SoftBank Air は8日間のお試し契約可能! 自宅の電波が弱かったら無料で解約できます。

SoftBank Air は無線の電波を使った回線なので、「同じ SoftBank Air なのにAさん家とBさん家とでは通信速度が全然違う」なんてことは普通のことです。どんなに企業努力しようとも必ずそういう違いが出てきてしまいます。また同じ家の中でも専用機器の置き場所によってもかなり電波強度が違ってきます。

なので、実際に僕自身は SoftBank Air を快適に使えていますが、だからといってあなたの自宅でも同じように快適に使えるとは限りません。一応ソフトバンク側では電波強度が高いはずの地域からの申込みのみ受け付けるようにはしているみたいですが、現実には同じ地域でも自宅の場所次第で全然違ってきてしまうようです。

ということで、自分の家では SoftBank Air 回線は使いものになるのか、ならないのか? 実際のところはいざ使い出してみないと誰にも分かりません。そこでソフトバンクでは、SoftBank Air の契約について『8日以内なら無料でキャンセル可能』としてくれています。

このことを知らずに、もし自宅環境では SoftBank Air がクソ回線だったのにそのことに気づかず8日間が過ぎてしまっては、その後の長い期間をクソ回線に悩まされるか、または高い解約料を払わされることになるので、気をつけたいものです。

この記事では、SoftBank Air の申し込み直後のキャンセルについてと、それから回線速度の計測の仕方などについて解説していきますので、契約を考えている人は一度目を通してみてください。

契約のキャンセルについてちゃんと理解していれば、極端な話「SoftBank Air はお試しが可能」と言っても過言ではないので、自宅環境に合うか合わないかを不安なく確認することができます。

SoftBank Air のクーリングオフについて

SoftBank Air の「8日以内なら無料でキャンセル可能」というのは、いわばクーリングオフ制度に倣った自主規制だと思います。法的にクーリングオフ制度が適用される対象ではないのですが、ソフトバンク社が自ら設けているクーリングオフ制度と言っていいと思います。

本当に8日間は無料で解約できるのか?

まずそもそも、本当にスムーズに解約できるの? と若干の不安を感じる人も少なくないと思いますので、その点の確かさについて。
下記引用は体験者の声です。

一度は試してみて、ダメならすぐにコールセンターに電話すれば解約対応してもらえます。ちなみに、私は試した結果、解約したのですが、事務手数料なども一切かからず、Airターミナルの返送料も着払いOK(返送方法も自由に選択可能)でした。

引用:http://osa2.hatenablog.com

これは、SoftBank Air を試してみたけれど回線速度に満足がいかず、すぐに解約したという人のブログ記事です。実際に何も問題なく解約手続きはすぐに完了できたそうです。

ただ、上記引用記事の公開日からこの記事を書いている今日現在では半年近く経っているので、この記事を書くにあたって念のため、僕自身もソフトバンクのカスタマーサービスに問い合わせをしてみました。
下図がその時のやり取りのスクリーンショットです。

SoftBank Air のクーリングオフについて
SoftBank Air のクーリングオフについて

しっかり「SoftBank Air をお届け後、8日以内でしたら無料でキャンセルが可能ですのでご安心くださいませ。」との定型文らしき文面での返信をいただきました。

ということで、SoftBank Air は確かに8日以内なら無料で解約できるようです。

ネット回線の速度を計測する方法

8日以内であれば無料で解約可能ということなので、その期間内にしっかり見極めたいものです。なんとなくで使っていると、よほど決定的な欠点や支障がない限りなんとなく使い続けて8日間ぐらいあっという間に過ぎてしまいます。

とはいえ自分の感覚だけでネット回線の質を見極めるのも無理があるので、とりあえず SoftBank Air の機器が届いたらその日から数日間、何度か、ネット回線のスピードテストをしてみることをお勧めします。

回線速度を測ることができるサービスは似たようなものがいくつかあるのですが、精度が怪しいものも結構あるので、いろんなものを試してきた中で僕が比較的信頼しているサイトをここに紹介しておきます。

  1. Internet Speed Test – HTML5 Speed Test
  2. Speedtest by Ookla – The Global Broadband Speed Test

1つ目の方のサイトは、計測している途中に止まってしまうことが度々ありますが、他のサイトやサービスでは出してくれない細かなデータも同時に出してくれるのでオススメです。

