茶こしのない急須に『お茶っ葉を入れるティーパック』が便利かも。

一人で使うのにちょうどいい小さめサイズの急須だと茶こしが付いてなかったりしますよね。で、その場合、使ったお茶っ葉を捨てる時には毎回急須ごと水洗いするような形になってしまうと思います。

これ、別にそんなに面倒というわけでもないけれど、でもできればもっと手間がかからない方が嬉しいです。

ということで、近所のドラッグストアで偶然見つけた『お茶用のティーパック』的なものを使ってみたので、紹介がてら記事にしてみます。

お茶っ葉を捨てるのが楽になるティーパック

↑こういう独立した茶こしがないタイプの急須。茶こしもいくらでも売ってるから別売りの買ってくればいいんだけれど、何となく買わないまま使っている人も多いと思います。

で、最近ドラッグストアで偶然見つけたのがコレ↓

単価の安いものなのでアマゾンなどの通販で買うと割高になってしまいますが、ドラッグストアでは1袋100円で売っていました。60枚入り。

袋から取り出すとこんな感じ。

使い方は単純で、中にお茶っ葉を入れて

「ひっくり返すとフタになる構造」をしているので、これで中のお茶っ葉は出てきません。

これを急須の中にポンッと入れて使う。

お茶っ葉を入れる時の手間は増えてしまうけど、捨てる時の手間は減る、という感じですね。

おわり

密閉できる容器を用意して、先にこの“お茶ティーパック”を暇なときにでも大量に作っておくと日々のティータイムがより快適になりそうです。

というかこの記事書いてみて思ったのは、なら初めからこういうの↓買えばいいじゃん? という。

まあいろいろ試してみながら、味と便利さとのバランスなどみて自分好みのベストをこれからも追い求めていこうと思います(←なんだか大げさな言い回しになってしまった)

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ 生活その他


トップへ戻る