『GIOS ミストラル』が届いたので、クロスバイク初心者が感じたことをつらつら書いてみる

クロスバイクを買いました。スポーティな自転車は人生初です。自転車に乗ること自体、10年以上ぶりです。運動不足解消になればと思って、近所の買い物や、たまに少しロングライドもできたらいいなと思って、クロスバイクのある生活をしてみることにしました。

初心者向けの「値段が高くなく、性能面がコスパ良い」というクロスバイクとなるとGIANTの『ESCAPE R3』あたりが有名というか今ネットで検索するとよく目につく情報ですが、あまりにド定番すぎる感じがちょっと僕としては食指が動かない感じだったので、僕はGIOSの『ミストラル』という自転車を選びました。

ミストラルも初心者にとってコスパ(値段対性能)の良い車種として人気らしいですが、ド定番というほどな感じの印象を受けなかったので、まあ良いかなと。

また、偶然ですが限定色のマットブラック色を買えるチャンスがあったので、それもミストラル購入の決め手になりました。安心して乗れる車種で、見た目にあまり被る人がいないというのは嬉しいです。

で、とりあえず初めてのクロスバイクということで、初めての頃しか書けない感想とか思ったこととかあると思うので、今後クロスバイクの購入を検討する人がネット上で偶然この記事を読んで何か参考になることもあるかもしれないという期待を込めて今書けることを適当につらつら書いてみようと思います。

初めてのクロスバイクと「ミストラル」の感想

満足度高し

5万円前後の価格帯のクロスバイクとしては性能面では文句なしのものだと理解して選んでいたので、走り心地や制動力などに関しては何も文句がありません。こんな空気圧の高いタイヤを履いた自転車には初めて乗ったので、路面の凹凸から来る衝撃は結構強く感じます。でもそれも「なるほどこういう感じなのか」という感じ。

で、性能的には満足な車種として選択肢がいくつかあった中、デザイン的に一番気に入ったものを選んだので、見た目の満足度も高いです。

結果、大満足です。

見た目で気に入ったものを選ぶのって大事

これから初めてのクロスバイクをどれにしようか迷っている人に1つアドバイスみたいなことを言うとしたら、「最後は見た目で気に入ったデザインのものを選んだ方がいいと思うよ」ということ。

どれを買おうか迷っている、その選択肢の中に入ってきている時点で、その自転車の性能面はとりあえず合格ラインにあるんだと思います。であれば、あとは多少の性能差なんて細かいことは気にせず、満足度に影響の大きいデザイン面の優劣で最後は選んだほうが良いのではないかと。

まあ、「クロスバイクに乗る」ということの意味が人によって多少違ったりもするので、性能が唯一絶対の基準だったりする場合もあるかもしれませんが。普通に街乗り〜ちょいロングライドを楽しみたい程度であればデザイン的にお気に入りかどうかというのも重要なポイントだと思います。

クロスバイクを通販で買った感想

梱包材の処理が少し面倒

自転車はダンボール箱に入った状態で届きました。この大きなダンボール箱の処理が初め「こんなのどうやって捨てよう…」と一瞬思いました。

前輪が外されている状態とはいえ自転車の入っていた箱ですのでかなり大きいです。なのでカッターである程度のサイズに小さくカットしてからまとめて、それで地域のゴミ捨ての方法に従って処理することになるかと思います。

前輪の取り付けと前輪ブレーキのセッティングは簡単だった

前輪が外されている状態での配送だと、乗り出すには自分で前輪を取り付ける必要があります(まあ最悪、車で近所の自転車屋に持ち込むこともできますが)。

前輪を取り外すにはまず前輪のブレーキのワイヤーを外すのが手順なので、逆に、前輪を取り付けるには取り付けた後にブレーキのワイヤーも自分でセッティングしなきゃなりません。

これを僕は知らなかったのでこのことに気付いた瞬間「うわっ、前輪ブレーキ無しのまま一旦自転車屋に持ち込むか!?」とも考えたのですが、試しにYouTubeでブレーキの取り付け・取り外しの解説動画を見てみたらとても簡単そうだったので、自分でやってみて、そしたら実際とても簡単でした。

サドルを固定するには六角レンチが必要

通販で買うとサドルも抜かれた状態で届きます。これを自分で挿して自分に合った高さで固定して乗り出すわけですが、このサドルを固定するためのネジが六角レンチで締めるタイプのネジになっています。

その他にも自転車パーツのネジにはこの六角のネジが多く使われているようなので、とりあえずちょっとした整備ぐらい自分でやりたいですし六角レンチは持っておきたいものです。

僕は六角レンチを持っていなかったので、とりあえずサドルを固定しないまま近所のホームセンターまで乗っていき、こういう↓六角棒レンチの安いやつを買ってそのままホームセンターの駐輪場でサドルを固定しました。

いずれちゃんとした自転車用の工具セットを買いたいと思っていたので、ただ当日はとにかく今すぐ少しだけ乗りたい!と思って、僕はとりあえず激安の六角棒レンチを買いました。でも計画的な人は安物買いの銭失いみたいにならないようにちゃんと初めから良いもの選んでおいた方がいいかもしれません。工具類は良いもの買っておけばずっと快適に使えますから。

場合によってはいろいろ微調整も必要になると思う

今回僕の場合はブレーキの効き具合いもギアチェンジの感じも最初から何も調整しなくとも快適だったので良かったのですが、買ったお店やそのお店でたまたま担当した人の技量や性格によっては、こちらに届いてからこちらで各所の微調整が必要な場合もあるんじゃないかなと思います。

そういう場合は、何か違和感感じたり不安を感じたりした場合は、面倒臭がらずにすぐに近所の自転車屋に持ち込んで調整をお願いした方がいいと思います。タイヤの空気圧も適正かどうか分かりませんし。

おわり:走ってみた感想

まだ総走行距離20kmぐらいですが、ふとももの疲労感とかとても気持ちいいです。あと、大人になるとなかなか普通にしていて健康的な日焼けってできないと思いますが、自転車に乗っていれば適度に日焼けもできそうで嬉しいです。

道は車通りが少なくて快適に走れるところと、恐る恐る走ることになってしまうところとあります。その辺、もう少し近所〜数キロ以内の範囲ぐらいはベストなルートを見つけていきたいなあと思っています。

と、とりあえずこんなところでしょうか。
天気の良い日はなるべく走って、体力つけて、慣れてきたらロングライドもしてみたいと思います。

以上です、
ではまた

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ クロスバイク, 生活その他


トップへ戻る