iPad Pro で最高のマインドマップ環境が手に入った!という話。

考え事をするときに何でもかんでもとりあえずマインドマップ的な手書きのメモをしながら考えるように習慣づけています。

で、そんな僕としては「こりゃ最高だ!」と興奮せずにはいられない手書き環境が整ったので、きっと世の中の誰かにとっては有益な情報になるだろうと期待して紹介してみようと思います。12.9インチの iPad Pro と Apple Pencil と OneNote の組み合わせで実現した“最高のマインドマップ環境”です。

自分としてはほんとに長年願っていた環境がやっと手に入ったのでとても重宝しています。マインドマップ以外にも、日々のトレードの反省とかの記録にも大活躍しています。

iPad Pro と OneNote ならマインドマップが手軽に快適に書ける!

iPad と Apple Pencil の組み合わせで手書きメモアプリを使えばマインドマップが書けそうなのは想像がつきます。でも実際のところ、マインドマップを普通のノートみたいな“ページ”に書いていくと、微妙です。

改ページされるところの区切りが非常に邪魔だし、ページ幅に合わせた書き方をしなきゃならないから自由度が低く、その自由度の低さが発想を制限してしまう感じがして微妙です。

なるべくならマインドマップは大きな一枚の紙を用意して書きたい、というのが理想です。

マイクロソフト社の OneNote が凄くいい

そんな、なるべくなら“一枚の大きな紙”がいい、という理想をデジタルデバイス内で実現してくれたのが OneNote というアプリです。

リンク OneNote

Microsoft の OneDrive 関係のサービスの一つなんですかね、詳しいことは全然知らない & ずっと Mac ユーザーだったのでつい最近までこんなサービスがあることも知らなかったのですが、これ凄くイイです。

OneNote の何がいいって、ページの幅に制限が無いんです。

たとえばマインドマップを書いていて予想外に横に横に枝が伸びて行ってしまうことってありますよね。そういう時に普通のノートやあまり大きくない紙に書いていた場合は横幅という制限に悩まされると思います。でもそれが、横幅に制限のない OneNote なら余計なことを気にせずガンガン横方向に枝を伸ばしていけるんです。

また改ページの不便さもありません。下にもページの区切りみたいな概念が無くどんどん伸ばして行けるので、必要があれば必要なだけその“ページ”を大きくしていくことができます。

個人的には「そうそう!こういうのを求めていたんだよ!」というドンピシャの設計で、手書き以外の用途にもとても重宝しています。こういうブログ記事を書く際にもその下書きの前段階の、何を書くかを要素ごとにまとめたりして頭の中を整理するのにも使えていて、すごく便利です。

PC版とiPad版では機能に若干の違いがあるみたい

ちなみにこの OneNote、どうもPC版とiPad版とでは若干の機能の違いがあるようです。PC版はフル版で、それに比べるとiPad版は微妙に機能の制限がある感じ。

具体的には今のところ僕が気づけているのは

  • 「セクション」の機能制限
  • テンプレートの有無

です。
きっと他にも微妙に違いがあると思います。

「セクション」については、セクショングループという概念というか機能がPC版ではありますが、iPad版の方ではセクショングループを新設することができません。実際に OneNote を使いだしてみれば恐らく多くの人がセクショングループでセクションをまとめたくなる時があるんじゃないかと思います。そういう場面が来たらPC版で OneNote を開いてセクショングループを作成してみてください。作成されたものを使用する分にはiPad版でも問題ありません。

テンプレートは、…これは正直僕は使う可能性がほとんどないと思っているのであまりよく分かっていませんが、PC版ではテンプレートもダウンロードして使えるらしいというのをどこかのタイミングで知りました。でも興味ないのでそれ以上のことは分かっていません。

おわり:若干のラグはあるけど、OneNote最高。iPad Proも最高

去年の年末に何年ぶりかに Windows の PC を気まぐれ購入しまして、するとプリインストールされていた OneNote が何となく気になって、ちょっと使ってみたら「やばっ。これ俺がずっと求めてた感じのものじゃん!!!」と喜んで、

そうしたら「あの OneNote があれば俺の書き溜めてるノートとかも今後は全部デジタル化できるじゃん!?こりゃ iPad Pro 買うしかないな!」となり、ちょうど出たばかりの新型iPad Pro と Apple Pencil があったので値段に少しビビりながらも思い切って購入し、今日に至るまでバリバリ毎日使いまくって日々を過ごしています。

今までルーズリーフに書いてファイリングしていたようなものは、今後はもう完全に OneNote に集約される見込みです。Apple Pencil の書き味が軽くて楽だからか勢い余って最近では日記もつけるようになりました笑

また別記事にして紹介しようとも思っているんですが、FXなどのトレードをしている人にも、分析や記録のために iPad Pro × Apple Pencil × OneNote の組み合わせは超おすすめです。

今までプリントアウトしていたチャート図も今ではスクショして OneNote に貼り付けるだけで済むようになって、しかも書き込みとかも自由自在だからすごく便利になりました。

iPad って、なんとなく欲しかったから買ってみたけどすぐに全然使わなくなって無駄にしたというタイプの人もかなり多い印象です。動画見るだけとか、想定用途がそのぐらいしか思いつかない場合は大抵無駄になるみたいです。

でも手書きであれこれ書くのが好きな人なら、いよいよ本当に実用に耐えうるレベルのものに仕上がってくれた感があるので、そろそろ iPad Pro、おすすめです。僕は久々いい買い物したなぁという満足感でいっぱいです。


以上です、
ではまた

Apple iPad Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 64GB) - スペースグレイ

Apple iPad Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 64GB) - スペースグレイ

120,740円(07/16 10:35時点)
Amazonの情報を掲載しています
Apple Apple Pencil(第2世代) MU8F2J/A

Apple Apple Pencil(第2世代) MU8F2J/A

14,636円(07/16 10:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

シェアする

RSS/Feed

同じカテゴリーの記事一覧→ iPad Proが愛おしい


トップへ戻る