SoftBank Air は使い放題。通信制限がないから家族全員でいくらでもネット通信できます

SoftBank Air の魅力の一つは、無線通信のサービスなのに通信量が無制限で使い放題だという点です。

使い放題なのは、固定回線なら普通のことですが、たとえばモバイルWi-Fiみたいに無線接続のサービスだとスゴいこと。僕の知るかぎりだと他に(本当の意味で)使い放題のものを見たことがありません。

「ガンガン使いたいなら固定回線引けばいいじゃん」と思う人もいるかもしれませんが、固定回線を引くための工事などの面倒な部分が無くて、それでいて固定回線と同じように無制限で使える。そこが SoftBank Air の良いところです。

こっそり小さな字で「3日間で●GBを超えたら…」

SoftBank Air と人気を二分する無線接続のネット回線に「モバイルWi-Fi」があります。ブランド名は出しませんが、ちょうど2年半ぐらい前に SoftBank Air が出たタイミングと同じタイミングで「使い放題」を謳って話題になりました。

当時僕もちょうど自宅の光回線を解約して何か他の回線に乗り換えたくて仕方なかったので、あれこれ検討しました。

ただその中で、モバイルWi-Fiのサービスでは使い放題を謳っていながらもサービス説明の中で小さな文字で「通信量が3日間で●GBを超えた場合、翌日は通信制限がかかります」といった内容のことが書かれていました。

それを見てああこれはナイな、自宅で使う工事不要の回線なら SoftBank Air で決まりだな、と判断したのを覚えています。

本当に「無制限」の無線接続サービスは他に見たことがない

ところが当時世間では「持ち歩き可能なモバイルWi-Fiが通信量無制限!」と話題になっていて、その僕が選択肢から外したモバイルWi-Fiの契約者数はかなり増加したようです。…そして案の定、サービスが開始されてから「通信制限がかかった!」「無制限ってのは嘘だった!」と炎上騒ぎになっていました。

外野から眺めていた僕としては「確かに小さな字で書いてあったのはイヤラシイけど、でもサービス説明としてちゃんと書かれていたのは事実なのに…みんなそんなにちゃんと説明読まずに契約しているのか……」と驚きました。

自宅でのネット通信は意外と容量が大きくなるもの

自宅で通信量を気にせずネット接続していると、ネット中毒・スマホ中毒というわけではなくても案外通信量は大きなものになっていたりします。

たとえばいくつものアプリを同時にアップデートしたりすれば、それだけで少なくない容量のデータ通信を必要とします。

そんな時、通信量に制限のあるサービスを使っていると、非常にストレスに感じます。日ごとの通信量を大きくなりすぎないよう管理するためにアプリのアップデートのタイミングをわざわざスケジューリングするとか面倒すぎて有り得ないし。でも計画的に通信しないと恐らく制限を受けることになるし。

家族全員で複数端末の同時接続も可能

SoftBank Air は複数の端末で同時にネット接続できます。

僕は一人で使っていますがそれでもメインのパソコンにたまにサブのパソコン、そしてスマホとタブレット、と多い時は4つの端末で同時にネット接続していますが、特に不具合などを感じたことはありません。

おわり

今って厄介な時代で、サービスで「無制限!」とか「使い放題!」と謳っていても、本当にそうであるかどうかはよくサービス説明を精査してみないと分からなかったりします。これはネット回線の話に限らず、色んな面で、明らかに誤解させるような表現も当たり前のように使われている気がします。

なので SoftBank Air の使い放題という宣伝も、注意深い人は「本当かな?」と確認したくなると思いますが、これについては本当です。もう2年以上(自宅仕事なので普通の人よりはるかに多く)使ってきたけど一度も通信制限を受けたことはありませんので大丈夫です。

トップへ戻る