FXトレードするのにPCモニターは何枚が最適か? 自分としては1枚がベストじゃないかと思う。

最近はスマホでトレードする人も増えてきたようで驚きなのですが、何年か前まではトレーダーと言えば何枚ものPCモニターを並べてトレードしている姿が一般的なイメージでした。

そしてそういうのにあこがれて、初心者のうちは特にモニターを増やしていろいろ表示させておきたい衝動に駆られるものです。私も初めは3枚のモニターからスタートしました。

でも今となっては、個人的にはトレードする上で最も良いモニターの枚数は「1枚」なんじゃないかと考えています。

もちろん、実際に今は1枚だけでトレードしています(PC環境的には2枚のモニターを並べて使っていますが、トレードする時に使うのは片方のモニターだけ。もう一方ではこうしてブログ書いたりしています)し、今でもモニターを増やしたい衝動に駆られることもたまにあるのですが、そういう時は自分にとっての危険信号だと思ってトレードを一時休止したりもします。

モニターは1枚がベスト、と考える理由

トレード環境として最適なモニター数は1枚だけと考えるのには、それなりに根拠があります。

それは、トレードはできるだけ単純化させた方が良いと考えているからです。

複数枚のモニターを必要とするトレード手法なんて危なっかしい

大抵、本当に勝てているトレーダーのチャートなんてのはスッキリしているものです。

銀行のディーラーとか、数ヶ月単位でポジションを持つようなトレードをする人たちがどういう情報を頼りにトレードしているのかは知りませんが、個人投資家レベルのトレーダーであれば勝ち組側のほとんどの人はとてもシンプルなトレード手法で相場と向き合い続けているはずです。

なぜなら、安定的に勝ち続けるためにはあまり複雑な分析は良くないからです。

“複雑系”の計算には手を出さない

現代科学という一種の宗教を信仰している人にとっては信じ難いかもしれませんが、今でも人間が解明できていることなんてほんのほんのわずかな部分のことだけです。たとえば落ち葉が落ちていくときのその軌跡を予測することすらできませんし、どこに落ちるかも計算できません。

天才たちの叡智を集めてもその程度のことも計算し切れないのに、我々個人が自分の頭を頼りに相場のランダムな動きをどう計算し切ろうというのか。

そういうことを考えていくと、難しい計算や分析は「難しいから避ける」のではなく、「勝ち続けるために意図的に避ける」ようにした方が良いということが分かってきます。

チャート分析や、実際にエントリーする瞬間に、迷いが生じるようならその手法は難しすぎます。迷うということは計算処理がし切れていないことの証ですから、自分の頭で処理しきれない難解さの手法なんだと思います。そんな手法を使っていて勝ち続けることは不可能でしょう。

ゴミ屋敷で集中力を保ち続けられる人は多くない

また、余計な情報はある意味でゴミと同じです。そこにあるだけで邪魔、目に入ってくるだけで邪魔なものだと言えます。

ゴミ屋敷の中で高い規律と集中力を保てるような人は恐らくそう多くないことと思いますが、必要以上のモニターで無駄な情報を表示させておくこともその状況と似ているものがあります。

余計なものに意識が向かえば向かうほど、精神は消耗していきます。そして消耗していけばいくほど、集中力は低くなっていき、自分を律する力も弱まっていきます。

自分で自分のトレード環境をそんなものにしてしまっていたら、もったいないです。

おわり

とにかく「意識の向かう先」というのはできる限り減らした方がいいと思います。そうしないと精度の高いトレードは続けられません。

もしあれこれ情報を見ながらでないとトレードできない手法なのであれば、その手法を見直す必要があると思います。もしそれで十分に勝てているのであれば別に良いのですが、そんな手法が存在するのか正直疑問です。

…以上、トレード手法や環境がまだ定まっていない人にとって、こういう考え方もあるんだと、一つの参考にでもなったら幸いです。

関連記事 フルロットでトレードし続けたら1万円は何日で1億円に化けるか、計算してみた。

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ FXの話, MT4/取引ツールについて
使っている海外FX業者↓
使っている海外FX業者↓


トップへ戻る