中学生や高校生に自宅のWi-Fi(ネット環境)は必要か? ←僕は断然あった方がいいと思う

子どもが中学や高校にあがると、スマホを持たせるようになり、その延長で自宅のネット回線の話も出てきたりすると思います。

ということで、自宅にネット環境はあった方がいいのか、どうなのかについて、僕なりの考え方を書いてみました。

自宅の回線の話のはずが、先にちょっと触れるだけのつもりの「スマホを持たせることの是非」についての話が長くなってしまっていますので、飛ばしたい人は記事の真ん中あたりまでざーっと飛ばして読んでもらえたらと思います。

中高生にスマホを持たせることの是非について

中高生の子どもにスマホを持たせることの是非について、人によっていろんな考え方があると思います。中学生の頃からスマホを持っている子もいれば、高校生になっても持たせてもらえないでいる子もいて、僕も前職では学生との関わりがあったのでいろんな子を見てきました。

そして思うのは、少なくとも今であれば高校生にはスマホを持たせてあげた方がいいだろうということ。さらに、なるべく自宅にネット環境(Wi-Fi環境)もあった方がいいんだろうな、ということです。

なぜかというと、細かいことを言い出したらキリがないのですが、大きく分ければすぐに思いつくのは次の2つです。「寂しい思いをさせてしまうから」、そして「過保護に育ててもロクなことがないから」です。

寂しい思いをする

「スマホを持っていなきゃ友だちになれない奴なんか友だちじゃない」とか言う人もいるかもしれませんが、そんな屁理屈は現実には通用しないのは当然のことです。

狭い世界で生きている学生にとって話題といえばテレビの話、ミュージシャンや有名人の話、ツイッターなどが発信源になっている話題、スマホゲームの話、…。大体ある程度この辺に絞られてきます。

で、これらは、スマホを持っていないとテレビ以外の話題についていくことはかなり厳しい〜無理があります。ツイッターやスマホゲームについてはもちろん無理ですが、有名人の話題にしたって今は情報が広まるのはネットを介してです。さらに言えばテレビ番組の面白い話だって、面白い部分というのはネットで動画が拡散します。「あそこが面白かった」という共通認識があったりして、その上で会ってお喋りする感じです。常にそうではないけれど、そういうことも多いのが今の若い子たちの会話です。

ではそういう会話についていけない「スマホを持たない子」はどうなるか。僕は女の子でそういう子を見たことがないので女の子についてはよく分からないんですが、男の子(高校生)に関しては、単純に「寂しそう」でした。

でもそんなことって、想像に難くない自然なことなようにも思います。なのでそのことについてグダグダ具体的な話をするのは止めておきます。僕も決していろんな偏差値のいろんな高校の子らを見てきたというほどでもないので、学校によっては違うのかもしれません。ただ少なくとも、周りの子がスマホを持っているような環境で自分の子にだけスマホを持たせないというのは、その子の青春をすごく歪ませることになるであろうことは間違いないです。今は恋もスマホを介して始まったり育まれたりする時代ですし。

過保護に育ててもロクなことがない

この情報が溢れている時代には、情報に揉まれることがある程度必要です。揉まれながら鍛えられていきます。それを「まだ早い」として子どもに経験させないのは、過保護です。

子どもにスマホは必要ないだとか、ネット環境なんて要らないだとか、そう考える人の中には、子どもが余計な情報に触れることを懸念する人もいると思います。エロだとか、グロだとか、犯罪的なものだとか。

変な方向に引っ張られてしまう可能性を懸念する気持ちはよく分かります。

ただ、こんな社会に情報が溢れている時代に情報を遮断されて育った子が、社会に出てから洪水のように押し寄せる情報の波を上手く乗りこなすことなんてできるのでしょうか?

悪友と仲良くなるのが不安だから友だちは作らせない、と言っているのと同じようなものです。そんな育て方して、その子は社会に出てから人と上手くやっていけるのか?と。

箱入り娘は、家柄がそれなりであればこそ許されるものです。大人になったら自分で稼いでいかなきゃ生活できないような家庭の子が“箱入り”で育てられても、そんなのその子に対する酷い仕打ち以外の何ものでもありません。一度もダンベルを持たせてもらえなかったのに学生じゃなくなったら急に重いバーベルを持たされて「誰だって重いんだ、お前もがんばれ」とか、そんなのまともに社会を渡っていけるわけがありません。「代わりに僕が持ってあげるよ」と声をかけてくる悪いヤツに頼って騙されたって、仕方ないでしょう。そういう育てられ方をしているんだから。

ネット環境があればエロ動画も無料で手軽に見放題です。それをアクセス制限したって、SNSを見ていれば素人の女の子の自撮りエロ動画がいくらでもあります。もちろんそんなのにモザイクなんて一切ありません。女の子にも「希望はいくら?」なんてメッセージが来たりします。

