これからFXを始める人向けの記事。勝ち方、ツール、証券口座について

「FXを始めたい」という友人が2人いるので、口頭でいろいろ一気に伝えても覚えきれないだろうし、でも2人に都度あれこれ説明していくのも面倒なので、手間を省くために記事にしてみました。

「初めに話すとしたらこの辺りのことかな」というのを考えて記事化したので、FXが気になっている人、これから始めてみようかと思っている人は参考にしてみてください。

内容はざっくり言うと「FXの勝ち方について」と「トレードする時に使うチャートについて」と「国内証券口座と海外証券口座について」です。

FXの勝ち方

自分なりのトレード・ルール(手法)作りから

FXをやっていく上でまず何より、とにかく必要なのが『自分なりのトレードのルール』です。

世の中には、ちょっと信じがたいことだけど、このトレードルールの確立をせずにトレードを始めてしまう人も結構いるようです。が、そんな人々は100%負け組だと思います。意味が分からないです。

武器も持たずに戦場に赴いて、なぜ生き残れると思うのか。

とにかく何でもいいから(トレード手法は世の中にいろいろある)、自分なりの武器を見つけて、それを携えて為替相場に臨んでください。

勝ってるトレーダーはどういう手法でトレードしているのか?

勝ち組トレーダーと負け組トレーダーとをざっくり2つに分けてしまうと、傾向として明確に違う部分があります。

それは、勝ってるトレーダーは手法がシンプルで、チャートもすっきりしていること。逆に負けが多いトレーダーの手法というのはややこしくて、チャートもごちゃごちゃしていることが多いです。

手法はシンプルでないと、判断に迷いが生じる元になります。判断に迷いが生じると、あらゆることがグダグダになります。精神的にも疲れていろいろ崩れていく可能性が増すし、負けトレードから失敗の原因を学ぼうにも学べなかったり、そんなことをしている内にあらゆる局面がチャンスのようにも見えてきて無駄打ちが増えてガンガン資金を減らしていってしまったり。

なので手法はシンプルであった方が良いというより、シンプルでなければならない、ぐらいに考えていた方が良いかもしれません。(私はそう考えています)

FXトレードの基礎教養

FXトレードをこれから始めるという人にとって、最低限これだけは知っておくべきという知識は、おおよそ以下のことかと思います。

  1. ダウ理論の触り程度の解説には目を通しておいた方がいい
  2. 基本的なローソク足シグナル
  3. チャートパターン

『ダウ理論』が実際のトレード根拠の一つとして使えるかと言えば、まったく使えないのですが、それでも初心者のうちは相場のトレンドというものを理解する上で多少なりとも理解の助けになる部分があるので、一度目を通して理解するだけしておいた方がいいです。

リンク ダウ理論|外為オンライン

『ローソク足シグナル』は、どれだけ経験を積もうと永遠に研究余地のあるぐらいに奥深いものだと思います。が、初めからそんなに分かる状態になるのは無理があるので、基本的な「ピンバー」「エンゴルフィンバー(包み足)」だけでも見慣れておきたいところです。

「どういうところで出たピンバーが価値あるか」とか「どういう流れで出たピンバーは反転シグナルとして意味を持つか」とか。そういうことを意識しながら過去チャートを観察してみてください。

『チャートパターン』は、まったく意識せずにトレードして勝ち続けている人も多いとは思いますが、知らないより知っていた方が良いと思います。(なかにはチャートパターンだけを頼りにトレードして勝ち続けている人もいます)

リンク チャートパターン|外為オンライン

チャートパターンをよく理解できていると、パターン成立時のトレード根拠がより信頼度の高いものになりますし、取引き自体はデイトレードでも、上位のたとえば4時間足チャートのチャートパターンを根拠に次に進む方向が読めたりすることもあります。

▼初心者はこちらのウェブセミナーも一通り目を通したら勉強になります

リンク XMのFXウェビナー

トレード手法の検証の仕方

検証の仕方にこれという一定の方法論はありませんが、一つの例として私が過去にやっていた検証の仕方はこんな感じです。

エクセルやGoogleスプレッドシートを使って、過去チャートを見ながら「ここでエントリー、ここで手仕舞い、結果はこう」というデータを入力していき、その手法が通用するものかどうか、勝率や資金の変化を検証します。

