【TOEIC】社会人がスキマ時間でリスニング力を鍛えるには「ディクテーション」のできるアプリが最強だと思う。

先日初めてTOEICテストを受けてきて、リスニング問題が何を言っているのかあまりに分からなかったので、リクルートが出している英語学習アプリ『スタディサプリENGLISH TOEIC L&R TEST対策コース』というのを使い始めてみました。

これが、使ってみるとすこぶる素敵なアプリで。使い始めてすぐに「これ使える!」と思ったし、友人にも試しに使ってみてもらったらその友人もすぐに気に入っていました。

特に『ディクテーション』という、英語で言ってることを聞き取って書き起こす(アプリ内で文字入力する)学習法がとても効率的で、学習成果もすぐに実感できて良かったです。

ということで、ざっとアプリ紹介がてらあれこれ情報等を記事にまとめてみます。英語学習に行き詰まっている人とか、もっと良い学習法はないかと探している人とか、できるだけ効率的にTOEICの点数を上げたいと思っている人など、ぜひ一度試しに使ってみてはと思います。

リスニング力の向上が如実に実感できる『ディクテーション』

ディクテーションという学習法を今まで知らなかったんですが、英語で語られていることを聞き取って文字に書き起こしていく学習法がとても効果的に感じて驚きました。

しかもそれを『スタディサプリENGLISH TOEIC L&R TEST対策コース』アプリでは上手いことアプリ学習に落とし込んでくれていて、すごく勉強がはかどります。

ざっとアプリ画面の紹介をすると、こんな感じになっています▼

まず『問題演習』…

写真に対してAからDまで4つの説明文が再生されるので、適切な説明文はどれかを選択します。

その問題に対する解説や、それぞれの説明文は何と言っていたのか? などを確認することができます。

で、次に「ディクテーション」

先ほどの問題で写真に対する説明文として再生された音声が流れるので、その音声を文字起こししていきます。

このディクテーションが、リスニング力の向上にすごく効果的なのが実感できます。しかもアプリでの学習であることの良さが活きる、ちょっとした工夫がされていて使いやすいです。

たとえば、文字入力する時、入力可能な文字は都度変化して、それが初学者にとってはちょっとしたヒントにもなって学習がはかどるし、上級者にとっては何も邪魔くささを感じない上に入力間違いが減るだろうし、良いです。

他にも、単語ごとの区切りは、その単語を入力し終わるまでは表示されないようになっています。正解の単語を入力し終わると自動でスペースが入り、「文字数から推測できない仕組み」プラス「スペース入力しなくて良い便利さ」があります。このスペースを入力しなくて済むのは何気にサクサク入力していく上では便利度高いです。

また英文音声は繰り返し何度でもワンタップで再生できるので、これもアプリ学習ならではの使い勝手の良さだなと感じます。自分の場合はこのお陰で「〜 on a 〜」というのがこんなに聞き取るのが苦手だったのかと気付かされ、それを知れただけでも英語力が一歩前進した気がしました。

一週間無料だからとにかく試してみたらいいと思う

説明が下手で良さがあまり伝わっていないかもしれませんが、とにかく、一つの英文をしっかり何と言っているか聞き取れるまで何度も何度も繰り返し聞いて、文字起こししていって、という作業はこれ確実にリスニング力向上の最も効率的な学習法だろうと感じました。

しかも、しっかり聞き取るために自然と集中するので、知らない単語もこの学習の中で自然と記憶に残っていく感じがしています。

月額2,480円

『スタディサプリENGLISH』には「日常英会話コース」と「TOEIC対策コース」とがあり、ここで紹介したディクテーション学習ができるのは「TOEIC対策コース」の方で、月額料金が月々払いだと月2,980円、半年プランだと月あたり2,780円、1年プランだと月あたり2,480円になっています。

これがアプリに対する課金と考えるとちょっと高く感じてしまう向きもあるかと思いますが、今回使ってみて、金額分の価値は余裕であると個人的には思いました。

というか、どこかの英会話スクールに通うぐらいならこのアプリで独りで黙々と勉強した方がはるかに英語力はつくだろうなと思っています。また下手に他の教材に手を出してしまわないで、当面はこれ一本でがっつり勉強し続けた方が良いと感じています。

おわり

「こりゃ良いわ!」というプチ感動から勢いだけで書いてしまいましたが、高校や大学の受験対策以外の目的で英語学習を始めるすべての人に、一度試してみてほしいです。

リンク スタディサプリENGLISH TOEIC L&R TEST対策コース

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ 生活その他


トップへ戻る