iPhoneの発煙・発火事例まとめ。ついにアップル直営店内でも従業員がやけどを負う騒ぎが発生

スイスにあるアップル直営店で9日、iPhoneのバッテリーが過熱して煙を吹き出し、従業員が軽いやけどを負う騒動があったそうです。

スイス・チューリヒ中心部にあるアップルの直営店で9日、スマートフォン「iPhone」のバッテリーが過熱して煙を吹き出し、店内にいた客や従業員が避難する騒ぎがあった。

チューリヒ警察によると、この騒ぎで建物内にいた客など50人が避難。iPhoneからバッテリーを取り出そうとしていた同店の従業員が軽いやけどを負った。7人は手当てを受けたものの、入院した人はいないという。

リンク CNN.co.jp : iPhoneバッテリー発煙、アップル直営店で避難騒ぎ スイス

これまでにも世界中で何件か、iPhoneから煙が出たり、燃えて丸焦げになったりというニュースがあったかと思いますが、ついに直営店内で従業員が作業している中での発煙騒動ですので、事態は深刻な気がします。

今回の件のニュース記事ではiPhoneシリーズの具体的にどの機種なのかまでは言及がなく、古いiPhoneが危険なのか、または最新のiPhoneで起きたことなのかわかりません。またアップル社は記事によると

アップルには何度もコメントを求めたが、返答はなかった。

とのことで、まだ何もコメントを出していないので、今後の詳細の発表を願いたいものです。

以下、少し気になったのでこれまでのiPhone発火・発煙事例の情報を簡単にまとめてみました。

iPhoneバッテリーの発火・発煙事例

充電しながら寝ていたら枕元でiPhone6Plusが爆発

画像出典 iphone-mania.jp

フロリダ州在住のアマンダ・ベンツさんは就寝中、ベッドの脇に置いたナイトテーブルで、iPhone6 Plusを充電していました。

ベンツさんは夜中、花火のようなシューシューという音で目が覚めたそうです。気づくとiPhoneから炎があがっており、枕カバーや布団にも火がついています。ベンツさんの夫も目を覚まし、シーツでなんとか火を消し止めたため、大事には至りませんでした。

引用:iphone-mania.jp

偶然が重なったのでしょうか。同じ通りに住むグレッグ・ミセリさんが先週自宅に戻ると、iPhone6 Plusのバッテリーが膨張し、ディスプレイが割れていました。ベンツさんとは違い、充電中ではなかったとのことです。

引用:iphone-mania.jp

なんと、同じ通りに住む別の人のiPhoneでも1週間前に異変があったとのこと。これは単なる偶然なのか? それとも何らかの気象条件などが要因の1つになっているのか? もしくは同ロットの製品に不具合の起きやすい何かがあったりとかするのか?

その後アップルがどう対応したかの情報は見つかりませんでしたが、寝ながら充電していたら発火とか、家に置いておいたiPhoneのバッテリーが膨張とか、もしこれが火事にでもなっていたらアップルは補償してくれるんでしょうかね? やけどぐらいならまだいいけど、火事は勘弁です。

購入から1ヶ月のiPhone7Plusが発火

iPhone 7 Plusに発火問題が浮上した。先日、Brianna Olivasと名乗る米国の10代の女性が、破損したiPhone 7 Plusのボディの側面から煙があがる模様を収めた動画を公開した。Olivasによるとその端末は2月22日朝に爆発し、彼女のボーイフレンドが動画を撮影したという。動画は既に130万回以上再生されている。

引用:forbesjapan.com

Olivasによると、彼女は今年1月にこの端末を購入したという。最近になり充電が出来なくなり、発火する前日の(2月)21日にアップルストアを訪れたという。その際は従業員がいくつかのテストを行ったところ問題なく動くようになった。しかし、その翌日に彼女のiPhoneは発火した。

引用:forbesjapan.com

この件、買って間もない機種が「充電できない」とお客が持ち込んでいるんだから、アップルストアとしてはバッテリーぐらい交換しておくのがベターな対応だったのかもしれないですね。

iPhone6Plusが爆発して発煙

この出来事があったのは、オーストラリア・クイーンズランドにある携帯リペア店です。店内の接客カウンターを複数の角度から撮影していたカメラの映像には、突然手のひらの中でiPhoneが爆発し、慌てふためく人々の様子などが克明に記録されています。

引用:gigazine.net

iPhone7Plusが新品到着時点で真っ黒焦げ

予約していたiPhone 7 Plusを郵送で受け取り開封したところ、iPhone 7 Plusは以下の画像のように本体が大破した状態になっていたとのこと。iPhone 7はぱっくりと口を開けているかのような姿で、その状況から内部で爆発が起きたことが推測できます。

引用:gigazine.net

iPhoneの発火・発煙事例は決して少なくない

今回情報を探してみて感じたんですが、iPhone絡みの発火・発煙事例って結構少なくないみたいですね。珍しいことかと思って探してみていましたが、わざわざ日本語に訳された記事が存在していないだけで、世界各地の現地語メディアやSNSで話題になっている情報は相当数ありそうでした。

また気になったのが「Plus」シリーズの割合の高さ。これは何かバッテリーにかかる負荷の問題とかで Plus の方が問題が起きやすいとかあるのかもしれませんね。

おわり

今、これを書きながら軽くXperiaの発熱・発煙に関する話題なども検索してみたところ、Xperiaでも結構あれこれあったようです。この様子だとある程度以上の数が出回っている端末ならどれも何かしらの危険を抱えていそうに思えてきます。

とりあえず、あまり不要不急の「寝ている間の充電」とかはしない方が良さそうですね。怪我も怖いけど火事にでもなったらそれこそ大変なので。

カバンの中でモバイルバッテリーで充電しようかな。最悪、カバンの中で発火されても被害は限定的で済むし。

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ iPhone, スマホ関連


トップへ戻る