Pixelmator で簡単に背景透過・人物の切り抜きをする方法。複雑な部分も綺麗に範囲選択できます

Pixelmator でめっちゃサクサク簡単に背景を透過させたり特定の物や人物を切り抜いたりする方法について。

前に下記記事を公開したんですが、もっと良い方法を学んだので改めて新しい記事にして紹介します。

Pixelmator で切り抜き・合成する方法(クソコラの作り方)
Pixelmator で、写真の中に写る特定の物や人物を切り取って、他の画像に当てはめる方法。たとえば”クソコラ”を作成したりする時の操作方...

今回この記事で紹介する方法だとめっちゃ楽です。今までの面倒な作業は何だったんだ? って感じです。

今回は下図のカエルの画像を使います。カエルを切り抜いて、他の画像の上に配置するまでの過程で解説します。

Pixelmatorで細部まで綺麗に範囲選択して切り抜く

カエル画像を Pixelmator で開いて、「ツール」の中の「クイック選択ツール」を使います。

このツールを選択した状態だと、画像の上にマウスを乗せるだけで下図のようにすぐに範囲選択できる状態になります。

マウスを左クリックしないと実際には範囲選択されません。
左クリックしたままマウスを動かして、ざっと範囲選択します。その時、上の図で言えばカエルの目が片方、背景の黒と同化して範囲選択された状態になってしまっています。

なのでそういう部分を修正するために、下図のモードを使います。選択した範囲を選択解除するモードです。

キャンパスをズームしてもっと細かい部分も微調整していくのも簡単です。

以上のような要領でカエルの周囲全体を綺麗に範囲選択して囲み、範囲選択した部分を Delete して消せば背景は透過されます。

で、これを一旦 PNG 形式で画像保存して、合成させたい背景画像の上に乗せてサイズや位置を調整すれば完成です。

適当に位置やサイズを調整した後の画像がこの記事トップの画像です。

おわり

「クイック選択ツール」、めっちゃラクで使い勝手いいです。今まで知らなかったことが悔やまれます。知っていればどれだけの時間や労力を……まあ仕方ないか。

以上です、
ではまた

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ Pixelmator


トップへ戻る