【注意】SoftBank Air はヤフーBB経由で申し込んじゃダメですよ!!! 無駄に高くつきますよ。

SoftBank Air の紹介や解説をしている他のブログを見ていて、どうにも気になって仕方のないことがあります。

それは、一部のブログでは『ソフトバンクエアーを申し込むならヤフーBBで⇒』みたいな紹介のされ方をしていることがあるということです。

これは明らかに紹介料目的の、「ヤフーBB経由だと何が良いことあるのかマジで意味不明すぎ」でしかないことなので、ご注意ください。

以下、具体的に解説します。

ちなみに当ブログのバナーリンクは全部、損しない方の、最安値で SoftBank Air を契約できる申し込みサイトにリンクしてありますのでご安心ください。

SoftBank Air を契約できる公式サイトには現状、2種類があります。

ソフトバンクはネット事業の中でもいろいろやっているので、消費者目線だと少しややこしいことになっています。同じ「SoftBank Air」という商材を販売している「公式サイト」が、現状だと「2サイト」存在しています。しかもその公式サイトである2つのサイトではそれぞれ、SoftBank Air の月額料金が違っています。

最もピュアな、最安値で契約できる SoftBank Air 公式サイト

まずこちらが、最安値で契約できる公式サイトの方のデザインです。

画像出典 SoftBank Air

分かりやすい目印としては、タレントさんを広告起用しています。

一方の月額料金が高い SoftBank Air 公式サイト(ヤフーBB)

そしてもう1つは、これもソフトバンク公式と言えば公式ではある(つまり決して詐欺的なものではない)んですが、系列会社の「ヤフーBB」が間に入っている SoftBank Air の申し込みサイトです▼

こちらでは CM 起用しているタレントさんの画像を使用できない契約になっているのでしょう、タレントさんがいません。

もし今後サイトデザインが大きく変わるようなことがあっても、サイト左上にある「ヤフーBB」のロゴが“申し込みしてはいけない方の”目印になります。

違い:ヤフーBBのサービス料分だけ月額料金が高くなる

両サイトでは、受けられるキャンペーン特典内容には違いはありません。なので割引きの面ではどちらで加入しても損することはありません。

がしかしそれ以前に、割引特典を受ける前の月額料金に違いがあります。
具体的には、「ヤフーBB基本サービス」に対する料金がヤフーBB経由で申し込むとかかってきます。なので単純にその分だけ料金が高くなります。

▼こちらはヤフーBB経由で申し込んだ場合の「端末購入」「端末レンタル」の月額料金

▼こちらは直に加入した場合の「端末購入」の月額料金

▼こちらは直に加入した場合の「レンタル」の月額料金

料金差を表にしてみるとこんな感じ

最初の3ヶ月間は割引額が大きめに設定されていて月額料金が違いますが、細かいこと書きすぎると見えづらくなるので省いて、4ヶ月目からの月額料金を比較した表にしてみました。

ヤフーBB経由で加入 直に加入
端末購入の場合の月額料金 4,100円/4,300円 3,800円
レンタルの場合の月額料金 4,590円/4,790円 4,290円

この価格差は単純に、ヤフーBBの「基本サービス」なるサービスに対する料金が上乗せされているかいないかの違いによるものです。

これ、このサービスが付いてることを喜ぶ人なんてまずいないですよね。そもそも何が付いてくるのか事前に理解してサービス加入する人もそういないと思いますし。つまり「まず使わないであろうサービスに対する余計な支払い」になっているので、こんな料金が上乗せされているヤフーBB経由の SoftBank Air 契約をしては損するだけです。

検索経由でも注意

変な記事に騙されないように…と思って検索からソフトバンクエアー公式サイトを開いて申し込みしようと思っても、誰も使わないサービス料金の上乗せでボロ儲けしているヤフーBB経由のサイトの方が広告料をかけて検索結果の1番上に広告を出していますので、注意が必要です。

「ヤフーBB」という名前があれば誰も怪しいサイトだとは思わないので警戒しないと思います。でも実際には、しれっと余計なサービス料を付加して人気商品の代理販売をしているだけなので、本家本元の公式サイトと同じだと思ってはいけません。


以上、注意喚起記事でした。
ではまた

SoftBank Air は8日間のお試し契約可能! 自宅の電波が弱かったら無料で解約できます。
SoftBank Airのクーリングオフと、回線速度の測り方や数値の目安について。
SoftBank Air の機器は「購入」と「レンタル」どちらがお得か? カギは「2年」と「4年」
目安として、利用期間が3年未満になりそうならレンタル、3年を超えそうなら購入した方が良さそうです。
トップへ戻る