SoftBank Air回線でも荒野行動は快適にプレイできるか?【動画あり】

大ヒットしているスマホゲーム『荒野行動』。
かなりハマっています。

すごく面白いんですが、ただ高機能?なゲームゆえに状況によってはラグ(画面のカクつき)が酷くてまともに遊べないこともあります。

で、自宅のネット回線に SoftBank Air を検討している人の中には「荒野行動はできる?」と気になる人もいるのではないかと思ったので、SoftBank Air 使いの僕が僕の環境下ではどうなのか、リアルな話とプレイ動画をアップしてみます。

あくまで「僕の自宅では」という話であって電波の受信強度の違いによっては話がぜんぜん違ってもきますので、その点だけはご注意ください。

SoftBank Air でも荒野行動を普通に楽しんでいます

まず先に結論から。僕は荒野行動を普通に楽しくやれています。SoftBank Air 回線ですが。

一応、SoftBank Air はゲームをするのには向かないネット回線であるのは事実なのですが、そうはいっても電波強度が十分な環境においては「別に普通に遊べるよ」という感じ。

どうしても光回線のような安定感はないので、時によっては動きが重たく感じるようなこともたまにありますが、ほとんど気にならない程度で済んでいます。

SoftBank Air の「Ping値」について

オンラインゲームをプレイする上で重要になるのはネット回線の Ping値というもの。この値がその回線の“反応の良さ”を表していて、ゲームをする上では回線“速度”よりもこのPing値の方がより重要になってきます。

で、SoftBank Air のPing値は、これは電波強度次第のところが大きいので一概には言えないのですが、私の環境下ではおおよそ「50ms」前後が通常といった感じです。

50ms前後というのは、荒野行動のようなタイプのゲームをプレイする上ではかなりギリギリの数値だと思います。でもゲーミングPCでゴリゴリにやり込むわけじゃないので僕としては「ギリギリ合格」な反応速度かなという風に感じています。

Ping値は数字が低ければ低いほど良いのですが、荒野行動みたいなタイプのゲームをする上では「50ms」というのが一般的に分水嶺というか快適にプレイできるかどうかの目安の一つとされています。「50msを下回っていたら良い」「50msより遅いようだとキツくなってくる」と。

でも僕がプレイしている限りだと実感として『50ms台で安定している限りは十分快適にプレイしていられる』と感じています。まだ下手くそだからかもしれませんが、50ms台であれば良いんじゃない?と感じています。

どちらかと言うと、問題はPing値の安定感

50ms台のPing値であればギリ合格かなと感じているのですが、ただ SoftBank Air 回線の問題は光回線などと比べて通信が安定しないこと。Ping値もプレイ中に結構頻繁に上下にブレます。時には大きくブレます。

具体的にどの程度ブレるかと言うと、速い時にはたまに「35ms」とかの良い数値を出してくれる瞬間もありますが、逆に遅くなる時にはたまに「150ms」ぐらいの悪い数値を出すこともあります。

プレイ中は常にPing値が微妙に変化し続けていて、その中でたまに上記のような大きなブレがある、という感じです。記事後半に貼り付けた僕のプレイ動画でも左下にPing値が確認できるので注目して見てみてください。

で、この大きなブレが、ちょうど敵と交錯しているようなタイミングとかで訪れてしまうと、その勝負では結構致命的だったりします。

なのでたとえば「プロゲーマーを目指すぞ!」みたいな本気な人であれば絶対に SoftBank Air 回線はおすすめできません。それは断言できます。ただ普通にちょっと遊びたいだけであれば、まあたまに回線のせいで負けることがあってもそれは割り切ってしまえるんじゃないかなと思いますが。人によるでしょうけれど。

ゲーム動画をアップしている人たちの回線速度(Ping値)

参考までに、荒野行動のプレイ動画をアップしているYouTuberの人たちの動画からPing値がどの程度の回線でプレイしているのかの情報を。

荒野行動のプレイ動画では一番人気?っぽい『黒騎士Y』さんの場合。

複数動画を見てみて、結構数値のブレがある印象でしたが、概ね「50ms前後」。基本的には「40ms台で安定していることが多い」という風に見受けられました。僕が確認した動画の範囲では。

少なくとも荒野行動においてはめちゃ強い黒騎士Yさんがこの程度の速度で結果を出せているんですから、僕の環境下ではとりあえず僕が弱い理由を回線速度のせいにはできなさそうです。

また他のYouTuberの動画を確認してみると、速い人ではやはり20ms台で安定している人がいました。一例として「テンションMAX十六夜」さんの動画キャプチャです▼

本当はこの手の瞬発力を求められるゲームにおいてはこのぐらいのPing値が理想的だと思います。

でも、黒騎士Yさんがここまで速い回線ではないので、であればPing値もあまりシビアには考える必要がないのかもしれませんね。

50ms台で安定していれば合格、という僕の感覚は間違ってはいなかったっぽいです。

SoftBank Air 回線でのプレイ動画

この記事を書くことを思いついてから初めて僕もプレイ動画を撮ってみました。

荒野行動のアプリ内に録画機能があるのですが、それを使うと僕のiPad mini3は激重になってしまいます。なのでMacにつないで画面収録(録画)しながらプレイしてみました。でもこれでも少し画面が普段ないカクつきをして、本当の普段通りのプレイ動画にはなりませんでした。

その点ご了承の上、参考までに「SoftBank Air回線で荒野行動」の一例として見てみてください。

おわり

とりあえず言えるのは、電波強度さえ十分であればネット回線は SoftBank Air でも戦える、ということ。

SoftBank Air の電波強度がどの程度かは実際に自宅に置いて使ってみないことには分からないので、その「使ってみないと分からない」という点こそが最大のネックになってしまいますが。。

ちなみに僕の自宅の SoftBank Air の電波強度は最強というわけではありません。同じ SoftBank Air を使っていても僕の自宅よりもっと電波強度が強い人も結構います。僕の自宅の場合は電波強度は「中の上」ぐらいの感じだと思います。それで十分楽しめているので、繰り返しになりますが電波強度さえ良ければ荒野行動やるのにも SoftBank Air で問題ないと思います。

以上です、
ではまた

トップへ戻る