MT4で『説明』が表示されないのはなんでだろう? と思っていたら設定の問題だった。

MT4で引いたラインなどのオブジェクトに『説明』欄、macや英語表記だと『Description』という項目があると思います。

この部分にコメントを入力しておけば、たとえばラインであれば後でそのラインに値が近づいてきた時に「そのラインはどういう意味で引いたラインだったか?」などを把握するのに便利になります。チャート分析がスムーズに進みます。

なので便利でいいなと思っているのですが、これが最近、なぜか表示されない現象に見舞われていて困っていました。前は表示されていたはずなのに、ある日突然表示されなくなってしまい、特に設定をいじった記憶はないのにどうしたものかと。

Googleで『MT4 説明』などと検索しても全然この点についての情報が出てこないんですよね。書いてる人がいないのか、それともGoogle検索の精度の問題なのか、原因は分かりませんが、些細なことなのに手掛かりが掴めず困っていました。

それで半ばこのことについては諦めていたのですが、ひょんなことから偶然この“説明”の表示の仕方がわかったので、同じように「説明が表示されない!」と検索する人がいるかもしれないと思い記事にして残しておきます。

MT4で「説明」「Description」を表示する設定

私の環境はMacで使用している英語表記のMT4で、日本語だとどう表示されるのか確認できていないので、英語表記のままで紹介します。手順は以下の通り。

チャート上で右クリック → Properties → Common → Show object descriptions にチェックを入れる。

これだけでした。こんな項目があるのに気づきませんでした。

MT4ではなぜか設定が勝手に変わってしまうことがある

Macで使ってるMT4だからなのか分かりませんが、私の環境下ではMT4の設定が勝手に変わってしまうことが度々あります。たとえば先の図で言えば『Scale fix』の項目とか、ここのチェックは外しておきたいのに、プロパティを開けばいつも勝手にチェックが入った状態になってしまっています。その度に毎回チェックを外してから閉じるんですが。

それから厄介なのが自動売買に関する設定。これも勝手に変わってしまうんですよね。

下図の『Allow automated trading』という項目。ここは常にチェックを入れておきたいのに、入れても入れてもその後1回の売り買いが終わるごとに勝手にチェックが外れた状態に戻ってしまって困っています。

別に自動売買をしているわけではないんですけど、使っている(外部)発注パネルの関係からここはチェックが入っていないと注文ができないので。これまでに何度も「あれ?注文できないぞ!?」と戸惑ったことがありました。

『説明』を頻繁に使う人なら入れておきたいインジケーター

この“説明”を頻繁に使う人なら、きっとこのインジケーターを入れたら便利になるだろうというインジケーターがあります。

リンク HT FX (MT4・MT5で快適トレード) MT4 HT_EASY_EDIT と HT_NOTE を少し修正

上記リンク先ページで紹介されている『EASY_EDIT』。このカスタムインジケーターを使うと説明の入力が少し楽に、サクサク行えてイイ感じになります。

おわり

たぶん『Description』項目も、日本語表示ならもっと早く気付けたんでしょうね。そんな気がします。

MacでMT4を使うというのは、まだまだ微妙な部分がありますね。とりあえず使えているのでいいんですけど。

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ FXの話, MT4/取引ツールについて
使っている海外FX業者↓
使っている海外FX業者↓


トップへ戻る