【iPhone】3Dタッチのカーソル移動って難しくない?「空白」長押しの方が簡単な気がするよ!

iPhoneって、カーソル移動に少し難がありますよね。Androidから乗り換えた人なら誰もが驚く使いづらさがあります。

で、でも今は3Dタッチという機能があったりもして、少しその難点が解消されたかなという感じでもあるんですが。

ところがこの3Dタッチ、最新のiPhoneのラインナップを見てみても一部の機種には搭載されていなかったり、また今後の機種では遠くない未来に3Dタッチ機能が廃止されるという話があったり。

そして何より、これは自分の感覚的な問題と言えばそれまでですが、「3Dタッチでのカーソル移動はやり辛い!」と感じています。だから僕は普段3Dタッチでのカーソル移動はしていません。

で、まあ多少の扱いづらさともうまく折り合いをつけてiPhoneをずっと使い続けてきていたんですが。

最近、偶然いい方法を知りました。自分的には3Dタッチよりはるかに操作しやすいカーソル移動の方法を。それが「空白」の長押しでカーソル移動させる方法です。

「空白」を長押ししてカーソル移動する方法

やり方は(もちろん)簡単です。

たとえば Safari や Chrome といったブラウザで検索する時、一度入力した検索ワードを一部だけ別のワードに変えて検索したかったりとか、そういう時にピンポイントでそのワードのところにカーソルを合わせるのがiPhoneは少しやりづらかったりします。

それが「空白」の長押しでカーソルを移動できる状態にすると、狙ったところにカーソルを合わせるのがすごく簡単。文字で説明するより動画で見てもらったほうが早いと思うので、空白キーの長押しでカーソル移動している様子を画面収録してみました▼(検索ワードの中から 12.9 を 11インチ に変更したい、という場面)

ScreenRecording 02 05 2019 22 06 31

こんな風に簡単にカーソル移動できます。3Dタッチみたく「強く押し込んで…」みたいな微妙な加減を必要としないので、個人的にはこちらの方がはるかに扱いやすくて好きです。

この方法、実は結構前の iOS のバージョンから実装されていたらしいんですが、あまり広くは知られていない気がします。もったいない。

シェアする

RSS/Feed

同じカテゴリーの記事一覧→ iPhone


トップへ戻る