すごく手間がかかって面倒だけれど、やるだけの価値はあります。というのも、ただチャートを眺めるのとは違ってデータとして勝率や資金の変化の数字が具体的に見れるので、自分の手法に対する信頼度がすごく上がり、実戦に自信を持って臨めるようになります。

手法の勝率はどの程度が適切か

トレード手法の勝率は何割以上でないとダメ、というのはありません。勝率3割でも、勝つ時は大きく勝てて負ける時は小さく負けるような手法であればトータルで資金を増やしていけるだろうし、逆に手法次第では勝率9割以上でないとよろしくないという場合もあるし。

ただ、たまに玄人ぶって「勝率なんか低くても良い」と言う人もいますが、個人的にはそうは思いません。できる限り、勝率は100%に近い、9割超えを目指したいものです。

実際、勝ち続けている人の中には「今月は負けなし」「ここ3ヶ月間1回も負けてない」なんてことも度々あるほどに高い勝率の手法でトレードしている人もままいます。

手法の違いによって求められる勝率も全然違ってきますが、特に大きく稼いで稼ぎ続けることに成功している人というのは、勝率の高い手法で大きなロットでトレード(=1回毎のトレード収益が大きい)している傾向があります。

別に小さなロットでたくさんのトレードをして勝率7割とかで資金を増やしていく考え方も悪いわけではありませんが、なかなかそういう手法で資金を10億円規模とかにまで増やしたという話は聞けません。

通貨ペアによる特徴の違い

同じ為替相場でも通貨ペアごとに値動きの特徴には違いがあります。その違いを認識せずに適当な通貨ペアで実戦トレードしてしまうと「思っていたような成績が残せない!」なんてことにも十分なり得ますので注意が必要です。

手法がある程度形になってきたら、自分の手法が一番マッチする通貨ペアを探してみたほうが良いです。

損切り・ロスカットについて

損切りは必須!と言う人がほとんどですが、私はそうは思いません。ナンピンを上手く行って勝ち続けているトレーダーも世の中にいないわけじゃないし、これもやはりトレード手法次第です。

損切りしないことを前提に手法を考えれば、自然と取引きロット数もかなり抑えたものになるだろうし、その場合は損切り必須とは言えないでしょう。

ただ人にお勧めできるかと言えばもちろん微妙です。かなり微妙です。そもそも損切りしないでもやっていける程度の小さいロット数(取引数量)でトレードをしていくこと自体がお勧めできません。

1回1回のトレードで想定するリスクがあまりに小さいと、往々にして人は適当なトレードをし始めてしまいます。リスクが小さい分、期待できる利益も小さくて、真剣味が薄れてきます。

すると結局最後にはルールもくそもあったものじゃなくなってしまうのがオチです。

損切りしない手法でやっていくならそれはそれで良いけれど、ルールを無視するのだけは絶対的にダメです。もちろん、損切りする手法なのに損切りしないのは論外です。

ちなみに私の手法としては損切りは3~最大10pipsの幅です。理想としては3pips以内に抑えたいのですが、まだ下手くそな部分があって最大10pipsぐらいの損切り幅になってしまうことがある、という感じです。自分のトレードにおいては損切りしないということはあり得ません。エントリーする前から損切りするポイントは決めて、エントリーします。

FXで使うパソコンやツールの話

FXトレードはパソコン1台で十分

『トレーダー』というと何か、何台ものパソコンとモニターを揃えたかっこいいトレーディング環境でトレードしているイメージを持っている人が多いかもしれませんが、ことFXトレーダーに関しては決してそんな環境は必要ありません。(株だと少し話が変わってくるかもですが)

稼げている個人トレーダーは、かなりの割合の人がノートパソコン1台やデスクトップPCにモニター1枚でトレードしている印象(正確な統計はないのでわからないけど)です。

なぜノートパソコン1台でも平気なのか? それは、それだけトレード手法がシンプルだからです。

シンプルじゃなきゃ再現性が低いし、安定して勝ち続けることは困難です。逆に言うと、再現性が高く(今日も明日も来週も来月も来年も通用する)安定して勝ち続けることができる手法は、慣れればノートパソコン1台で十分なぐらいシンプルだということです。

