配送業者「EUB」って何だ? Amazonで買った商品が届かない…(中国からの発送)

ずっとAmazonのヘビーユーザーでしたが、ついに初めて「Amazonで買った品物が届かない!」という面倒に遭遇してしまいました。

最近Amazon上で中国業者の増加が目につくので、今後僕と同じように「何だこれ!?」となる人も増えてくるかもしれないと思い、今のところの事の顛末を記録に残しておこうと思います。

初めての「お届け予定日を過ぎても荷物が届かない!」

5月の9日に、少し前に話題になっていた手に持ってクルクル回すだけのおもちゃ「ハンドスピナー」ってやつを買ってみました。

(↓記事公開当初リンク貼っていた商品ページがリンク切れになっていたので、売れ筋No.1商品に差し替えました)

話題になっていたので何となく欲しくなって、夜中の勢いで(といっても安いものですが)ポチってみました。

この注文に関しては、そもそも中国からの発送という時点でおかしかった

だけどこの注文、今でもちょっと腑に落ちないのが、なぜか中国からの発送だという点。

今、類似品のハンドスピナーなんていろんな業者が出していて、なので僕は「いま話題」ということもあり、できるだけ速く届きそうな業者、つまりは国内の対応が良さそう(すぐ発送してくれそう)な日本の業者を探して商品を選んだはずなんですよね。

あえて買う時に「発送が中国からじゃないものを……」って探していたはずなんです。…なのに、いざ注文し終わって次の日だかに発送通知メールを見てみたら、なぜか中国の業者が中国で発送したという通知が届いているではありませんか。

おいおい、なんでだよ…。騙されたのか…。

とは思いつつも、でも注文したの夜中だったし、もしかしたら自分の単なるミスでここを選んでしまっただけかもしれないし。ということで中国業者による中国からの発送だったという点についてはショックを感じながらも諦め、時間がかかりそうだけど届くのを待つか、という風に考えました。というかこの時点でキャンセルなんかしたらもったいないだけだろうし。

お届け予定日を過ぎても日本にすら入って来ず…

今回の僕の注文は、9日に注文し、同日中には発送通知が来ました。発送通知の速さだけは良かったんですよね…笑

しかし、Amazonの「配送状況の確認」のページで荷物の現在地を調べてみても、一向に日本に入ってくる気配がなく…。

お届け予定日になってもまだ荷物は中国国内って、どういうことですか!?

発送した業者が詐欺的なのか、または配送業者(China Post)の問題か?

僕が今見ている荷物の追跡番号は本当に僕の荷物に紐付けられた番号なのかどうか? そこまで疑ってしまいます。もしそこが嘘だったらその場合は販売業者が完全に詐欺業者ということになります。

でも可能性として高いのは、どちらかと言えば「中国国内における配送の遅れ」の問題なんでしょう。今回のこの遅配の原因は。

最新の配送状況を見れば「通関手続きが終了しました」と出ているので、もうすぐ届くんじゃないかとは思って待っています。

販売業者は「全額返金いたします」と言ってきた

今日この記事を書いているのは23日です。で、僕は16日のお届け予定日を過ぎた翌日の17日に、販売業者に問い合わせをしてみました。

するとその時の対応としては結構意外な、まともな返事が来ました。具体的には、メールをここに一部抜粋して転載すると以下のような内容でした。

ただいま確認したところ、ご注文な商品は現在東京に着いたようです。
お手元に届くとおそらく20日(土曜日)になるとの見込みですが、
(中略)
現在アマゾンでは詐欺アカウントが大量に出まわしていて、
詐欺に会っていないかと心配になるのもわかるつもりですが、
恐れながらも、もう少々お待ちいただけないでしょうか?
20日になってもまだ届けなかった場合は、ぜひこちらにご連絡ください。
その後届くか否かにかまわず、全額返金をいたします。

まあ、結局その後20日になっても荷物は届かなかったんですけどね。笑

でもこの、所々おかしいながらも頑張ってまともな日本語を書こうとしている感じを信じて、一応今回は返金を申請せずに届くまで待ってみようかなと思っています。これがもしもっと適当な、Google翻訳で訳しただけのめちゃくちゃな日本語メールだったら返金申請してますが、そんなではなく日本語を真面目に勉強してなきゃ書けないだろうレベルのメール文面だったので。

配送業者「EUB」とは何なのか?

