さかったので箱を開けた時、ポチり間違えたかと思いました。
350mlペットボトルが1個カバンに増えても良いという方なら、毎日持ち歩いても苦ではないかと思います。
2泊3日の旅行中に使用したiPhoneやタブレット、イヤホン等の充電をすべてこちらで賄って、帰宅時に残り1メモリでした。
寝る前につないで充電して、朝終わっていれば良いと言う場合は、コレ1個で良いのではないでしょうか。

こちら、レビューの内訳として星1の酷評が比較的少ないように感じました。(正確に計算はしていない)
価格面でも普通にお店で買う(とバカ高い)ことを考えればAmazon上での他の小さい容量のものとの差はほとんど誤差と言ってもいいぐらいの差でしかないし、安心して使える大容量のモバイルバッテリーが欲しければ恐らくこれが今は一番の“買い”な商品なのではないかと思えます。

8.Anker PowerCore 10000 A1263021

スペック的なものは1位のと同じ

この売れ筋ランキングで1位の製品の「白」バージョン。色違いで価格差わずか200円なんですが、こんなに順位に差が出るんですね。白の方が錯覚で軽く感じるから200円差ならこちらの方が良さそうにも思えるんですが。。

レビューの抜き出しは、色違いの1位のものと共通なので割愛。

…それにしても、意外と皆さん価格にシビアですね。販売者の信頼が微妙なものも上位にありましたが、わずかな価格差がこれほど意識されると分かればそれも納得です。

9.cheero Power Plus 3 10050mAh CHE-072-WH

スッポリ手に納まるコンパクトサイズでも、大容量の10050mAh。iPhone6を3.5回フル充電できます。最大出力2.4Aなので、タブレットもスマートフォンも充電できます。
USB出力ポートが2個ついている同容量の商品では最軽量級・最小級。
接続されたデバイスを自動で認識するAUTO-IC機能搭載!デバイスごとに最適な電流(最大2.4A)を流します。 ※本商品の充電には必ず2A出力のアダプターをご使用ください。
手になじむマットな質感。スタイリッシュかつシンプルに仕上げているので、飽きのこないデザインはファッションやシーンを選びません。

上位にある同容量のものの中では最安値です。かつ2口の充電ができるので、すごい大容量を必要としない場合はこれも一つの良い選択肢になりそうです。

目に留まったレビュー

他社製品でも20,000mAhぐらいで、1,800円や2,000円で購入可能なものも存在しますが、現物を見ると薄いけど重い。。という感じで悩んでいました。こちらは値段は変わらず容量が半分かあ…と思っていましたが届いたものを見てコンパクトで軽量ってことでギリギリ持ち運びしたいレベルでした。
やはりこれ以上大容量だとスマホやタブレットより重くなって、なんだかあと思っていたので素晴らしいと思います。

注意しておかなければならないことが1点だけあります。
付属のケーブルはACアダプタから充電するためのケーブルなので、このケーブルを使ってスマホを充電しようと思っても速度が出ません。
速度を出したいのなら、高速ケーブルを用意した方が良いと思います。

QC2.0やQC3.0に対応したモバイルバッテリーが増えてきているので、スマートフォンが対応しているなら他製品の方がおすすめかもしれません。
しかし、それらの製品に比べ同容量であれば小さく軽いためQCに対応していない端末への利用目的での購入であればおすすめします。

「QC = QuickCharge(クイックチャージ、急速充電)」はiPhone等のApple製品は未対応なので、個人的には無問題。Androidを使っている人は一度自分のスマホが対応しているか確認してみた方がいいかもしれませんね。

10.KYOKA 薄型 軽量 大容量 11200mAh LEDライト付き

【安全・安心・抗爆発バッテリ】 高品質なA+リチウムポリマー電池の採用により、スマホに充電し最大2.1Aで急速充電が可能です。500回以上の繰り返し使用が可能とマルチ保護機能がつき、過充電/過放電/過熱/ショートの場合、自動充電停止になり、長期間安心してお使いいただけます。
仕様:容量 11200mAh、入力電圧 DC5V2A(Micro USB)、出力電圧 DC5V2.1a 23.6Wh/3.7v、サイズ 約140mm*57mm*12mm、重さ 170g(本体)
パッケージ内容:モバイルバッテリー、Micro USBケーブル、取扱説明書、3ヶ月保証

売れ筋ランキング10位に来てついに最もデザインの良いものが出てきました。これなら個人的にはデザイン面では文句なしです。
容量と本体の薄さの兼ね合いを考えると、見た目で選ぶならこれがベストなのでは!?

目に留まったレビュー

ローズゴールドがカワイイ♡
下の方に入っている白いコードが無いとこれ自体に充電できないので、間違えて捨てないように!
1日で5~6回充電しても半分以上バッテリーが残ってるので、これ一つあれば1日ずっとゲームをしていても遠出できます。

商品のほうはコンパクトな割りにちょっと重く感じるかな?でもポケットに入れてもあまり邪魔にならなさそうなので持ち運びが楽そうでいいですね♪
あと地味にLEDライトが役にたちそうです。

商品の説明には大容量11200mAhとありますが、商品には24.5Wh/3.7Vと記載があり6000mAh程しかありません。
実際当方のARROWS NX F-01F (3200mAh)で2回充電出来ませんした。
即返品です。

どうもこの商品、見た目で選ばれているだけで、どうやらスペック表記は嘘っぽいです。複数レビューで「計測してみたけど実際は半分の容量しかない」「半分の容量のバッテリーと考えればこれは重すぎるバッテリー」「騙された」といった書き込みがありました。

ぱっと見でそもそも上位レビューの雰囲気が他と違うというか、モバイルバッテリーについて無知な人が「(まともに使えたというだけで)良いものです!」と言ってるだけのように感じるところがあります。

う〜ん、この見た目で中身も優秀ならもっと本格的なヒットだって期待できるだろうに…。なぜ見た目を大事にした製品は中身を疎かにしてしまうんだろう、、もったいない。

モバイルバッテリーの比較:おわり

10位の薄型バッテリー、見た目的には圧倒的な優位さがあるのに、なんてもったいないんだろう。見た目で選ぶなら即決なのに、中身に対する不信感を考慮すればこんなの選んでいいのか迷うなあ。。

総合的に判断すると、やっぱり7位の『Anker PowerCore 20100』になるのかな。

いやちょっと待てよ、僕はそんな大容量のモバイルバッテリーがそもそも必要なのか?笑
「iPhone 6に7回以上、iPad miniに約2回の充電が可能」ってあるけど、明らかにそんな機会を想像できないぞ……海外旅行行く予定も当面ないし。つか海外行く時に満充電のモバイルバッテリー持って行くのとか飛行機の上で何かありそうで怖いし。

あぁ、なるほど。
こういう思考の流れで結局最後は、適度に大容量で品質的にも安心感のある1位の『Anker PowerCore 10000』が選ばれるのか。
なんか妙に納得。

さすがに最悪発火の危険性もあるものを100%デザインだけで選ぶわけにもいかないし、価格も総じて安めな相場価格で安定しているとなれば、考えるのも面倒くさくなって最後は安パイな製品を選びたくなるのかも。

…せめて黒じゃつまらないから色違いの白い8位のやつにしておこうかな。…どうしようかな。

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ スマホ関連


トップへ戻る