SoftBank「光」と「Air」は何が違う? 違いの分かる男が解説します。

ちょっとタイトルでふざけてみました。。光回線と SoftBank Air の違いについて、分かりやすく解説してみます。

と言っても話は単純で、光の方はいわゆる固定回線、Airの方は無線回線、という違いなだけです。

なぜそんな複数のネット回線サービスがあるのか? と疑問に思う人もいるかもしれませんが、ざっくり両サービスの利用者像の違いを表すとしたら以下のような違いがあります。

  • 光回線はネットをがっつり使う人向け
  • 無線回線(Air)は一般ユーザー向け

SoftBank Air というサービスが出てくる前までは使い放題の無線回線が存在していなかったので、誰もが光回線か、または ADSL といった、いわゆる「固定回線」を利用していました。

ところが SoftBank Air という初期工事不要で手軽に自宅にネット回線を導入できるサービスが出てきたため、今では多くの一般ユーザーがそちらに流れつつある、といった状況です。

以下、これから自宅にネット環境を用意しようと考えている人がどちらのサービスが自分に合っているかを判断するのに参考になるよう、両者の比較をしてみます。

光回線と SoftBank Air の違い、選び方

回線の仕組みの違い

光回線とは、電話線を利用してネット接続します。一方の SoftBank Air(以後、Air)は、スマホの通信などと同じように無線でネット接続するサービスです。

もちろん両方とも、自宅で Wi-Fi も使えます。できること・できないこと、という面では特に光回線だからどうとか Air だからどうとかということはありません。

導入手続きの違い

光回線を自宅に引くには、まず自宅の電話番号(電話加入権)が必要になります。また電線を自宅に引き入れたり宅内で機器をセッティングするための工事も必要になります。もし過去にその工事を済ませていて、また利用再開したいという場合は、宅内の工事(セッティング)だけで済みます。

一方 Air の場合は、工事は不要です。申し込み後に送られてくる Airターミナルという専用機器があるので、それを窓際の電波が良さそうな場所に置いて電源のコンセントを差し込むだけで、自宅のネット環境は整います。そこから LANケーブルでパソコンと有線接続することもできますし、スマホやノートパソコンなら普通に Wi-Fi 接続することができます(初回は暗証番号入力)。

この電話加入権も工事も不要でさっと自宅にネット環境が整えられる、その辺の手軽さが SoftBank Air の売りの一つです。

月額料金などの違い

月額料金は、光回線の場合はサービス業者によって違いがありますが、仮にソフトバンクの光回線と Air とで比較してみると両者に違いはほとんどありません。

ただ戸建住宅の場合は光回線の月額料金が若干高めに設定されています。

  • 集合住宅での SoftBank光の月額料金 3,800円
  • 戸建住宅での SoftBank光の月額料金 5,200円
  • 集合・戸建に関わらず SoftBank Air の月額料金 3,800円(割引適用後*)
2017年6月現在の割引適用後の料金です。

それぞれに合っている利用者像

初めて自宅にネット環境を用意する人の場合、光回線にした方がいいのか、または手軽な無線の Air でいいのか、何を基準に選択したらいいのか混乱するかと思います。もしそういう場合は以下を参考にしてください。

光回線を選んだほうがいい人

たとえばユーチューバーのように、動画をウェブ上にアップロードする機会が多い人は光回線を選んでおくべきです。Air の回線はアップロード(上り)速度の遅さだけが欠点なので、その欠点がストレスになる可能性の高い使い方をする人は光回線を選んだほうが良く、その代表的な例としてユーチューバーなどの動画投稿者が挙げられます。

また同じ理由でたとえば動画の生配信をしたい人、するかもしれない人、は光回線を選んでおくべきです。下の記事でも解説していますが、SoftBank Air の回線は生配信(ライブ配信)の配信元が使う回線としては不向きな回線になっています。

SoftBank Air は速い。光回線から乗り換えた僕でも回線速度に不満なし!で使えています。
Airターミナル3を使った SoftBank Air の通信速度のテスト結果です。かなり速くなっていますし、安定感が増しました。

それと、操作がかなり激しめなオンラインゲームをする人も、光回線を選んでおいた方がいいでしょう。SoftBank Air も接続の速度や安定性はかなり十分なレベルになっていますが、それでも一瞬一瞬の動きや判断が重要な意味を持つゲームをするにはやはり有線接続のネット回線を利用しておきたいものです。

SoftBank Air を選んだほうがいい人

「選んだほうがいい人」と言うのが適切か分かりませんが、要はわざわざ工事してまで固定回線を引かなくても無線の SoftBank Air で良いんじゃない?という人は次のような人です。

  • 電話加入権を持っていない人
  • 動画のような大容量ファイルのアップロードをする機会が少ない人
  • そのうち引っ越すかもしれない人
  • その他、大抵の一般ユーザー

電話加入権そのものについては僕も正直ちょっとよく分かっていない部分があるんですが、とりあえず光回線を自宅に引くには固定電話番号が必要です。なのでもしも引っ越したり家を建てたばかりで自宅に固定電話がないという場合、まず固定電話番号を用意するところから始めなければなりません。

その点、SoftBank Air は届いた専用機器の電源を入れるだけでネット環境を構築できるので、電話加入権を持っていない人にはありがたいサービスになっています。また、いずれ引っ越す予定のある人などにとっても同様にありがたいものだと思います。

今はパソコンを持っていない人が多いといいますし、もしスマホでしかネット利用しないというのであれば大抵の場合は自宅回線は SoftBank Air で十分です。スマホで撮影しながら動画の生配信をしたいというのであれば話は別ですが。

おわり

ちなみに僕はスマホだけではなく iPad も使っていますしこうしてブログを書いたりするためにパソコンも利用しています。デスクトップパソコンもノートパソコンも使っています。それら全部、自宅では SoftBank Air の回線でネット接続しています。

僕のようなネット接続しながら自宅で仕事している人間でも SoftBank Air の回線で何ら不満なく使えているので、大抵の人はわざわざ開通工事をする必要もなく SoftBank Air で十分だと言えると思います。(1日数GBの通信をする日もざらにあるけど全然問題ありません)

トップへ戻る