チャートはMT4を使う

相場を分析したり、取引きの注文を出したりするのに使うチャートは、自分が証券口座を開いた証券会社のホームページからダウンロードできる MT4 というチャートを使うのが一般的です(注:海外証券口座を使う場合)。MT5というのも今はありますが、MT4が一般的です。

たとえば私の場合は XM という証券会社の口座を使っているので、XMのホームページからダウンロードしたMT4を使ってチャート分析からトレードまですべて完結しています。

リンク XMTrading MT4

ちなみにMT4は基本Windows上で動かすもののため、macを使っている場合はmac対応MT4のある証券会社を使う必要があります。私はメインマシンがmacなため、XMのmac対応MT4を使っています。(日本語化に不具合があったりして初心者にとっては若干使いづらいですが、英語のまま使っていればそのうちすぐ使い慣れます)

国内の証券会社を使う場合も、分析用のチャートは通常MT4を使います。SNSなどにチャート画像をアップしている稼げているのかいないのかよく分からない人たちの画像ではMT4以外のチャートの画像も多いですが、バリバリ稼いでいる人は通常、MT4を日常的に見ています。

スマホ版のMT4

MT4にはスマホ版のもあります。スマホアプリも一応スマホに入れておくことをおすすめします。

というのも、もしも自宅が天災で停電とかにでもなった時、スマホからポジションの決済注文や逆指値注文(損切り注文)ができるようにしておくのは一つの保険になるからです。

アプリのインストールをして、一度ログインしておいて、いつでもスマホから操作できるようにしておくといいです。

国内証券口座と海外証券口座の違い

これからはFXやるなら海外証券口座一択

これまではFXをやるのに国内口座を使うか海外口座を使うか、好みが分かれていたところがあります。しかし今後は、国内証券の規制が強くなり、FXの最大の魅力であるレバレッジがこれまでの最大25倍から今後10倍にまで下げられてしまうことが決定しました。

このレバレッジ、海外口座の場合は最大888倍というのがよくある倍率です。たまに1000倍なんてのもありますが。

10倍と888倍じゃ、ゲームが違うと言ってもいいぐらいに違ってきます。なにせ、たとえばドル円で1ロットのトレードをするのに必要な資金はレバ10倍だと100万円以上で、888倍だとそれがわずか1万円ちょいぐらいで済みます。全然別物です。

ということで、これからFXを始めるなら海外証券口座を使うのが良いのではないかと思います。

スプレッドの広さが違う

国内FXと海外FXとの最大の違いはスプレッド(売値と買値の差)の広さにあります。

このスプレッド分で証券会社は儲けを出すわけですが、これが国内のFX会社だととても狭くて、海外のだと広めで、もちろんこのスプレッドは狭ければ狭いほどトレーダーにとっては嬉しいので、スプレッドの広さが海外証券口座のデメリットとなっています。

ただ、そうは言ってもレバ10倍と888倍の差を埋められるほどのデメリットではないので、広いスプレッドでも十分な勝率が保てるトレード手法を見いだしていくしかないでしょう。

よく知らない証券会社を使うのは危険かも

海外の証券口座となると、その信頼性が心配になります。で、その点、私自身も人に何か教えられるほど詳しくあれこれ調べたことはないのでよく分からないのですが、とりあえずユーザー数の多い会社をと思って私はXMを使っています。

恐らく今のところ日本人ユーザー数は一番多い海外証券会社なのではないかと思われます。

なかには、せっかく積み上げてきた利益がいざ出金しようと思ったら出金できなかったり、という悪質な業者もあるようです。なのであまりマイナーな会社は使わない方が無難かと思います。

おわり

かなり駆け足で書いてきましたが、とりあえず最低限のことは網羅できたかなと思います。

何か分からないことなど質問ありましたら、コメントか、サイドバーのプロフィール欄にあるメールフォームからご質問ください。

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ FXの話
使っている海外FX業者↓
使っている海外FX業者↓


トップへ戻る