SoftBank Air は「工事不要」って、どういうこと? 要は“ミニ基地局”。電話回線を使うものとの違いを解説

SoftBank Air はネットの接続に電話回線を使わないので、導入時に工事をする必要がありません。SoftBank Air の機器である「Airターミナル」というものが届くので、それを家の中のなるべく電波の良さそうな場所に置いて、コンセントを差し込むだけでネット接続の準備は完了します。

これ、すごく手軽でいいんですが、なかには「え?それってどういうこと?」という人もいるようなので、公式サイトでも解説されていないもう少し具体的な部分をここで解説してみます。

要は、自宅に設置した SoftBank Air の機器が「小さな電波基地局」みたいな役割をする、ということです。

SoftBank Air はなぜ工事不要でネット回線が引けるのか

通常、自宅の固定回線と言えば、電話回線の辺りをゴニョゴニョと工事して、ネット回線用の線を自宅内に引いてくることで回線が開通します。

もう少し正確に言えば、その自宅内に引いてきた線の先にモデムやルーターといった機器を取り付けて、それらの機器を通して自宅内でネット接続ができるようになります。

ところが SoftBank Air の場合、そういった一般的に「よく分からない」感じのものが何も要らなくて、SoftBank Air に申し込む → 専用の機器が届くのでそれを置いてコンセントを差し込む → 自宅にネット環境が整う。という超がつくほど簡単な準備だけで自宅にネット環境を用意することができます。

無線の回線だから工事が要らない

一般的な固定回線は、物理的に“線”を自宅内に引き入れてくることでネットの世界と接続しています。

でも無線電波を利用する SoftBank Air の場合、スマホの電波とかと同じようなものなので、物理的な“線”が必要ありません。だから「コンセントを差し込むだけで」という仕組みになっています。

SoftBank Air は簡単。工事無しですぐにネット接続が可能!この手軽さの価値は大きいと思う
SoftBank Air のネット接続の方法について、細かな部分の解説です。

スマホと同じような電波じゃ、貧弱なんじゃないの?という不安

スマホなどの携帯の電波と似た無線の電波を使った回線じゃ、なんとなく弱そうというか、たとえばパソコンを使ったデータの大きい通信には向かないのではないか? という疑念が湧いてくるかもしれません。

僕も初めはそういう不安があったので、初めは本当にお試しのつもりで、光回線を解約しないままにしておいて試しに SoftBank Air を契約してみました。様子を見てみようと。

しかしいざ実際に使ってみると、アップロードは確かに弱いのですが、日常使いのほとんどを占めるダウンロードに関しては全然何も問題なく、無線の回線でもこんなにイイ感じに使えるんだと勉強になりました。

ましてや普段パソコンを使わないような人、スマホで使う用に自宅のWi-Fiが欲しくて SoftBank Air を検討しているような人であれば、過剰な通信品質の回線と言っても良さそうなぐらいの高速・高品質のネット回線です。

具体的にどのぐらい速い回線かはこちらの記事にテスト結果があります。

SoftBank Air は速い。光回線から乗り換えた僕でも回線速度に不満なし!で使えています。
Airターミナル3を使った SoftBank Air の通信速度のテスト結果です。かなり速くなっていますし、安定感が増しました。

まとめ

都市部に住んでいる人は見たことないかもしれませんが、ちょっと山や小高い丘を散策したりすると、大手キャリアの電波の基地局(鉄塔)が立っているのを目にすることがあります。ちょうどそういうのの超ミニ版の基地局を自宅に置く、みたいな感じなのが SoftBank Air です。

…こう書くとなんだか、工事して近くの電線からネット回線用の線を家の中に引き込んでくる一般的な固定回線に比べて、少しスタイリッシュな、Coolな気がしてきますね(んなことない?笑)

トップへ戻る