Pixelmator で文字に枠(フチ)をつける方法

使い慣れないうちは Pixelmator でテキストに枠を付けるだけでもどうやるのか分からなかったりすると思います。のでその辺の解説を。

下図の「背景画像」+「テキスト」の状態から。

まずはテキストを複製しましょう。テキストの形式を変更して操作するので、思ったようなきれいな感じにならなかった時にやり直しがしやすいようにするためです。レイヤー項目にあるテキストの上で右クリックから複製します。

複製したら、下図のように元のテキストレイヤーはチェックを外して非表示にしておきます。

テキストをピクセルに変換して枠を付ける

操作するテキストのレイヤー項目の上で右クリックピクセルに変換でピクセルに変換します。(ピクセルというのが何を意味するのか僕はよく分かっていない)

そしたら次に、ピクセルに変換したレイヤーを選択している状態で、画面左上のメニュー項目から編集線…を選択。

すると「線」を操作するための表示が出現するので、そこであれこれ調整してみて理想的な枠をつけます。

「4px」の太さの「赤っぽい色」の線を「外側」に「不透明度85%」でつけた感じが下図。

文字の色と背景色によっていろいろ相性があるので、慣れるまではへんてこりんな感じになることもままあります。僕もあまり日常的に使っているわけでもないのでずっと下手なままですが。

この「線」は2重にも3重にもかけられますので、複雑な背景の上にテキストを載せる時にはその辺上手くやるといい感じになります。

以上です、
ではまた

Pixelmator – Pixelmator Team

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ Pixelmator


トップへ戻る