男の子にも女の子にもいろんな誘惑があるのは事実です。でも、じゃあそんなのがある世界だからみんなそんなものに溺れているのかといえば、そんなことないのは分かりきったことで。結局いつの時代でも、エロだろうが金だろうが欲に溺れるのはその人自身の問題で。判断能力という頭の問題じゃなくて、精神状態という心の問題なわけで。

スマホを持たせない方が問題

ということで僕は子どもにスマホを持たせることには賛成で、むしろ今の時代にスマホを若い内から持たせてやらないのは「英語が必須の時代になってもうちの子には英語は習わせない」と言っているのに等しいことだと思っています。

ネット上のくだらない情報、怪しい話、いろんな考え方の人がいるという現実に対して、対処するその力は、現代やこれからの時代を生きていく人間にとって必要な「情報処理能力」の一つだと思います。

自宅にネット環境はあった方がいいかどうか

自宅のネット環境の是非について書こうと思っていたのに思いのほかスマホの話が長くなってしまいましたが、自宅のネット環境についてはスマホの話の延長にあります。

スマホをいじっていれば、いじっている間、大抵の場合は何かしら通信してることになります。となれば、そこそこいじっていればすぐにスマホの契約の「通信容量」の上限に達してしまいます。通信規制がかかります。

「スマホばかりいじっているのも良くないし、通信規制があった方がちょうどいい」
なんて思う人もいるかもしれませんが、スマホの通信規制がかかる通信容量なんて、ボロ儲けしている大手キャリアが低めに設定した容量でしかありません。

「いじり過ぎ防止のためにちょうどいい」なんてのは幻想です。そんな「ちょうどいい」水準に合わせた容量になどなっていません。

若者なら100%通信規制がかかる

100%と言うと言い過ぎなのかもしれませんが、スマホを普通のプランで契約していて通信規制を経験したことのない若者などいないんじゃないでしょうか。そのぐらい、今の若者にとっては圧倒的に足りてない容量なのが、大手キャリアの設定している月間通信容量です。

自宅が好きじゃなくなることの弊害

通信規制がかかると、子どもにとってはかなり苦痛です。無料Wi-Fiを求めて街をウロウロしている中高生もよくいますし、そういう場所からWi-Fiの無い自宅に帰ることは子どもにとって一つの決断を求められる瞬間だったりもします。

自宅にWi-Fi環境があるだけで、子どもは早く家に帰りたくなるし、家にいるのが楽しい、落ち着くし、家が好き、なんて言う子を実際に何人も見てきました。

今は不良だからコンビニでたむろするんじゃありません。Wi-Fi電波を求めてコンビニの前や裏で、またはマクドナルドなどの無料Wi-Fiがあるところで集まっています。

ネット通信し放題じゃ生活が乱れる?

家にWi-Fi環境を用意したら、子どもが寝る直前までスマホをいじって、寝不足や生活の乱れにつながるのではないかと心配する人もいるかもしれません。たしかに、そういう懸念はあります。

ただ、じゃあそれを“我慢”させたからといって、もっと長い視野で見た時に、その我慢させることが最適解なのかといえば、それはかなり怪しいです。

ずっと我慢してきた人が、その我慢から解き放たれた時、どうなるか。我慢の程度が強ければ強いほど解き放たれた時の勢いはすごいものになります。僕はちょうど、高校生の時にスマホを持たせてもらえないでいた子が、高校卒業と同時に働き始めて自分のお金でスマホを持つようになって、そしたらその子が仕事中でも隠れてスマホばかりいじっている姿を目の当たりにしました。

それ以前の、高校生だった時に寂しそうに見えたその子を知っているから、僕の気持ちとしてはその子を責める気にはなれませんでしたが(もちろん形式的な注意はしましたが)、まあこうなるのも当然だよなとしか思えませんでした。

ずっとスマホを持っている子は学生であろうがなんだろうがスマホとの付き合い方を学んでいます。でも我慢に我慢を重ねてやっと持つことができたスマホは、仕事中だろうが何だろうが片時も離したくないでしょう。

それと同じで、ずっと我慢してきた「ネット通信し放題」を、大学生になったり社会人になったりしてやっと自分でその環境を手に入れることができたら、…それまでの我慢の程度によっては恐ろしい結果をもたらさないとも限りません。

おわり

いろいろ書いてきましたが、究極的には周りの環境次第です。周りの子がみんな自宅にネット環境があるようなら、自分とこにもネット環境はあった方がいい。でないと自分の子に課す“我慢”があまりに大きなものになってしまうので。

でも周りがそんな感じじゃなければ、無ければ無いでやっていけるものでもあります。個人的にはネット環境の無い家庭で育った子はどうも視野が狭いように感じられるので、僕としてはネット環境は必須と考えていますが、別に不要と思う人がいても不思議じゃないし、周りの子どもたちも同じ感じなら特段問題はないとも思います。

トップへ戻る