回線速度の合格ラインはどのぐらいか? 目安について

時間帯によってはここまで速度低下してますが、快適に使えています。

普段こういった回線速度の計測をしたことがなければ、どの程度の速度が出ていれば日常的にストレスなく使えるのか分からず判断に困ると思うので、一つの目安として僕の思う「この程度が合格ライン」というのを書いておきます。

ちなみに前提として、僕のネットの使い方はかなりヘビーな方だと思います。自営業で自宅で仕事しているので、それだけでも朝から日中、そして夜や夜中でもパソコンの前にいることがよくありますし(単に不規則なだけですが…笑)、動画もよく見ます。Hulu を契約しているので暇さえあればお気に入りの海外ドラマを見ていますし、またテレビも録画しないので見逃したお気に入り番組はいつも Dailymotion という動画サイトで視聴しています(人気番組ならほぼほぼ何でも見れる)。またPCの複数モニターのうちの1枚にはトレード用のチャートを、朝から晩まで開きっぱなしにしている日がほとんどです。なのでそれだけでも一日中ずっとネット接続していることになります。こうしてブログも書いているので、それだけでも普通の人よりは検索する機会もネットに触れる機会も多いはずです。

……という僕が思う、回線速度の合格ライン(平均値)は、おおよそこのぐらいです。

  • Ping は最大でも「70ms」ぐらいまで(低い方が良いもの)
  • ダウンロードは最低でも「Mbps」以上(高い方が良いもの)
  • アップロードは最低でも「Mbps」以上(高い方が良いもの)

けっこうギリギリの合格ラインは、このぐらいかなと思います。

あくまで平均的な値での話です。時間帯によっては多少、上記の数字を割り込むようでも、特に不便なく使えたりしますので実際にその時間帯にネット利用してみて確認してみてください

Ping について

Ping というのは、要は「レスポンスの良さ」です。何かボタンを押した時とかにその「ボタンを押した」という信号がサーバー側に届くのにかかる時間で、この数値は低ければ低いほど良いものです。

合格ラインは70としましたが、できれば50未満ぐらいであってくれると嬉しいですね。僕の使っていた SoftBank Air の初代Airターミナル(専用機器)では確かギリギリ50未満ぐらいに収まっていた記憶があります。今使っている最新の Airターミナル3ではこの数値が40未満ぐらいにまで性能向上してくれています。

速い回線だと15とか、そのぐらいにまで落ちることのできる部分ですが、そこまでの高性能さを求めるなら回線もルーターもお金をかけないと難しいと思います。

ダウンロード速度について

ダウンロードはそのままダウンロードの速度のことです。ウェブサイトを閲覧している時とか動画視聴している時とかの読み込みの速さに関係してくる、最も注目される数値です。

合格ラインは8Mbps以上としましたが、ここは今僕が使っているAirターミナル3でもたまに6Mbpsぐらいに落ちたりします。ましてや初代ターミナルの時はもっと低い数字が出ることもありました。それでもそれが“下限”であれば、とりあえず普通に使うことはできます。

ちなみに日中などの比較的回線速度が速い時間帯では今のターミナル3だと25Mbps前後の数値が出ています。でも実際のところ、ダウンロード速度が15Mbps以上ぐらいになればもうそれ以上の速度は何も変わらないと言っても過言ではないです。

速い回線だと100とか200とか、バケモノ回線になると時間帯によっては900Mbpsなんて速度が出る回線もあるらしいですが、車で言うところの高級スポーツカーみたいなのと同じで、そんなに馬力があっても仕方がないという感じです。特にスマホでネット利用している時なんて、僕は15Mbpsの回線と50Mbpsの回線で違いに気付けませんでした。そんなものです。

SoftBank Air の実際の使い心地を動画で撮ってみた。
高画質動画の再生画面を画面収録してみました。

アップロード速度について

アップロードもそのままアップロードの速度のことです。写真をクラウドにアップロードしたり、動画を投稿サイトにアップロードしたり、する時の速度に関係してくる部分です。

合格ラインは2Mbps以上としましたが、正直、もう少し速度が出ていてほしいところではあります。ここも8Mbpsぐらい出ていてくれてると嬉しいんですが、アップロードが弱い SoftBank Air に合わせて合格ラインも下げてあります。