今回この件があって初めて気付いたんですが、Amazonで荷物の「配送状況の確認」ページを見てみると、このページって複数ページ生成されちゃっているみたいです。

というのも、Amazonのトップページからアカウントサービス → 注文履歴 → 注文の詳細 → 配送状況の確認と進んだ時に表示される内容と、発送通知メールの中にある「配送状況を確認する」のボタンから配送状況の確認ページへ進んだ時に表示される内容とが、ちょっと違うんですよね。

上がAmazon内から辿って表示されたページ内容。下が発送通知メールから表示した内容です。

発送通知メールから開いたページには、配送業者は「China Post」という、まあ有名というか比較的よく知られた配送業者名が表示されています。しかしAmazon内から開いたページでは「EUB」という、謎の配送業者名が表示されています。

EUB ってなんだ? と思って検索かけてみたりしたんですが、具体的にはよく分かりませんでした。ただ雰囲気的にはどうやら「ヤマト運輸とか日本郵便とかの大手ではない、小さい小さい配送業者」のことを指しているのかなという印象でした。そういう業者の総称としての名前なのか、または特定の業者の名前がEUBなのか、よく分からないままですが。

お問い合わせ番号が役に立たない

ちなみにこの買い物にも「お問い合わせ番号」はあります。でもその番号で検索かけてみても、変なページにしかたどり着かず、さっぱり役に立ちません。

「Tracking codes list」なんていう“それっぽい”ページが出てくるけれど、現在地を表示してみようと思っても下図のようになってしまうだけです。

ってか、サイト内コンテンツと広告がくっつき過ぎててもう、それだけで怪しさ満点のサイトですね。どこの誰が何のつもりで開設しているサイトなのかもよく分からないし、トラッキングもできないんじゃ、どうにもなりません。

おわり

なんかずいぶんと悠長に構えている感じがするかもしれませんが、それは今回の僕の買い物内容が数百円のものだったからです。これが1万円以上ぐらいの買い物であればもっと「おいっ!」って気持ちが強かったんでしょうが、なんか今回の件については今となっては「結局届かないのかな? 2ヶ月後とかに急に届いたりして?」みたいな感じで少しワクワクしている自分がいます。

追記:この記事公開から数日後、商品は無事届きました。

なんだかとりとめのない内容の記事になってしまいましたが、まあとりあえず今回はこのままもう少し荷物が届くのを待ってみようと思っています。もしもっと高額な買い物で「届かいない!」と焦ってWeb検索してこのページにたどり着いた人は、とりあえずすぐに販売業者に連絡を取り、その後の経過次第でAmazonに連絡してみてください。

いきなりAmazonに連絡してもAmazonは対応してくれないはずです。まず販売業者。で、その業者の対応がダメだった時に、その経過を含めてAmazonに報告。するとそこで初めてAmazonが対応してくれるはずです。

…やっと最後に多少は役に立つこと書けたかな?笑

以上です、
ではまた

10月25日_追記

コメントから有益な情報をいただきました。
どうやらEUBは国際郵便の一つのようです。

一番上のコメント欄に中国のEMS(国際郵便)のサイトへのリンクがあります。
リンク先で追跡番号を入力すれば配送状況確認ができそうです。

シェアする

RSS/Feed

この記事と同じカテゴリーの記事一覧はこちら→ 生活その他


コメント

  1. EUBについてbaiduで調べてみました。(僕は中国語ができる外人なので)
    https://zhidao.baidu.com/question/871966988248318652.html
    以上のサイトの内容からEUBはEMSの一つなのではないかと思ったら、中国のEMSのサイトに自分の追跡番号を入力したら追跡できました。
    http://www.ems.com.cn/english.html
    全部の追跡番号が追跡できるかどうかわかりませんが。ぜひ試しみてください。

    • ぴらひこ より:

      コメント、そして有益な情報をありがとうございます!

      なるほど、EMS(国際郵便)の一つのようなんですね。
      最近この記事のアクセスが増えてきているので、この情報で安心できる人が大勢いると思います。

      (URLが入っていたからかコメントがスパム扱いされていて、気付くのが遅くなりました)

  2. Amazon一筋 より:

    Amazonkarano発送メールに「お客様の商品はEUBでお届けいたします」とありました。
    今まではヤマトかゆうパックだったのに・・・なに?このEUBって・・・と
    検索したらここにたどり着きました。一応、一安心?
    品物について販売業者に質問したら明後日の返事だし、日本語も怪しい・・・
    まぁ値段が値段だし今までAmazonで嫌な思いの経験はないし、冒険してみるかと。
    Amazon販売でないので、もし返品になったらと一抹の不安がありますが。

  3. もういやよ より:

    Amazonの買い物で失敗したことがなかったのに、今回2連続で失敗しました。
    一個めはトレーナーですが、主人の冬用のパジャマがわりにと検索して、アマゾンで値段も手ごろで大きいサイズの裏起毛のものを発見。
    早速お買い上げしたものの、メールにはYLBDTでお届けと見慣れない文字が…。
    YLBDT?
    国内から発送と信じていたのにまさかの海外からの発送でした。
    追跡は横向きの棒グラフのようなもので、10月25日に発送で、11月19日がお届け予定日になっていて、今ちょうど真ん中あたりです。
    海外発送ということやお届け日をチェックしてなかったと思って、つぎからは気をつけようと反省しました。
    そして昨日、壁に飾る絵がほしくて、又アマゾンで検索。
    ちょうど希望の風景画があったので、早速購入。
    他のものと二つ同時に買ったのに、メールでなぜか「この度の注文は2件に分割されました」ということになり、1個めはいつもどおり今日届きました。
    もう一個に関しては、今日発送のメールがきて、EUBでの発送とのこと。
    今度はEUB?
    そしてここにたどり着きました。
    商品は届くのでしょうか?
    棒グラフは少しずつ進んでいるのでいつかは届くことでしょう。^^;
    でももうアマゾンでは買い物はしません。
    海外から発送ならもっと分かりやすく明示するべきだと思います。
    皆様もお急ぎの時は気をつけて下さい。

