SoftBank Air の機器は「購入」と「レンタル」どちらがお得か? カギは「2年」と「4年」

SoftBank Air を契約するにあたって、機器のAirターミナルを「購入」するか「レンタル」するかは悩ましいポイントになると思います。

僕も悩んで、でも結局数年先とはいえ未来のことなんて完全には読み切れないので、どちらが最適かなんて答えは出せないという結論に至りました。

ただ迷っている時に、選択のための一つの目安が見えてきたので、その目安を紹介します。ポイントとしては「2年間」と「4年間」のどちらを選択するか? になります。

購入とレンタルの総支払い額を表にしてみた

購入とレンタルで迷うのは、「何年後に解約することになるか分からない」からだと思います。

そこで、1年後から5年後まで、解約した時点での総支払い額を「購入」と「レンタル」の場合で比較して表にしてみました。スマホからの人はちょっと見づらいと思いますがご容赦ください。

17年5月現在実施中のキャンペーンを適用させた料金での計算です。
1年後に解約 2年後に解約 3年後に解約 4年後に解約 5年後に解約

 購入での総支払い額

 (3,696円×3ヶ月=11,088円※基本A)+(3,800円×9ヶ月=34,200円)+ 解約金 + 割賦残高(58,320円 – 1,620円×12ヶ月)38,880円 = 93,668円

基本A+(3,800円×21ヶ月=79,800円※基本B)+ 割賦残高(58,320円 – 1,620円×24ヶ月)19,440円 = 110,328円

基本A+基本B +(4,880円×12ヶ月=58,560円)+ 解約金 = 158,948円

基本A+基本B +(4,880円×24ヶ月=117,120円)= 208,008円

基本A+基本B +(4,880円×36ヶ月=175,680円)+ 違約金 = 276,068円

レンタルでの総支払い額

(4,186円×3ヶ月=12,558円※基本C)+(4,290円×9ヶ月=38,610円)+ 解約金 = 60,668円

基本C+(4,290円×21ヶ月=90,090円※基本D)= 102,648円

基本C + 基本D +(5,370円×12ヶ月=64,440円)+ 違約金 = 176,588円

基本C + 基本D +(5,370円×24ヶ月=128,880円)= 231,528円

基本C + 基本D +(5,370円×36ヶ月=193,320円)+ 違約金 = 305,468円

購入のお得額  -33,000円

-7,680円

+17,640円

+23,520円

+29,400円

レンタルのお得額  +33,000円

+7,680円

-17,640円

-23,520円

-29,400円

※ 違約金 = 9,500円
※ 少しでも表を簡潔にしようと思い契約事務手数料(3,000円)は省いています

赤字にしてある数字は、僕が「解約の好機」と思うタイミングです。

回線は長期間使うほど損をする

残念なことにスマホもネットも、一般的なサービスとは真逆で長期利用者ほど損をする料金体系になっています。ほとんど社会インフラの一つと言ってもいいようなものになっているので、基本的に殿様商売で、新規加入者ばかり優遇されます。

なので、…とそれから数年後には似たようなサービスで他にも良い選択肢が出てきてくれる可能性も考えると、なるべく安くネット回線を使いたいのであれば数年後にはどこか別サービスに乗り換えることを検討した方が良いと言えます。

乗り換え検討にベストなタイミング

ではその乗り換えを検討するタイミングはいつが良いのかということになりますが、それが先の表の赤字にしてあるタイミング、つまり

  • レンタルであれば2年後の更新月
  • 購入であれば4年後の更新月

になります。

レンタルにした方が良い人、購入にした方が良い人

逆に言えば、「2年後には生活環境が変化するかもしれない人」はレンタルにした方が良く、「4年後までは変わらないだろうなという人」は購入を検討した方が良いと言えます。

「2年かあ……どうだろう…」という人は、3年を目安にしてもいいです。購入の賦払いは3年間で終わる仕組みになっているので、3年間使い切りそうなら購入。そうでないなら割賦残高の支払い義務が生じないレンタルを選択する。という風に考えてみるのも一つの手です。

まとめ

マイホームでも建てていない限り、なかなか意外と数年先の生活環境すらはっきりしないものだと思います。学生なら社会人になってからどこに住むことになるかなんてほんと未知数だし、すでに社会人でも、恋人と同棲や結婚をして引っ越すかもしれないし、もしかしたら転職してどこか遠くに引っ越すこともあるかもしれないし、、、。

でもあれですね、昔はのどが渇いても井戸なんて探すの大変だっただろうけど、今なら(お店とか立ち寄れば)どこでも水道があるのと同じように、いずれどこでも無料Wi-Fiが使える世の中になったりもするかもしれないですね。もしなるなら、早くそうなってほしいですが。

▼関連記事

トップへ戻る