あくまで「SoftBank Air におけるギリギリの合格ライン」として理解してください。

SoftBank Air でいい? ネットの使い方ごとに向き不向きを整理してみた。
いろんなネットの使い方別に「SoftBank Air でOK」「ダメ」を書き出してみました。

ただ日常ネットを使っている時にアップロードはそんなにするものではないので、この数値が低くてもそんなに困ることはありません。たまに大きな画像をアップロードするようなことがあっても、2Mbpsだと大きな画像すらアップロードできないだなんてことはないので大丈夫です。

ということで、以上の数値などを一つの参考にしてみてもらえたらと思います。

専用機器(Airターミナル)の置き場所による電波強度の違いについて

ついでに SoftBank Air の機器である「Airターミナル」の置き場所について。無線の電波を利用したネット回線のサービスなので、自宅に置く機器の置き場所によって電波強度は変わってきます。

それも、意外なほど結構大きく変わってくるので、注意が必要です。自宅に届いたから箱から出して、壁際のコンセントに差し込んで床の上に置いて使ってみたら、全然使いものにならなかった……なんて場合でも、延長コードを使って窓際に設置したりすれば、それだけで十分使える電波強度を確保できる可能性はあります。

実際に僕がそうでした。機器から伸びているコードはそんなに長いものではないので、初めはコンセントに差してそのまま床に置いて使ってみたのですが、その時は「ああ、こりゃダメだ」って感じの速度しか出ませんでした。

ところが延長コードを使って家中のいろんなところに置いて試してみたら、運良くパソコンを使っている部屋の中の「南向きの窓のすぐ横にあるタンスの上」に置いたら快適に使えるレベルの速度が出るようになりました。(パソコンはなるべくLANケーブルでつないで使いたいのでラッキーだと思った)

SoftBank Air は戸建住宅の1階と2階でも使える? 風呂場ではちょっと電波弱くなるけど…
一戸建てであっても家中どこでもWi-Fi電波が届くのかどうかについて。

近隣の建物の具合いとかによっても家の南側が良かったり北側が良かったりと違ってくると思うので、一度あれこれ試してみるといいです。

おわり

「SoftBank Air はお試しできる!」なんて言ってるとソフトバンクから怒られそうにも思えますが、でも現実問題として「なんだこのクソ回線!」と怒り狂っている既存ユーザーの声もネット上でちらほら見かけますし、そんなに環境によって差があるなら本来であれば“お試し”ができないことの方がおかしいとも思います。

契約事務手数料やら機器代やら解約料やらで計10万円近くにもなるお金をドブに捨てることになるかもしれないリスクを消費者に負わせるなんて、そんなのそもそもおかしな話なんですから。むしろソフトバンクには逆に「お試し使用できます!」と宣伝してほしいぐらいなんですけどね。

自宅が SoftBank Air 対象エリア内かを調べる方法 + エリア外だった時の裏技 + 電波が弱い家の特徴
自宅がエリア内かどうかは住所からある程度判定できます。またエリア外でも契約できる裏ワザも紹介。電波が弱い環境の特徴も

2018年6月19日に追記!!

この記事で長々と「SoftBank Air は8日間のお試しが…」と書いてきましたが、これ、16年に施行された新しい消費者保護施策の一つの『初期契約解除制度』に則った制度だったようです。

つまり、「8日間以内ならキャンセルできる」というのは法で定められているルールであって、なのでこの記事中では無駄にソフトバンクのカスタマーサービスにチャットで質問とかしていますが、別にそんなことして確認しなくても安心して利用できる制度でした。

この初期契約解除制度について具体的に知りたい場合は下記リンク先のPDFをご確認ください。(PDF、簡潔で分かりやすいです)

総務省のPDF 電気通信サービスの消費者保護ルールの見直し
総務省HP 電気通信事業分野における消費者保護施策

また、念のためソフトバンクのHPにある説明ページへのリンクも貼っておきます。

リンク 契約のキャンセル(8日間キャンセル) | ソフトバンク

コメント

  1. あそうか より:

    ソフトバンクairのエンジン株式会社はキャッシュバックはいいけど
    会社住所も書いてなくて、怪しいね。
    変な広告のせないでね。

トップへ戻る