    • ぴらひこ より:

      やっぱり「国内発送だと思ってたのに…」という事例が増えてきているんですね。

      アマゾンに失望する気持ち分かります。自分はアマゾンの結構ヘビーなユーザーなので簡単に離れられないというか、多くの買い物のうちのほんの一部でしか不満がないことを考えるとまだアマゾンを利用し続けることのメリットの方が大きかったりするので当面は利用していくつもりですが、それでも確実に、以前に比べて無防備な気持ちでは買い物できなくなっています。特に日本語が怪しい説明文の商品を販売している業者は「アマゾンで売ってるんだし大丈夫だろう」などと今は安易に考えられなくなっています。実感としては、数年前からじわりじわりと、アマゾンの全体的なクオリティが下がってきているなと、そんな風に感じています。

      YLBDTについては初めて知りましたが、どちらの商品も無事届くことをお祈りします。

  4. もういやよ より:

    YLBDTに関してはどこにも情報がありません。
    ただ追跡の横向き棒グラフがあるだけです。
    YLBDTは発送からお届け予定日までが24日、EUBは約1週間で届く予定になっています。
    ここでEUBの情報があったので、少し安心しました。
    YLBDTに関してはいまだに謎です。^^;

  5. 通りすがりの研究者 より:

    一応ですが、EMSはExpress Mail Serviceで、国際郵便条約機構の加盟国の公共郵便局による特急郵便(宅配便みたいなもの)サービスのひとつです。
    最優先で取り扱うことと、通関手続きを発送段階の郵便局(公共郵便なので、各国の郵便局です)の申告時点で相手国で行なったものと看做すため、到着から通関まで数時間というのが特徴です。私がよく使う台湾となら東京まで2日間、中国でも主要都市なら3〜4日で到着します。その代わり、500gで1000円くらいしますが。

    このほか、SALや簡易国際送達などもありますが、これらはすべて公共郵便局(ドイツポストみたく国営でない国があるため、国営ではないですが、各国政府が一業者のみ認めた郵便配送業者)のネットワークで輸送されます。あ、船便も。

    ヤマトや佐川にあたる民間事業者は、DHLやUPSです。
    日本では、UPSはヤマトが請け負っているので、あまり見掛けないですが。
    自社ネットワークで輸送しますが、『キャストアウェイ』という映画の題材にもなったように、悪天候で旅客機が飛ばないときでもDHLだけは飛ぶと言われていますし、アメリカの場合は、紛争地帯への荷物のお届けもDHLが行なったりしています。

    ただし、個人の輸入でも大口と一緒に通関されるため、通関時間はEMSより遅いのと、公共網ではないため、通関は各国の税関の到着時にインボイスを含め、その時点から開始され、場合によっては、個人輸入の範囲でも(配送業者の一括輸入と看做されて)本来は必要ない関税が加算される場合もあります。

    いわゆるWorld Postal Service(公共国際郵便)の通関手続きは、個人ごとに到着順ですね。
    お安いですが、船便なので、フランスから3か月かかったことがありました…(汗)

    EMSの信頼を失墜するのは辞めてください(苦笑)

  6. 通りすがりの研究者 より:

    あと、EUBなる業者が、なぜEMSトラッキングに有効なのかは謎ですが、
    EMSの国際データ連携があるので、日本郵便のEMS追跡でも確認できる「はず」です。

    (以前、なぜか台湾からのEMSが違うトラッキング表示をされるバグを発見し、
     日本郵便に連絡しましたが、改善しているかはわからんです)

    私もEUBなる業者を調べて、ここを見たのですが、確かにトラッキング番号は、
    EMSに準拠した番号の打ち方なんですよね…。(これが謎)

    おそらく中国の郵便局の国際配達記録的なサービスで、EMSのデーターベースにまぎれていて、中国国内がEUBで、そこから先は中国国営郵便公社?が普通の船便扱いで送って来るのではないかと思います。
    でないと、国際郵便の配送料も小包の航空便だと結構な金額になりますので。
    日本にはないですが(中国は知らない)ドイツなどは、ゆうメール程度の厚さのものまで、国際郵便を送っても葉書なんかと同じ扱いをする代わりに、日本まででも数百円っていう「封書扱い」のサービスがあって、そういうのではないかと。

    中国の国営郵便のいい加減さは有名なのと(というより、日本くらいですけど、まともな公共郵便って)、
    船便なんだと考えれば、色々と納得できるのではないでしょうか。
    (なら、Amazonとかには、そう書くべきですけど)

    とりあえず、私は優しくないので、日程に届かない場合は、ばんばん返金申請してます。
    50円とかの商品でもします。
    その後、商品まで届けば、無料で手に入ると、イラ立ちを割り切って、逆に配送元が中国の業者を狙っています(笑)

トップへ戻る