AdSenseで『User First ベータ版プログラム』が開始。でも速度の改善とか無理ですわ…

Google AdSense で新しい『User First ベータ版プログラム』なるものが始まったそうです。案内のメールが来ていました。

当プログラムを通じて、収益の増加や表示される広告の絞り込みと品質向上に役立つ新機能をいち早くお試しいただけます。

とのことで、であれば気になるのは当然なのですが…… 上の画像でも赤線を引きましたが

プログラムに参加していただくには、サイトの読み込み速度を改善していただく必要がございます。

とのこと。

どうせGoogleの求める読み込み速度とか素人には到底実現できないレベルのものなんでしょ? なんて思いながらも一応念のためAdSenseから指示に従ってちょろちょろ情報を見てみました。

で、先に結果から。

……完全に無理でした。

以下、ざっくりその辺のことを。

User First プログラムを使ってみたい

メールにあった『アカウントを確認』のボタンリンクからAdSenseに飛んでみると、画面中央あたりにこんな表示がありました。

プログラム利用基準の達成まで『もう少し』とのこと。これは「じゃあ頑張ってみるか」という気にもなりますよね。

ということで“詳細”というリンクをクリックして先に進んでみました。

コンテンツの読み込み速度を改善しましょう

なんかよく分からない表示があった後にAdSense内でこんな表示が出てきました。

コンテンツの読み込み速度に問題があってプログラムに参加できないようです。
まあそうだろうね。

“次を修正”のリンクから修正箇所の改善のヒントが得られるかどうか見てみました。一応。

全っ然わかんね

キャプチャ撮り忘れちゃったんですが、3つぐらいの『推奨事項』みたいなのがありました。これを改善してね、的な。

で、その先に進んであれこれ説明を読んではみたのですが、なーんにも分かりませんでした。

Lighthouseを試してみた

どこかの説明の中で『Lighthouse』なるChrome拡張機能を使ってサイト診断みたいなことができる&改善点を示してくれるとの案内があったので、素直に拡張機能を入れてこのブログの改善点を伺ってみました。

▼Chrome拡張機能からサイト診断している時の表示

Lighthouse

するとこんな画面で結果が出てきました。

もうね、さっぱり分かりませんよ。

英語というだけで分かりづらいのに、その上専門用語も知らないから尚さら何を言ってるのか理解しずらいし、さらにどうしたら改善できるのかと Learn more をクリックしてみればその先でもリンククリック→さらにその先でもリンククリックの繰り返しで。全然頭に入ってこない…。

こんな面倒な学習や作業をアメリカ人がやってるとは到底思えないんだけど。

というかGoogleもまさか一般ブロガーがこんな情報にまでアクセスしているとは思っていないのかな? 日本人だからつい素直に勤勉にこんなややこしいページ開いてるだけで、Googleにとっては想定外だったりする?

User First プログラムは諦めることに

前々からページ速度を測るGoogleのサービスとか使っても「読み込み速度が遅い」って出ていて、でもその改善ができなくて放置していたので、今回もどうせ無理だろうと思いつつあれこれ案内を見てみましたが、やっぱり無理でした。

せめてAMP対応させたら良いのかな。もしそれだけで一発OKになるようならすぐにでもやるけど、どうなんだろう。

ま、でも今回案内の来たプログラムはあくまでも「新機能をいち早く試せる」ってだけであって、それが良い機能だと統計的に明らかになれば遠からずAdSenseアカウント全体にも適用されるようになるだろうし(その方が広告主もGoogleも嬉しいのだから)、詳しくない人間が頑張って時間割いてまでやることじゃないかもしれないですね。

ということで、何も得ることがないような記事ですみません。『User Firstプログラム』について当ブログは無視することに決めました。ちゃんちゃん

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ ブログの話


トップへ戻る